22日(火)は定休日です.

8月22日(火)は定休日となります。
店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、8月23日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

・ ・ ・ ・ ・

●ご注意をお願いします
携帯電話のアドレスでご注文やお問い合わせをいただいた際、当店からの返信が受け取れていない状況があるようです。
ご注文・お問い合わせには必ず返信していますので、受け取れていない場合には迷惑メールフォルダをチェックしていただくか、別のアドレスで再度ご連絡していただくなどの配慮をお願いいたします。

LINEで送る

Arrow Footwear – Plain Toe Derby Shoes.

190805p

久しぶりの入荷となりました、Arrow Footwear の新作です。
当初の予定より1年近く遅れ、ようやく届いたのは、流行に左右されないので遅れても大丈夫モデル、カーフのプレーントゥ。
ブラックとブラウンの2色の展開となります。

 

190805f

● Arrow Footwear
1890年、イギリス・ノーザンプトンで創業したシューメーカー White & Co によるブランドです。
“Arrow Footwear” は同社が第2次大戦時にイギリス国防省のコントラクターとして軍用ブーツを供給していたという経緯から、当時の木型とデザインを用いて展開するコレクションとなります。
ミリタリーのオフィサーシューズならではのテイストを、イギリス伝統のグッドイヤー製法による質実剛健なつくりで本格的に再興している稀有なブランドです。

 

190805a

軍靴のサプライヤーとしての経緯を持つメーカーの、カジュアル向けオリジナルラインです。
立ち位置としては SANDERS のミリタリーコレクションのセクションとほぼ同じで、オフィサーシューズをメインとして、ミリタリーのドレスシューズを再現して好きに履こうというものです。
きちっとしたブリティッシュなつくりでありながら、バリバリのドレスシューズではなく、ミリタリーであることが気を楽にしてくれ、ラフな格好にも取り入れていただけます。
木型の特徴が大きいですが、SANDERS はよりスマートな路線、Arrow Footwear の方はよりオールド・クラシック、やや硬派なカジュアル路線です。

高級でスマートなドレスシューズでは少し堅い、気構えてしまう、しかしワークブーツだと少し崩れすぎてしまう、というスタイル層は多いと思いますが、そういう部分を埋めてくれる、実は非常に助かるカテゴリにある革靴なのではないかと思います。

 

190805i

今回、カーフでプレーントゥのモデルにダイナイトソールという組み合わせで発注しています。
これ以上ないシンプル・オーソドックスなものですが、その背景があるからこそ生まれる、絶妙なユニフォーム感というようなものが感じ取れます。

スマートなドレス靴よりゴテッとしていて、無骨ではありますが、Tricker’s などのカントリーシューズまではいかない、というバランスです。

 

190805e

コバの張り出し方も、普通よりがっちりしていますが、ごつすぎない、いい塩梅です。
細かい部分ですが、ごくシンプルなものである以上、こういう小さな性質が全体の印象に大きく左右します。

 

190805d

190805m

カーフのレザーも非常に好感の持てる、いいものが使われています。
店頭でも Arrow Footwear のご案内をする時は常に言っていますが、資材のクオリティではもう一つ、二つ上の階層のメーカーと比べて遜色しないでしょう。

はっきり遜色があるのは、広告などのPR(=知名度)と副資材(外箱など)です。
外箱はブランドロゴの無い普通のダンボールですので、コストカットの代償が露骨に見られるのですが、内容と価格の釣り合いを見たときに、『ここか』 と好意的に受け止めていかなくてはなりません。

 

190805n

アウトソールは SANDERS も使っているイギリスの ITSHIDE社製 Commandoソール。

Arrow Footwear のプロダクトは、知名度より内容の充実に力を注いだ良品であるとはっきり言っていいでしょう。
本格的なイギリス靴が初めてという人に自信を持っておすすめしますが、同時にある程度いろいろと穿いてきたという玄人の人にも是非注目していただきたいブランドです。
『いい靴いくつか持ってるけど、実際履くのはこのくらいがいいんだよね』 という声も多くいただきます。『いい靴』 というのは、やはり着こなしトータルである程度の緊張感を強いてくるということもありますので、使い分けという部分でも、という意味合いです。

 

190805o

ブラック中心が続いていた中、ダークブラウンは久しぶりな感じですが、これはこれでいいですね。こちら、あまり暗くないダークブラウンです。

Arrow Footwear – Plain Toe Derby Shoes
col : Black / Dk.Brown
size : 5H / 6 / 6H / 7 / 7H / 8
price : 43,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

190806b

Ordinary fits の新作パンツが入荷しました。
秋冬新作モデルとなりますが、シーズンスタートからすぐに穿けるよう、やや軽めのコットン生地によるパンツとなります。

