suolo – Grab.

180213o

suolo の新作バッグが入荷しました。
今シーズンの新型モデルとなります Grab は、ハンティング系のニュアンスで仕上げた小型ショルダーバッグです。

 

180213k

180213c

180213f

suolo の定番素材となります、パラフィン加工+ウォッシュ格好の6号キャンバスと、栃木レザーが使われていて、非常にしっかりした質感になっています。
Crop に使われているのが8号なので、目がもう少し粗く、一段分厚いキャンバス地となりますので、より頑丈な生地と言えます。

 

180213i

180213d

180213e

大きさとしてはミニショルダーという分類に入るでしょう。必要充分な内部ポケットが備えられ、財布、スマホ、さらに単行本、小型のタブレットくらいは入ります。

 

180213l

180213n

180213m

Standard Supply の方でコットン/ナイロン生地のやや光沢系の素材のミニショルダーをつづけていますが、こちらはよりアナログでローテク志向のタイプとして、また逆方向の魅力があるように思います。
化繊系がスマートなら、天然素材系は味わい。どちらが好みというよりは、気分によって行ったり来たりするのが楽しいのではないでしょうか。

 

180213p

suolo – Grab
col : Khaki / Gold / Black
price : 13,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

オリンピックも今日で終わり、いよいよ本格的に春を待つ体勢ですね。
冬季オリンピックもやはり面白かったので少々寂しいですが、、
しかし、

祝、Jリーグ開幕!

春というのはまたいろいろ始まる季節ですから、楽しみは多いですね。

 

LINEで送る

New Arrivals.

180210m

BASISIBROEK の春の新作ジャケットが届いています。
新しいモデルのゆったり型ショートジャケットです。

 

180210b

180210g

180210e

ドロップショルダー+ボックスシルエットに加え、胸の二重ポケットだったり、裾のスリットだったり、トータルでかなりのオリジナリティを感じさせてくれます。

 

180210a

デザインだけでなくファブリックも見どころとなっていて、イタリアの LIMONTA社のコットン+ナイロンの生地は非常に上質なものです。
グッと詰まった感じがあって、ハリ感もありながらしっとりもしていて、微かにですが上品な光沢があります。

もともと LIMONTA はナイロンの生地が世界的に有名な老舗生地メーカーで、世界の名だたるブランドがこの生地屋さんのお世話になっています。

 

180210l

なかなか伝わりにくいジャケットかもしれませんが、着てみると 『なるほど』 と思います。デザインがしっかり入って、意外性や新鮮さみたいなものも感じさせてくれるのではないでしょうか。

 

180210k

BASISBROEK – Alken
col : Smoky / Black
size : 2 / 3
price : 25,000 (+tax)

 

 

180211a

Vincent et Mireille からも春夏ジャケットが届きました。
こちらは完全に薄手生地となりますので、しっかり春になりきってからといったウエイト感です。

 

180211c

シャツジャケットをジップアップのショートブルゾンでつくりました、といったイメージでしょうか。
ポリエステル+コットンの軽くてサラサラ、しかもストレッチの効いたファブリックが使われています。

 

180211e

こういった軽いジャケットは、春から晩夏まで、実用性が高く、室内や室外の温度差の激しい昨今では非常に重宝します。
外ではTシャツ一枚で動きたいけど、あまりにも冷房の効きすぎる電車や室内がそこらじゅうにあるからなぁ、という感じで着たり脱いだりして何かと便利に使えるはずです。

 

180211d

Vincent et Mireille – Zip Blouson
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 20,000 (+tax)

 

180212i

最後は新登場ブランド、イタリアの VESTI をご紹介します。

● VESTI
2012年、イタリアローマにて、生地メーカーである INNOVA社が母体となって設立されました。ブランドのキーワードは 『質』、『着心地』、そして『イタリアン・スタイル』。
競合する他社、他国のブランドを徹底的にリサーチし、素材から縫製に至るまで全てイタリア製にこだわりながらも低価格を実現。ブランド名はイタリア語の『着る』という意味の “Vestire” に由来し、あくまでユーザ重視のモノづくりを心掛けています。

 

180212g

基本的にスウェットを中心としたカットソーのブランドで、イタリアの良心とでもいうべき懐にやさしいプライスも魅力と言っていいでしょう。

 

