New Arrivals.

181009f

ARMEN の定番のコートが入荷しました。
秋冬はしっかりした厚手のコットンドリルの生地です。

 

1701008h

181009e

特に際立つ特徴を備えているわけではなく、ワークコートの体裁をとりながらもクラシックなハーフコートとして仕立てられ、実は絶妙なバランスのコートになっています。

コットン生地の気さくなコートでバランスが整ったものというのは、意外とありそうでないところだったようで、継続的な人気を博しています。
きれいなスタイルから野暮ったさを取り入れたラフなスタイルまで、細いパンツから太いパンツまで、幅広くこなすオールラウンドなコートと言っていいでしょう。ワークウェアが切り口になっているからこそ、ルール無用、さまざまなスタイルに自由に取り入れていけます。

 

1701008g

181009b

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Khaki / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 32,000 (+tax)

 

181008f

この春に初登場したオランダのレインジャケット専門ブランド、Pack Mack。
意外な人気で今秋冬も再登場です。

 

181008c

前回はプルオーバー型でしたが、今回はフルジップ型でご用意しました。
どちらもそれぞれの好さがあると思いますが、フルジップの好さは、着たり脱いだりがしやすいことが一番でしょう。
スタイルとしてはプルオーバーがかわいい感じがして洒落ているように思えますが、フルジップの実用性も捨てがたし。リアルに対雨を考え、通勤の自転車やアウトドアシーンで使おうかな、と考えるとなおさらではないでしょうか。

 

181008e

色合いもなかなかいいところを突いてくるのがこのブランドの魅力です。

 

181008b

Pack Mack – Zip Up Rain Jacket
col : Omaha Oranege
size : S / M
price : 12,000 (+tax)

 

181007l

久しぶりの入荷となりました、SAINT JAMES の OUESSANT Melange。
2色の糸を杢編みしたシリーズです。

 

181007b

181007e

見ての通りですが、表情が豊かになるのが最大の特徴であり、魅力です。
ボーダーはもちろんですが、プレーンな単色とは印象が一変しますので、新鮮に感じるのではないでしょうか。

逆にプレーンな単色のパンツと合わせるのに重宝するウェッソン、という位置付けでもいいと思います。

 

181007c

181007f

メランジの生地は、普通のウェッソンに比べて、若干縮みが大きく出るということで、今回は初の試みとして、4、5、6、というサイズ展開としました。
3というサイズが着丈が短めになるのでこうしましたが、4からはしっかりあるので、さほど心配はないかと思います。

SAINT JAMES – OUESSANT Melange
Col : Noir / Gringo Nero
size : T4 / T5 / T6
price : 11,000 (+tax)

 

181007h

それからレギュラーのウェッソンの遅れていたもう一色、インディゴが同じタイミングで届いております。準定番カラーといった立場のカラーなので、たまに登場してくる色です。

 

181007j

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

LINEで送る

Information.

10月22日(月)  定休日
10月29日(月)  定休日
11月5日(月)  定休日

※休業日はご注文の受付や商品発送等もお休みさせていただきます。

———————

10月12日(金)より、実店舗が新宿御苑前に移転しました。
これに伴い、定休日を月曜日に変更させていただくことになりましたので、ご注意いただけますよう宜しくお願いいたします。

■住所
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172

■営業時間
火~金 :  13:00 – 21:00
土日祝 : 12:00 – 20:00
定休日 : 月曜
※基本的には月曜が定休日の場合も休業となります
※その他、臨時の休業や営業時間の変更などある場合もございます

 

LINEで送る

Montmorency – Basic Shirt.

181006

お待ちかね(だったと信じてる)、Montmorency の第2弾アイテム、レギュラーカラーのシャツが出来上がりました。

第1弾のパンツから少し時間が経ってしまいましたが、じっくり時間をかけてつくりあげた納得のプロダクトです。サンプルアップを3回もして(1回は工場のミスですが)、練って練ってたどり着いた現段階での着地点です。

 

181006d

元々、Fuzz のシャツのラインナップは充実していますので、つくるとなると非常に気を遣うのですが、Oliver Spencer を失ったことが大きく、よりシャツを充実させるため、現状の展開ブランドで無いところを埋めるため、という考え方でスタートしました。

カチっとしたシャツは他にいいブランドがありますので、スタイルとしてはカジュアル路線で、でもゆるっとしたカジュアル路線は他にありますので、わりあいきちっとしたカジュアル路線で、でも気軽に、デイリーに着れるものがいいなと考えました。
『デイリーなアイテム』 というと、どうしても着心地が楽だからシルエットは緩く、着こなしはラフに、といった方面に向かいがちですが、そのデイリーよりもう少し外向きなデイリーを、という感覚です。街を行くためのデイリー、街着としてのデイリー。

 

181006h

縫製はドレスシャツを縫っているいわゆるシャツ屋さんにお願いし、カジュアルなシャツではありますが、しっかりと高い水準のクオリティで仕上げています。店頭に並んでいる他ブランドのグッドプロダクトと一緒に合わせた時に、質感としてつり合いがとれないということがないよう、生地の質と縫製の質はきちんと保証しています。ジャケットもそうですが、シャツ屋さん縫ったシャツは、やはりカジュアルなデザインでも仕上がってのたたずまいが違います。
安心して着合せてください。

 

181006b

今回、シャツのスタイルとしては、いろいろと考えた挙句、『小さい襟のレギュラーカラーで、タックアウトがしやすいかたち』 ということに決めました。
ボタンダウンでかちっと高さがある襟ではなく、もう少し気安い、着やすい襟で、軽快な雰囲気に、ノーカラーやバンドカラーよりは、きちっと感があって、というところ。