 

190806d

ズドンとかなりの太さです。加えてやや丈を短くしていますので、非常に独創的なバランスとなっていて、スタイリングとしても何らかのニュアンスを感じさせてくれる面白いパンツです。

単純に普通の白いTシャツと、あるいは黒いTシャツと、さらりと着合わせてみるだけでも絵になるような、そういうイメージです。

 

190806e

生地は柔らかなコットンツイルで、やや軽め、カラーはスミクロ。
ウエストはベルトレスのコード仕様。
フロントはボタンフライ、前後パッチポケット。

190806a

秋のイメージとしては、オーバーサイズのシャツや丈の長いジャケット、すっきりしたブーツなど、いろいろと合わせら好さそうなアイテムも浮かびます。

 

190806c

Ordinary fits – Derrick
col : Ink
size : 1 / 2
price : 17,000

 

190804h

Charpentier de Vaisseau のコットンカーディガンも新たに入荷しました。
今春夏からスタートした、ベーシックな天竺コットン生地をつかったシリーズで、ベーシックなVカーディガンをつくりました。
着る人を問わず、またシーズンとしても広い期間にわたり活用できるベーシックアイテムです。

 

190804c

カットソー生地のカーディガンはいろいろなブランドでご用意していますが、シャルパンティエも新たに仲間入りしました。
生地のクオリティもとても良く、“シンプルなアイテムにも宿るシャルパンティエならではのニュアンス” という部分でも推していきたいアイテムです。

新しくブルー(暗めの青)という色が加わり、3色、メンズ2サイズの展開。2がメンズの『SM』、3がメンズ『ML』というイメージとなります。
このブランドは全般ややボックス気味のシルエットが特徴なので、2がSなのかMなのか、3がLの方に近いのか、はっきり言い切るのは難しいです。

 

190804e

190804f

190804g

ものとしては、たいへんシンプルかつベーシックなものですので、特別にクローズアップするところはありません。
ただ、同じシンプルなカットソー地のカーディガンといえども、ポケットの有無、Vの深さ、袖や裾の仕様などは、ブランドによってそれぞれ違ってきますので、思っている以上にきっちりと違いはあります。

Charpentier de Vaisseau – Cotton Cardigan
col : Blue / Navy / Black
size : 2 / 3
price : 9,800 (+tax)

・ ・ ・ ・ ・

 

本日、合わせて Arrow Footwear の新作もオンラインショップの方に掲載しております。
Blogでは明日か明後日に。

 

LINEで送る

Information.

8月16日(水) 休業(定休日振替)
8月17日(木) 休業(夏休み)

※休業日はご注文の受付や商品発送等もお休みさせていただきます。

・ ・ ・ ・ ・

16日(水)を定休日の振替、翌日17日(木)を夏休みとして連休とさせていただきます。
大変恐縮ではございますが、ご確認のうえ、ご来店、ご注文(特に日時指定に関して)ご注意いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

Fuzz 松崎

 

LINEで送る

No Title.

190803a

こんにちは、松崎です。
西日本や東北はけっこう暑いようですが、関東はあまり暑くない日が続いていますねぇ。
なんだか梅雨と真夏が入れ替わってしまったような・・・

そんな折、先日の連休のところで温泉旅行に行ってきました。
僕の夏のリゾートは、海でなく山が定番でして、群馬方面へ涼み、くつろぐための旅です。

ちょうど大きな台風が到来し、ゆっくりゆっくり日本列島を縦断しているのを追いかけていくようなタイミングになってしまいましたが、行ってみると意外と大丈夫で、いい旅になりました。
もともと山間部ですから、特に夏の時期は天気の変化が激しいこともあり、どこまでが台風の影響かはいまいち分からず、太陽が照り、青空全開のまま大雨が降るという場面もありました。

 

190803c

190803d

旅館のウエルカムきゅうり、ウエルカムトマトは抜群。
露天風呂に3度も浸かり、おいしい料理を食べ、チビスケたちと同時に夜10時前には寝てしまうという、ある意味ぜいたくな旅です。

 

190803b

渓流で川遊びをと思っていましたが、台風の後では水の事故の心配しかイメージできない濁流っぷり。かわりに道の駅の中にあったちょっとした淡水魚の水族館(学習館と書いてあったかな)に行ったり、噴水公園で遊んだり、お面づくりを体験したりということをして埋め合わせ、総じてなかなかうまくいきました。

 

190803g

190803f

190803h

190803e

この道30年のお面職人さん、ちょうどマスカラスのお面を作成中でした。

いや、これ僕だな。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

お盆の時期になると、いよいよか、と意識します。
春夏シーズンの終焉、そして秋冬シーズンの開幕。

まだリアルタイムのお買いものを、というみなさんが一定数いらっしゃいますが、半分くらいの人からは、そろそろもう飽き飽きです、秋秋です、という感じのムードがはっきり伝わってくるようになる、のがだいたいこのお盆くらいの時期です。

さて、今年の春夏はどうだったでしょう?
また今年の秋冬はどうなるでしょう?

