comm. arch. – Knit Polo, Pants.

190416i

comm. arch. より新作のニットポロシャツが入荷しました。
上質な素材と、素材やニッティングを生かした独自のデザイン性が光ります。

 

190416h

モスステッチ、いわゆる鹿の子編みのニット生地でのポロシャツです。
ニットの編み機で編まれていますので、一般的な鹿の子ポロとは別もので、しなやかな伸縮性が抜群の着心地を生みます。

 

190416b

シーツなどにも使われる繊細なインド綿を素材として、キュッと強撚糸にした糸が使われています。強撚糸による生地にはシャリ感と光沢感が生まれ、ドライタッチになることが特徴です。加えてニット地ならではのやわらかな伸縮性も兼ね備えるわけです。

 

190416c

素材の良さはもちろんなのですが、ここのところ、comm. arch. のデザイン感の好さといったらいいのか、感度、バランス、みたいなものがとても素晴らしいと感じています。
このニットポロも襟や前立て部分のコンパクトな感じや雰囲気が、非常に今の気分にあっているように思います。

190416g

標準的なフィットで、全体的にはコンパクトなシルエットです。見ると小さく感じますが、実際に着てみると自然と伸縮しますので、まったくストレスがなく、小さいという感覚もないと思います。

 

190416j

comm. arch. – Knitted Polo Moss Stetch
col : Yellow Dust / Black Out
size : 2 / 4 / 5
price : 20,000 (+tax)

 

190419b

こちらはトリコット生地(要は編地)によるシアサッカーのパンツです。
布帛(織地)でなく編地ですので、当然伸縮性が段違いであり、加えてドライタッチで肌当たりが良く、さらに抜群に軽い、という特徴があります。

 

190419c

アウトプリーツの1タックで、テーパードシルエット。ゆったりはしていますが、穿いてみると太さとしては 『少し太め』 というくらいでしょうか。

 

190419d

ウエストはバックギャザーで、ドローコードのベルトレス仕様。軽くて柔らかい生地、ストレスのないゆったりシルエット、ベルトの手間なし、というスペシャルなコンフォートパンツです。
穿いてみると、とにかく軽さが快適です。

生地に表情があり、適度なデザインが入りますので、イージーでも凝っている雰囲気はしっかりあり、コーディネイトもしやすいです。

 

190419e

comm. arch. – Knitted Seersucker Trousers
col : Black Out
size : 2 / 4 / 5
price : 20,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

SOUTIENCOL のシャツ、Ordinary fits の定番デニム、再入荷しています。

190215e

SOUTIENCOL – New Band Collar *Cotton Linen

 

190420a

5 Pocket Ankle Denim *One Wash
5 Pocket Ankle Denim *3Year Used

 

LINEで送る

New Arrivals.

190417e

BRENA より、リネンのジャケットが入荷しました。
スタンドカラースタイルで、生地はフレンチリネンシャンブレー、今回も格好いいです。

 

190417b

やや肩が落ちて、緩いシルエットです。着た時に、少しぶかっとした感じが出るような微妙なところでサイズ感を設定しています。ヴィンテージライクな生地の雰囲気と相まって、このシルエットがしっくりくるのだと思います。

 

190417a

“フレンチリネンシャンブレー” と名前が付けられた生地は、実際にフランスのヴィンテージのリネンシャンブレーの生地を解体して、糸の撚りや打ち込みを調べ、精密に再現したものということです。
現行の生地でありながらヴィンテージの風情が出ているのはそのせいで、着込んでいくとより一層風合いが出てくることでしょう。そして、むしろ着古した方がより格好よくなっていくのかもしれません。

 

190417g

190417f

190417d

裏地の無い一重ですが、身返しがあって内ポケットが両側二つあり、やはりベースはテーラードジャケットの方法論でつくられています。
先日ご紹介した ROUND JACKET もそうなのですが、BRENA のしっかりしたジャケットのラインは、生産ラインをつくっての縫製ではなく、一人の職人がすべて縫うという丸縫いのスタイルで丁寧につくられているのです。