デイリー、実用シャツということで、レギュラーカラーですが胸ポケットを付けることにしました。僕自身はそうでもないですが、胸ポケットを実用的に使っている人はよく見かけますから。
当たり前ですが、柄合わせもきっちり正確です。

 

181006a

生地は表面起毛のコットンツイル、ネルと言っても差し支えないでしょうが、ゴワゴワした粗いネルではありません。やわらかく、上品な生地感で、当然のことながら、色合いには最も気を遣いました。

 

181006e

用意したのは2種類で、チャコールグレー系とブラウン系のチェックですが、同じ生地の柄違いではなく、別ものです。ですので、洗いざらしでの仕上げとなっていますが縮率が若干違っています。

今季はブラックのアウターのセレクトが多かったので、黒にも合わせられる色柄のシャツを、ということを心がけました。

 

181006g

僕としては、Oliver Spencer のシャツの魅力は、英国人が日本人にはない感覚でつくっているというところに秘密があるのかなと思っています。ですから、ここではそういったところを意識して、ちょっと日本的でない感覚をもって色柄をチョイスしよう、ということにしてみました。

 

181006i

もちろん単体でも着てほしいですが、ジャケットなどアウターと合わせて脇役になったときに威力を発揮してくれるのではないかと思っています。

やわらかい着心地で、肩もあまり小さくならないようにつくっているので、窮屈な感じも出にくいと思います。是非、お試しになってみてください。

 

181006j

Montmorency – Basic Shirt *Brushed Twill
col : Grey Check / Brown Check
size : 2 / 3 / 4
price : 15,000 (+tax)

・ ・ ・ ・ ・

本当は移転再オープンのタイミングにばっちり間に合わせたかったのですが、ちょっと遅れてしまいました。季節としては、ようやくこのあたりのシャツも着れる時期になってきて、ここ数日でぐっと進んだような気がしますね。

店頭にはご紹介していない商品も並べていますので、ご来店の際には、是非隅々まで物色していただけたらと思います。

 

LINEで送る

BASISBROEK.

181005a

BASISBROEK の新作ジャケット、パンツが入荷しました。
トラッド柄のストレッチウールで、雰囲気はカジュアル。セットアップもいけます。

 

181005c

181005h

まずは一つボタンのテーラード型ジャケット。
肩を落とさないボックスシルエットになっていて、適度なゆるさがありながらも、オーバーサイズ感のないバランスです。

Vゾーンは深く、身幅にはゆとりがあるため、生地の柔らかと軽さも相まって、カーディガンのようにふわりと羽織るような印象にもなっています。
ジャケット然としたスタイルでありつつ、何か印象としての軽さを持っていて、好い具合の抜けた感じというか、リラックスした感じが漂うのがこのジャケットの一番の魅力です。

 

181005b

181005e

181005f

トラッドな色柄もセンスがよく、それを堅苦しくなく、クールに、イマドキの着こなしで、というのがポイントでしょう。

 

181005s

181005q

181005r

BASISBROEK – Kun
col : Grey / Glen Check / Houndstooth
size : 2 / 3
price : 22,000 (+tax)

 

181005i

同じ生地でそれぞれパンツも用意があります。
ジャケットもパンツも単品づかいで間違いないですが、セットアップでキメてしまっても嫌味なくいける雰囲気です。

ウエストコード付きのイージーパンツ仕様、股上深めの股まわりもたつき型、すっきり細身ラインです。

 

181005j

こちらもほどよくリラックス感があり、ほどよくスタイリッシュ。楽な着心地でスマートな着こなしを、というのはここ最近の大きなテーマだと思いますが、まさに、といったところでしょう。

 

181005m

181005p

BASISBROEK – Sella
col : Grey / Glen Check / Houndstooth
size : 2 / 3 / 4
price : 16,000 (+tax)

LINEで送る

Charpentier de Vaisseau – Sweat Zip Jacket.

181003f

Charpentier de Vaisseau の新作モデル、スウェット素材のブルゾンが届いています。
時期的に 『今まさに』 というアイテムですので、急いでご紹介です。

 

181003c

181003d

裏毛のスウェットで、ジップアップで襟も裾もリブ。特筆するべきポイントが見あたらないような、非常にノーマルなアイテムです。ありそうでなかった、ありそうだからやらなかった、いやどこかにあるか?、的ポジションのベーシックな便利アイテムです。

 

181003e

シャルパンティエのベーシックアイテムは実はかなり狙い目なのは、Fuzz 内ではだんだん認知されてきました。こちらもシンプルですが、どことなく味わいがありつつ、気さくに使っていけそうな良品であろうと思います。

しっかりした上質な素材を使っていながら、メンズブランドの常識である素材ウンチクを語らないので、どうもスマートに感じてしまい、レディースメインのブランドだからか、アクセントというかニュアンスの付け方がなんとなくメンズのルールから外れていて独特であり、総じて何がどうだからと説明するのは難しいけれど、なんとなくお洒落だ、というブランドが狙っているのかいないのかさえ分からない効果を僕の中で発揮している稀有なブランドです。
ややこしい説明でわかりにくいとは思いますが、、、みなさんにも是非味わっていただきたいと思っております。

 

181003a

Charpentier de Vaisseau – Sweat Zip Jacket
col : Navy / Black
size : 2
price : 13,000 (+tax)

LINEで送る