Oliver Spencer – Pants, Shirts.

160405a

Oliver Spencer の新作パンツです。
コットン・レーヨン・リネン素材の、素晴らしいファブリックによる春夏パンツです。

 

160405c

160405d

インプリーツのタックが入って、腰、尻、腿をかなりゆったりとって、裾を絞るというきつめのテーパードシルエット。
今っぽいことは今っぽいですが、やはり日本のブランドと若干違ったニュアンスが感じられます。
良し悪しでなく違いということにはなりますが、どうしても Oliver シルエットが上品に見えてしまうのは確かでしょう。

 

160405b

そして何と言っても、このパンツの素晴らしさはファブリックです。
混紡したそれぞれの素材の特徴が複雑に絡み合い、質感も表情も独特なものとなっていて、普通とかけ離れているわけではないのに、明らかな違いを感じるのです。
シルエットを含めたデザインと相まってでもありますが、非常に上品なたたずまいです。

 

160405e

160405f

奇抜ではないですが、独特の世界観を持っているような印象を受けます。

Oliver Spencer – Pleat Trouser
col : Bowen Charcoal
size : 28 / 30 / 32
price : 29,000 (+tax)

 

僕のセレクト基準で一番になってしまうのは生地なのかもしれない、とはいつも感じているのですが、今回はいっそう強く思いました。
特にこういったインポートのブランドの、ちょっとこちらにはないセンスで練られた趣深い生地にはやられてしまうのです。
時に 『どう着る?』 とかいったことが吹き飛んでしまうことがありますが、これを逃したらもう会えないだろうという危機感が勝ります。

次にご紹介するシャツもやはりファブリックの妙に面白さを感じて選んでいることは明白です。
色味やデザインだけでなく、生地の質感や表情などの要素も交えて、着る服のセンスの好さを発揮していきたいですね。

 

160405s

160405t

160405g

160405l

160405m

160405n

160405q

160405r

160405p

今回は Eton Collar Shirt というラウンドカラーのモデルとなります。
ライトでソフトなオックス2色と、何とも言葉で説明するのが難しい、Oliver Spencer の真骨頂と言えそうな気の利いたカラーが2色です。

トラッドなシャツにはない、デザイナーズならではの感覚的な気持ち好さが詰まっていると思うのですが、いかがでしょうか。

Grandad Shirt – Eton Collar Shirt
col : Astley White / Astley Blue / Colworth Cream / Barington Grey
size : 14H / 15 / 15H / 16
price : 18,000 (+tax)

 

それぞれ、やっぱり凝らないとダメだなぁ、と思わせるプロダクトです。
しかし、ディテールをどうこう言うより、『センスいいな~』 という一言で片づけていいような雰囲気があることが格好いいですね。

先日、ある堀さんがこのパンツを試着したのですが、『これは恐ろしく格好いいパンツだぞ』 と念仏のように繰り返し唱えながら穿いたり脱いだりしていました。
是非、試してみてください。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

4月9日(土)は都合により 14:00 開店 とさせていただきます。(閉店を21:00とします)
大変恐縮ですが、ご来店の際にお気を付けください。

4月9日(土) 14:00 – 21:00

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です