ですから着る側としても、なんとなく丁寧に着たくなるような雰囲気になっているように感じます。せっかくですから、スカーフや帽子など、アクセサリーを駆使してしっかり楽しむのがいいと思います。

 

190417c

BRENA – STAND
col : Ink Black
size : 44 / 46 / 48
price : 32,000 (+tax)

 

190415e

SOUTIENCOL からも新作入荷です。
プルオーバーのバンドカラーシャツ “Band Collar Shirt” が canclini のブラックリネンで登場です。

 

190415c

毎シーズン多くはないですがずっと続いているモデルで、ヴィンテージのテイストが入った SOUTIENCOL の中ではやや珍しいモデルです。

胸のビブの仕様、腹部のタック、デタッチャブルのカラーを外した状態という設定のバンドカラー、ボタンの数の多さ、、非常に雰囲気のあるシャツです。

 

190415b

190415d

SOUTIENCOL – Band Collar Shirt
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 18,800 (+tax)

 

190418a

Charpentier de Vaisseau からは新作のカットソー、ビッグシルエットのヘヴィーTシャツが入荷です。

 

190418b

190418f

襟のリブがかなり特徴的になっていて、ベーシックな無地Tシャツにアクセントを利かせています。

生地は白でも透けない厚さのしっかりしたものとなっていますが、太い糸によるガシガシな質感ではなく、面(つら)は美しくスムースな肌触りです。

シルエットはゆったりで、全体的に大きめのビッグシルエットという感じです。

 

190418h

190418i

Charpentier de Vaisseau – Heavy Tee
col : White / DkGrey
size : 2
price : 9,000 (+tax)

 

季節は進み、新作も続々です。
お見落としのないよう、お願いします!

 

LINEで送る

New Arrivals.

190410c

先日ご紹介した今季初登場の Lane Foty Five、もう一型が遅れて入荷しました。
既出の2種は好評をいただきましたが、こちらも同型で、今回は涼しげなリネンファブリックとなります。

 

190410b

スタンドカラーのボックスシルエット、SQUARED というモデルで、3種類の生地で発注していたのですが、このブラックリネンもまた非常に雰囲気のある仕上がりになっていると思います。
薄手のリネン生地ということで、シャツジャケットの感が強く、最も軽いウエイトのモデルとなります。

190410a

190410g

なんともいえない独特の世界観が感じられ、奇抜なようでいて意外と普通に格好いい、というのが僕の評価です。レトロな薫りもありつつ、抜け感とでもいうのか、現代的なニュアンスも同時に合わせ持っているように思え、シンプルに 『着てみたい』 と思わせてくれます。

 

190410e

Lane Foty Five – SQUARED *Linen
col : Black
size : 40 / 42
price : 28,000 (+tax)

 

190414d

Universal Works からはパンツが一型届きました。
先日入荷したブルゾン型ジャケットと共生地で、新モデルとなる Track Trouser というイージーパンツタイプとなります。

 

190414b

ジャケットの方は裏地が付いているのでさほど感じませんでしたが、生地そのものは意外と薄く、一重で使うパンツにすると、非常に軽くて楽ちんな感じがします。
ゆったりめのシルエットにウエストはゴムとコードということも相まって、穿いてみると 『リラックスパンツな感じ』 を強く感じます。

 

190414c

裾の部分にダーツを入れて適度なテーパードを利かせ、軽快な印象に。
シンプルな白や黒の無地Tシャツとさらりと合わせられる気の利いたパンツ、という感じでしょうか。

190414a

Universal Works – Track Trouser
Col : Olive Check
size : 30 / 32
price : 22,000 (+tax)

 

190413f

Ordinary fits からも新作、シャツジャケットが新たに入荷です。
昨秋冬もありました、Cook Shirt に軽快なシャンブレー生地を載せたモデルとなります。

 

