Le Tricot De La Mer – Fisherman Smock.

160311a

Le Tricot De La Mer のクラシックなコットンのスモック、“Fisherman Smock” が入荷しています。
ヨーロピアンワークの薫り濃いクラシックアイテムです。

 

160311f

近年ではガンジーニットで知られるようになりました、Le Tricot De La Mer。
イングランドのニットメーカーです。

実は Fuzz では初めてではなく、数年前にそのガンジーセーターの扱いがありました。
ずいぶん久しぶりの登場になりましたが、今回はニットではなく、コットン布帛のスモックという予想外の入荷となりました。

 

160311b

糸の紡績からニッティングまでをこなすファクトリーブランドとして認知されていましたが、何か経緯があってこういったアイテムも手がけるようになったようです。
クラシックな “ワークウェア” であること、また特に船上アイテム、漁師(釣り師)アイテムという関連性もあり、違和感なく、自然な感じではあります。

 

160311c

生地は中厚地のコットンツイルです。
まったく何の変哲もない、ワークジャケットなどにも使われる類の普通の生地がボディとして使用されています。

分類でいうとシャツなのか、ジャケットなのか、少々微妙ですが、そこは各自の解釈で、というのがこういったクラシック・ツール的アイテムの特性とも言えるでしょう。
本来的な感覚では、割烹着やエプロンなどのように、汚れなどに対する防護のためのツールと言え、シャツとかジャケットとかいう議論とは別の場所に立っているのだと思います。

 

 

160311e

160311d

ガンジーセーター、バスクシャツといった船上アイテムに共通する性質、『前後問わないつくり』 が健在です。
かつては今より危険の多かった船の上で、とっさに脱いだり着たりがしやすように、と言われています。

SAINT JAMES のように、ファッション的な配慮があれば、前後はそれなりにあるようになっていますが、これはなかなか前後がない感じです。
ファッション的にどう着る?に一切頓着せずに、リアルそのままをリプロダクトしたということでしょう。そういう意味で、ファッション的に着る人にとって、とてもチャレンジングなアイテムと言えそうです。

もちろん、船の上に限らず、畑や庭で作業をする人には、気分が高まるリアルなワークウェアとして活用してもらうのも最高ではないでしょうか。

Le Tricot De La Mer – Fisherman Smock
col : Navy
size : S / M
price : 8,900 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

3月15日(火)は定休日となります。

店舗業務ならびに、通販の受付、出荷業務もお休みさせていただきます。
前夜から店休日にかけていただきましたご注文やお問い合わせには、3月16日(水)に対応させていただきます。
宜しくお願い致します。

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です