Le Laboureur – Classic French Jacket.

160319a

Le Laboureur のフレンチワークジャケット、春向けの軽い素材で入荷です。
今回は、ポリ・コットン素材のさらっと軽いドリル生地、同じくポリ・コットンのライトデニム生地でご用意しました。
ラブルール所有の生地なので、ワークフィールドのファブリックであると思いますが、これからの時期の気楽なジャケットとして充分使えるのではないかと思います。

 

160319b

デザインや仕様、サイズ感などは前回のモールスキンのものとまったく同じです。
どういう意図か、着丈だけほんのわずか、今回の方が短かったです。

 

160319e

160319c

生地そのものが軽く、さらりとした触感です。
ネイビーに関しては、モールスキンより青味が少なく、普通のネイビーに近い色合いとなっています。

 

160319h

160319f

160319g

カーキもなかなか新鮮です。

Le Laboureur – Work Jacket *Poly Cotton Drill
col : Navy / Khaki
size : 0 / 1 / 2
price : 16,800 (+tax)

 

160319l

160319k

こちらがデニム。
中厚でウエイトも普通ですが、色味、質感としてライトです。
意外と春っぽい雰囲気のファブリックではないかと思います。

 

160319m

160319j

デニムということもあり、一般的なイメージの “カバーオール” という印象もあります。
コーディネイト的なやりやすさを感じます。

Le Laboureur – Work Jacket *Poly Cotton Denim
col : Indigo
size : 0 / 1 / 2
price : 17,800 (+tax)

 

普段からおすすめしている “フレンチ・ワーク” のジャケットです。
より本格的なファッションとしては、先日ご紹介した Hervier Production を、あるいはより本格的な気分を求めるなら、リアルなヴィンテージを、ということで、各種それなりに揃っています。

ラブルールはファッション的に頑張るということでなく、本格派ヴィンテージということでもなく、もう少し “デイリー” という性格で親しんでもらうべきものであろうと考えています。
本格的なフランスの薫りという部分は色濃くありますので、各自のイメージで、いろいろな用途で、思い思いに着倒してもらえたらと思います。

もちろん、基本はファッションとして格好いいと思って仕入れています。
さりげなく羽織ったら、なんとも言えない味が出るジャケットです。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

祝! プロ野球開幕!

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です