190413e

元ネタはヨーロッパの調理服で、軍支給のものも見られたのですが、くくりとしてはワークウェアと言っていいでしょう。
丸襟でダブル、ゆったりボックスシルエット、という特徴となっています。

 

190413c

ある程度暑くなって、Tシャツ一枚でも動くようになると、このくらいの軽さのジャケットが重宝すると思います。
シャツくらいの厚さでいいのだけれど、普通のシャツというわけにもいかず、しっかりしたジャケットまでは不要、というシーンはけっこうあるはずです。

 

190413b

ワークウェアらしく、3本レーンステッチが見られます。

 

190413a

ちょうどいい軽さがあって、しっかりしたニュアンスが感じられ、気軽に合わせられる、というきわめて Ordinary fits らしいプロダクトではないでしょうか。

 

190413d

Ordinary fits – Cook Shirt *Chambray
col : Sax
size : 1 / 2
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190412k

comm.arch. から新作のカットソーが入荷です。
いつものように、独自の素材やデザインによって構成される唯一無二のプロダクトです。

 

190412d

190412i

ワイドシルエット、クルーネックのカットソーですが、やはりひとひねり有り。
薄地の生地が2枚重ねにしてあり、通常折り返して縫う縁の部分のステッチがことごとく見えないというつくりになっています。

 

190412b

素材は高級インド綿、これを極細番手の強撚糸にして、度詰めの天竺で編みました、という生地が使われています。

そして、これがただものではありません。
まず気が付くのは色の好さ。素材がいいと色もいい。
続いてシャリっとしたドライなタッチ。これは暑い季節にありがたい肌離れの良さにつながります。
次に美しいドレープ。きめ細かい生地ゆえに波打ちがきれいです。

自然、薄地となりますので、透けの心配がないよう、もう二重にしてしまおうということになり、さらにその際にステッチが表に出ないような仕様にしています。

 

190412c

袖と裾の縁の部分にシームが見られないことにより、ルックスはミニマルでシック、上品な雰囲気がさらに増します。

やや肩を落とし、ゆったりシルエットで、サイドに小さなスリットが入ります。デザイン的にも一枚で着やすいバランスになっていて、透けを心配しての重ね着いらずと相まり、迷いなくさらりと着れる気楽さが嬉しいです。

 

190412l

comm. arch. – Double Layered S/S Tee
col : SandMud Brown
size : 2 / 3 / 4
price : 12,000 (+tax)

 

190411j

FUJITO からもカットソーの入荷です。
こちらはヴィンテージのTシャツをモチーフにして再現した、ベーシックなポケットTシャツとなります。

 

190411a

190411i

シルエットはスタンダード、目を惹くのは斜行した胸ポケット。
生地は表情豊かなスラブ調の厚地生地で、こちらも透けの心配がほとんど無いでしょう。通常は厚地にすると重たくなりますが、化繊が混紡された生地となりますので、見た目より軽いのが大きな特徴になっています。

 

190411b

190411h

以前は FUJITO のカットソーは Filmelange に依頼したものでラインナップされていたのですが、それも数シーズンお休みがあり、今シーズンから新たにオリジナルの新仕様で再開されたアイテムとなります。

男っぽさを感じる骨太なTシャツというイメージがありつつも、実は適度に力が抜けている、という印象を受け、自然というか、しっくりくるというか、実質的な、トータルな意味合いでの着やすさがあるように思います。
その辺のバランスの好さが FUJITO らしさなのだろうと思っています。

 

190411c

190411e

FUJITO – Crew Neck Pocket Tee
col : White / Top Grey
size : 1 / 2 / 3
price : 9,000 (+tax)

 

LINEで送る

Information.

4月15日(月)  定休日
4月22日(月)  定休日

※休業日はご注文の受付や商品発送等もお休みさせていただきます。

———————

Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172

火~金 : 13:00 – 21:00
土日祝 : 12:00 – 20:00
定休日 : 月曜
※基本的には月曜が定休日の場合も休業となります
※その他、臨時の休業や営業時間の変更などある場合もございます

 

LINEで送る