180212f

ジップアップのジャケットは使い勝手も好いし、スウェット地なので着ていて楽だし、多少乱暴に扱っても平気だし、、ということで、このかたちを選びました。
本気でお洒落着にするというよりは、オフィスやリビングなどにおける羽織りものとして、というイメージがしっくりくるでしょうか。サッと羽織ってすぐ出かけられる感じもありますので、持っていると便利に使えてしまうのではないかと思います。

180212h

180212e

裏は掻いて裏毛にしてというものでなく、普通のパイルです。さほどの生地厚ではなく、スウェットとしては軽めと言えるでしょう。

VESTI – Sweat Zip Jacket
col : Navy
size : S / M / L
price : 7,800 (+tax)

 

180212d

こちらはスウェットパンツ。
しっかり細く、裾に巻き返しが入り、普通にスタイリッシュです。

 

180212c

生地は同じくやや軽めのスウェット地で、こちらはメランジの色味となっています。
スウェットパンツに関しては、野暮ったいのが逆に・・・というのはないと思いますので、しっかりスリムなシルエットで間違いないと思います。

 

180212a

180212b

VESTI – Sweat Pants
col : Navy Melange
size : S / M / L
price : 7,800 (+tax)

 

どちらかというと僕自身もそうなのですが、スウェットものにあまり乗り気でない人は、いわゆる 『本気のスウェット』 に目が行きにくいように思います。だったらこっちのセーターを買うかな、みたいなことになってしまいますから。
そして、だからと言ってあまりにも 『そのへんのもの』 では哀しいですから、ヨーロッパメイドのヨーロッパの製品である、という部分が、この場合には意外と効いてくれて、より気分を安らかにしてくれるのではないかと思うのです。
特にそんな人におすすめできそうというイメージでご用意した次第です。

 

LINEで送る

SANDERS – Military Derby Shoe.

160815a

SANDERS、Military Derby Shoe が入荷してきました。
今シーズンも特にディールやプライスに変更なし。いつもと変わらぬ姿で登場してくれました。

==================

軍納入のオフィサーシューズをモデファイして、本格的な英国靴でありながらも “ミリタリー” のニュアンスを備えさせています。
ドレス感とカジュアル感の適度なバランスとなって、結果的に幅広いフィールドで使えてしまうユーティリティな革靴として着地しています。

アッパーレザーは、ポリッシュレザー、アウトソールはダイナイトソール(イギリスのITSHIDE製)、革靴の中でも比較的手間のかかならない使いやすい仕様となっていることも嬉しいポイントです。

==================

ずいぶん長い付き合いになりましたので、おなじみと言っていいでしょう。
本格的な革靴の第一歩としてもおすすめできますし、なんとかールデンやなんとかケット・ジョーンズなどの高級靴を既に所有されている人にとっては、ガシガシ用としておすすめできますし、いろいろな人のいろいろな目的に沿う靴であると思います。

 

160815b

SANDERS – Military Derby Shoe *Polish Leather
col : Black
size : 5H / 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 46,000 (+tax)

 

LINEで送る

GICIPI – Cotton Cardigan.

180209i

GICIPI のコットンカーディガンが入荷しました。
コットンピケのカットソーカーディガンは、実用性の高い “重宝アイテム” です。

 

180209l

180209k

きわめてベーシックなVカーディガンのかたちに、ピケ(鹿の子)生地。
カットソー生地のカーディガンは、ニットのそれと比べて何がどうかというと、洗濯など取り扱いにさほど気を遣わず、イージーケアであることが最大のメリットであると言えるでしょう。

ニットがなめらかで上品なルックスであるのに対して、カットソーは気楽なカジュアル、優劣ではなくやはり使い分けではないかと思います。

 

180209e

180209h

180209c

180209a

表面がスムースではないのがピケの特徴で、これがこのカーディガンの “ウリ” でしょう。
チノパンなどスムースな生地のボトム、ブロードなどのスムースな生地のシャツ、などと素材の切り替えが利いて合わせやすい雰囲気です。

 

180209j

GICIPI – Cotton Cardigan
col : Beige / Grey / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 7,800 (+tax)

 

LINEで送る

Information.

2月20日(火) 定休日
2月27日(火) 定休日
3月6日(火) 定休日

※休業日はご注文の受付や商品発送等もお休みさせていただきます。

 

LINEで送る