Yarmo – Drivers Jacket.

160808j

Yarmo のドライバーズジャケットが入荷しました。
今シーズンはシンプルにコットンサージの生地で、よりユーティリティなアイテムとしてのアプローチとなっています。
本来の “ワークウェア” というルーツからの、デイリーカジュアルにおけるユーティリティ・ジャケット。 インパクトよりも、実際的にこれ着ることになるぞ、という第一印象です。

 

160808d

一つトピック。ブランドとしての新しい試みが見られます。

今シーズンからブランド内で新たに “CC41” というラインを設け、実際のCC41のコンセプトに沿った、シンプルで無駄のない、ユーティリティなアイテムをラインナップする、ということです。

CC41 に関しては、既にご存知と思いますが、簡単に触れておきましょう。

CC41 とは・・・
1941年より約10年間、戦下のイギリスにおいて倹約のための生産統制が実施されました。政府が設けた厳しい基準を通過した製品には、その証として CC41 のラベルを付し、無駄な装飾のない簡素な品々をつくり、身につけることを奨励しました。
“CC” は “Cotrolled Commodity” の略。

古着フリークの間ではかなり有名なマークとなっていて、このラベルのついた実際のヴィンテージアイテムは今ではかなり貴重なものと言って間違いないでしょう。
その価値は、ただ年代(古さ)を実証し、また数的に希少というだけでなく、規制下でつくられた入魂のプロダクトであるという性格もあるということがポイントです。

今回、このロゴを Yarmo の方でしっかり商標登録をして展開する念の入れようです。

 

160808i

ということで、今回からいつものドライバーズジャケットは Yarmo の “CC41コレクション” の一員となりました。
かたちや仕様などはそのままで、実質面では変わりありませんが、何か気分を高めてくれるトピックになっているのではないかと思います。

 

160808c

160808f

そして CC41コレクションとしてのスタートとして相応しく、非常にシンプルで潔い、コットンサージが今回のファブリックとなっています。

この生地は、ヴィンテージの英軍ジャケットなどの気配を帯びた、独特の雰囲気があるように思います。特にこの chestnut (茶ベージュ)の方は、実際にイギリスの40年代もののミリタリーやワークのウェアで目にすることのある色味、質感ですので、実際の CC41 の年代の製品としっかりマッチしているのです。

 

160808e

イギリス的、ヴィンテージの気配、ユーティリティ。
一見シンプルなジャケットの中に、アイテムとして魅力的な要素が隠れているというのが大きな魅力になっていて、この分かりにくい気配を感じていただけたらブランドさんの方も本望ではないでしょうか。

Yarmo – Driver’s Jacket
col : Chestnut / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 18,000 (+tax)

 

僕としてもなかなか我慢ができず、先に買っております。
未洗い状態なので水洗いをしてみたら、着丈が2センチくらい縮んでいました。
ご参考までに。

 

LINEで送る

“Yarmo – Drivers Jacket.” への2件のフィードバック

  1. 初めまして。
    気になったことがあり質問させていただきます。
    ・洗濯すると着丈が縮んでいたということですが、それ以外の部分(袖丈、肩幅、胸囲等)の縮みはいかがでしたでしょうか?
    よろしくお願いします。

    1. こんにちは、ご質問ありがとうございます。
      着丈以外は気になるほどの縮みは感じません。ただ未洗いのコットン100%の生地というものは、水洗いによって必ず少なからずの縮みは生じます。肩幅と身幅に関しては、多少の縮みが生じても、着ているうちにまた戻ってくると思います。
      僕は両色購入したのですが、2センチ縮んだというのはネイビーの方で、その後Chestnutの方も水洗いしたのですが1センチ弱の縮みでした。
      ご参考になりましたら幸いです。
      (松崎)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です