Information.

9月25日(火)  定休日
9月26日(水)  16:00 – 21:00
10月1日(月)~ 移転のための休業

※休業日はご注文の受付や商品発送等もお休みさせていただきます。
※26日(水)は開店時間を16時とさせていただきます。

———————

●移転についてのおしらせ

10月の上旬頃、店舗の移転を予定しています。
現店舗での営業は9月30日(日)までとさせていただき、10月1日(月)より、移転のための数日間の休業に入らせていただきます。
新店舗のOPENにつきましては、準備が整い次第、なるべく早くと考えていますため、状況をみて日取りをお伝えさせていただきます。

また、現状、移転の準備のため、平日のオープンを14時とさせていただきます。(9月末まで)
たいへん恐縮ではございますが、ご理解、ご注意を頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

平日 14:00 – 21:00

※土日祝日は変更はございません(12:00 – 20:00)

 

LINEで送る

BRENA.

180910zz

新たに仲間していただく新登場ブランド、BRENA をご紹介します。

● BRENA
何気ない日常着の中にテーラリング技術を組み込んだ、繊細かつ上質なものづくりを信条とするトータルウェアブランドです。

関西発のブランドさんで、地に足の着いた、デザインにも素材にもニュアンスを感じさせてくれる本当にいい服をつくっています。
ドレス系のジャケット畑にいたデザイナーさんがカジュアルなアイテムをつくっているのですが、基本的にワークやミリタリーベースのアイテムにテーラードのアプローチでうまく味つけしているような印象です。普遍性とイマドキが融合し、アプローチはけっこう骨太、という独自のバランス感をもっているなと思いました。

 

180910zzz

元々僕も気にしていたブランドでしたし、さらに数シーズンにわたって展示会にお誘いいただいてもいて、あとは予算の都合がつけばなぁという状況でした。そんな折、今秋冬から Oliver Spencer の終了という事態で枠ができたということで展開に至りました。

初めて展示会にうかがって、もっと早く来るべきだったと思わされました。これは僕も好きだし、みなさんも好きだ、と。
いいものが詰まった、いいところを突いてくるブランドだなというのが僕の個人的な印象です。

 

180910h

まずはブランドの代表的な品番であるカバーオールタイプのジャケットから。
フレンチワークのジャケットをベースに、テーラードジャケットのニュアンスを加えてオリジナルな雰囲気ができあがっています。

 

180910f

ぺったりした襟が特徴のフレンチワークのカバーオールですが、そこは立体感を持たせ、存在感のあるものに。襟裏にフェイクスエードの生地を貼って、雰囲気に少し堅さを出しています。

 

180910g

オリジナルファブリックであるウエストポイントデニムも魅力的です。
粗い目のラフなデニムではなく、繊細な織地のデニム生地ですので、見え方が上品です。インディゴデニムを品よく着れて、かつデニムならではの着こなしやすさを備えた素晴らしいファブリックだと思います。

 

180910i

BRENA – ENVE 02 *West Point Denim
col : Indigo
size : 44 / 46 / 48
price : 34,000 (+tax)

180910s

同型で生地違い、こちらはバックサテンのブラック。
バックサテンの生地もしっかりした質感です。

 

180910r

ディテールやシルエットは共通ですので、細かいところをもう少し突っ込みます。

シルエットは、ほどよくゆったりしていることが特徴です。少々肩を落とす設定で、硬派な素材とつくりに反して、シルエットには緩さと曲線的なラインを備えているというのが面白く、また魅力になっている部分だと思います。

 

180910l

細かなディテールもしっかりです。
裏のパイピング、エルボーには内側から充てられ、襟裏と内ポケットにはブラウンのフェイクスエード、またポケットの数も多くて機能的です。

 

180910k

180910j

180910o

180910m

硬派でエレガントといいますか、ブランドの個性がしっかり備わりつつ、着やすさ、合わせやすさなどの使い勝手のよさもしっかりあるのではないでしょうか。

 

180910n

BRENA – ENVE 02 *Back Satin
col : Black
size : 44 / 46 / 48
price : 29,800 (+tax)

 

180910y

パンツはさらにニュアンス系。
フレンチマリンのワークパンツの気配を感じる、ワイドシルエットのトラウザーです。

 

180910w

180910v

タックなしの太めシルエットで、かなり股上を深くとって、あえて股まわりにもたつきをつくり、裾に向かって緩いテーパードがかかります。

 

