arbre – Basic Trouser.

150901c

我らが定番、arbre のトラウザーパンツ、コットンギャバジンのタイプをご紹介します。

数日前にスリムタイプのみ入荷したとお伝えしていましたが、遅れて従来タイプの方も届きましたのでご紹介します。

今回はコットン素材で、カジュアルなコーディネイトでも存分に使えるような万能性を感じます。
いつもよりも広めの層に訴えかけたい “ナイスグレーパンツ” です。

 

150901d

今回のこのパンツは、『安心して着まわせるグレーのパンツ』 として、ベーシックな定番パンツ枠の中でも今季特におすすめしたいアイテムです。
安心感のある美しいシルエット、素材感や縫製などのクオリティも万全。
まったくのベーシック仕様のアイテムですので、インパクトは少なく、たしかに地味ですが、その分着まわしの部分で勝手が良く、ついつい出番が多くなるというようなタイプではないでしょうか。

 

150901e

コットン100%素材のギャバジン織り、微かに起毛させている分、秋冬感のあるファブリックですが、秋冬ウールな生地よりは広い季節で活用できるような印象です。
コットンならではのソフトな生地なので、穿き心地もやわらかく、見た目よりはるかにリラックスして穿けると思います。

 

150901b

150901f

150901g

細かなディテールは変更なく、いつも通りです。
トラウザーズ仕様の過不足ないスペックで、普通に信用できます。

シルエットも2タイプ用意され、至れり尽くせりです。

 

150901h
従来タイプ

150901j
スリムタイプ

 

従来タイプは普通に細身のベーシックなバランスのシルエット、スリムタイプは従来タイプを基本に、少し強めにテーパードを利かせてすっきり感を出したスリムシルエット。
厳密には膝上くらいから裾にかけての絞りの違いになってきますので、サイズ感についてはまったく同じです。

どちらのタイプも基本的な穿き感は同じで、日本人の体型に合わせたものとなるので、ストレスを感じる人は最低限ではないかと思います。
僕個人としては、尻をきつくしていないところが好きで、シルエット的に攻めすぎていないということに好感を持っています。この手のパンツは、すっきりラインを優先して多少なりとも尻が、股が、どうにもバチバチになってしまう、、ということも少なくないと思いますが、このパンツは “かなりスタイルがいい人” ではなく、“一般的な体型の人” を基本に設定しているのだと思います。

また、裾が従来タイプはタタキ、スリムタイプがフラシ、という始末の違いがあります。
どちらにしても裾直しが必要になってくると思いますので、大きな注意点ではありません。

 

arbre / Basic Trousers – Cotton Gabardine
col : Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 16,800 (+tax)

arbre / New Basic Trousers – Cotton Gabardine
col : Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 16,800 (+tax)

 

ビジネス仕様も多い arbre のスラックスですが、今回のモデルはカジュアル勢にも強力におすすめです。

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です