 

・ ・ ・ ・ ・

 

今年の春夏シーズン、Fuzzとしては大きな変化は無かったように思います。一定割合トレンドを交えつつ、本線は相変わらずという具合です。(たまに 『Fuzzって、トレンドなんてまったく気にしていないですよね!』 と声をかけていただくことがありますが、いや実はそんなことはないです!)

今季も例年通り、シャツを揃えてのぞみましたが、新しい仲間の Portuguese Flannel が好評だったり、Universal Works のオープンカラーやカラーレスのシャツが好評だったり、何より各ブランドの各種リネンシャツを例年以上に買っていただいたり(梅雨時期が暑かった影響が大きいでしょうか)、など、お店としてはすっかりシャツに助けられたシーズンとなりました。

トレンドもあるのでしょうが、これまで仕入れすぎに苦しみながら(笑)、それでもさらに上積みで揃えてきて、それがようやく実ってきたなという実感を感じられました。

そんな中、悪いニュースですが、せっかくの  Portuguese Flannel のシャツの輸入が、どうやらこの1シーズンで終わってしまうかもしれない、ということをお知らせしなくてはならず、たいへん遺憾であります。

まだ正式に決まっていないので、はっきりと詳しいことが言えないのですが、来年の春夏に無いのは確かです。
問題は発注済みのこの秋冬の分がどうなるのかが、まだ宙に浮いていて、はっきりアナウンスできない状況です。担当の営業さんが言うには、おそらく難しいと思います、ということでした。

理由なのですが、これは一応大人の理由ということにしておきましょう。(詳しいことが聞きたい場合は店頭で)
とにかく、僕としても気に入っていたので残念でなりません。次の秋冬ではかなりの数量を発注していたので、なんとかこの分だけでも・・・と願っている次第です。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

今年の秋冬シーズン。
やはり展開中の各ブランドがしっかり評価されていますので、何かを変えていく要素が少なく、逆に続けないと怒られるような、基本はそんな状態ですから、定番中心のいつも通りな印象にはなってしまうと思います。
それでも新しいブランドの展開もいくつか用意していますので、ここは是非楽しみにしてほしいです。例によって、全員にではなく、一部の人に熱いという感じにはなると思います。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

そういう感じで、ぼちぼち秋の準備を始めていきますが、もう少しだけゆっくりさせてください。
15日は火曜日ですが営業とし、お盆明けの16日(水)と17日(木)を休業とさせていただきます。

夏ものに飽き飽き組のみなさんは、ジャケットやコートなど秋らしい商品の入荷前の、今のうちに通年定番の商品に注目してください。
オックスやブロードのシャツ、Saint James のウェッソン、Standard Supply や Arts & Crafts のバッグ全般、革のベルトや各種革靴、などなどシーズン性の無い定番アイテムを是非じっくり見てやってください。

それからもう一つ、僕のおすすめとして、やはり Montmorecy のコットンパンツにもう一度注目していただけると嬉しいです。これもシーズン性の薄い定番アイテムとして位置付けていますので、こういう時期に是非手を伸ばしていただけたらと。
ここだけはしつこくいかせていただきます。笑。

この後、夏気分が去ってから穿くパンツとしてもちょうど好いウエイト、生地感です。もちろん秋は丸々いい感じでいけますし、真冬になるまで普通に使えると思います。
まだの人はもちろんですが、もういっちょの色違い、期待しています。

もちろん、Tシャツやショーツ、サンダルなど、夏の最終のお買いものも、引きつづきお待ちしております。
お盆休み等でお時間がありましたら、是非お立ち寄りください。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

お盆期間中の営業日程です。

8月14日(月) 営業 13:00 – 20:00
8月15日(火) 営業 13:00 – 20:00

8月16日(水) 休業(定休日振替)
8月17日(木) 休業(夏休み)

※休業日はご注文の受付や商品発送等もお休みさせていただきます。

・ ・ ・ ・ ・

16日(水)を定休日の振替、翌日17日(木)を夏休みとして連休とさせていただきます。
大変恐縮ではございますが、ご確認のうえ、ご来店、ご注文(特に日時指定に関して)ご注意いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

LINEで送る