180910u

ウエストポイントデニムの素材感がやはり光ります。というより、この生地ありきのモデルでしょう。
素材感、シルエットでかなりただものではない感がありますので、あえてシンプルに着て味が出るような気がします。必要なら、シンプルに着つつ、合わせるアイテムを思いきってその筋のものにしていけば、かなり強いニュアンスが出てくるのではないかと思います。例えば、ヴィンテージのバンダナやスカーフ、ベレー帽、サボ、サスペンダー、、フランスという解釈になってしまいますが。

 

180910z

180910x

180910t

BRENA – Panta 02 *West Point Denim
col : Indigo
size : 44 / 46 / 48
price : 21,000 (+tax)

 

ということで、BRENA、これから宜しくお願いします。
初めてという人もいらっしゃると思いますので、是非じっくりと見てやってください。

LINEで送る

SAINT JAMES – OUESSANT.

180912e

SAINT JAMES の定番バスクシャツ、OUESSANT(ウェッソン)が入荷しております。
みなさんのニーズから、今年も秋冬はボーダーではなく無地一本です。
4色オーダーしていましたが、1色遅れていて、そろそろ待ちきれない時期になってきたので先に3色を出していきます。

 

180912f

Fuzz オフィシャルの説明文を再掲します。

===================

OUESSANT (ウェッソン)は、SAINT JAMES の定番バスクシャツです。

バスクシャツとは、漁師や海兵隊など海の上での仕事に従事する人々がある種のユニフォームとして古くから愛した伝統的なアイテムです。

洗ってくたびれても味のある肉厚のコットン地、バスクシャツの象徴であるボートネックに、9分丈くらいの袖。大昔から今に至るまで、質感やかたちをほとんど変えずに多くの人々に愛用されています。

ファッションアイテムとしての楽しみも幅広く、用意された豊富なカラーバリエーションも手伝って、本当にさまざまな着こなしが、年齢性別を問わず、またスタイル層を問わずに楽しまれています。

自分の好きな色を、好きなように着る、そしてボロボロになっても着る、というのがウェッソンの正しい楽しみ方です。

===================

ということで、不変のクラシックアイテムです。
“どう着るか” を楽しむのもよし、正面からtただストレートに着るのもよし、です。

 

180912b

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Shirts.

180911i

SOUTIENCOL の新作シャツが2型、入荷しました。
生産遅れがあり、例年より遅かったですが、無事に届いております。

 

180911h

今回はどちらも Sanfrancisco のモデルで、CANCLINI 製インポートファブリックを使用したものとなっています。

美しいボタンダウン・カラー、上品な色づかいと上質な生地、、
もちろん単品でも好いですが、やはりジャケットを羽織ったときに一層映えるのが SOUTIENCOL のシャツの大きな魅力です。
特に秋冬のシャツは、ジャケットやベストなどと着合せていくため、色柄もかなりの配慮が為されていますので、主役で、脇役でと、いろいろと縦横無尽に活用していただけたらと思います。

 

180911b

ダークブラウンのギンガムチェック。
微かに起毛させたツイル生地で、非常にソフトな質感です。肌なじみがよく、着心地も抜群でしょう。

 

180911c

今年はブラックのアウターを多めにご用意しているため、ブラックのジャケットなどと合わせるようなイメージでセレクトしました。地味かもしれませんが、間違いなくいい仕事をするシャツになるとふんでいます。

 

180911a

SOUTIENCOL – San Francisco
col : Brown Gingham
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

180911f

こちらはより SOUTIENCOL らしい雰囲気のチェック柄。ワインレッド系の落ち着いた色味で、大人の渋さを感じます。

 

180911g

写真を見ると、ネル?と思うかもしれませんが、起毛生地ではなく、標準的な生地厚の平織り地です。今からすぐに着れるウエイトです。

 

180911e

SOUTIENCOL – San Francisco
col : Wine Red Check
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

Slip On のコート、ちらほらと問い合わせが増えてきました。
今年も発注していますが、入荷は来月になると思いますので、ご紹介は新店舗になってからになりそうです。
今年は生地は変わりませんが、カラーの見直しが入っていますので、ご購入を決めていた人も改めてチェックが必要かと思います。
いずれにしても、お楽しみに!

 

LINEで送る