New Arrivals.

160905h

Charpentier de Vaisseau の新作パンツが入荷しました。
今シーズンの新型モデルとなります、シンプルなコットンのチノパンツです。

 

160905b

1タックが入って太めのシルエット。テーパードシルエットではなく、ストレートシルエットに近く、はっきり太いと言えるシルエットです。

股上は深く、お尻もたっぷりめで、ややもするとオールドファッションなバタくさいパンツですが、このブランドは基本的にギリギリのところをウロウロしていますので驚いてはいけません。

また、今回も実はしっかりいい生地を使っていて、質感と色合い、発色はシルエットの野暮ったさに反してたいへん上品です。
こういったアンバランスとかミスマッチは言わば シャルパンティエの肝の部分でもあり、簡単そうで難しく、難しく考えずに簡単に行けよという、つまりはなかなか掴みにくいブランドなのであります。
僕はシャルパンティエのそんなところが好きです。

 

160905c

160905a

160905d

160905f

160905g

シンプルが基本ですが、そこにひと味、ならではのスパイスを加えるのがシャルパンティエ流。
簡単に着るだけでスタイルにニュアンスが生まれます。

しかし、簡単に着るだけとは言いつつも、やはり “どう着る?” がポイントになると思います。
簡単に着ただけですという態でありながら、実は簡単には真似できないようなスタイルに持ちこみましょう。

 

160905e

Charpentier de Vaisseau – Chino Pants
col : Khaki
size :  1 / 2
price : 13,800 (+tax)

 

160904c

Ordinary fits からは、定番の Barista Shirt、ギンガムチェックが届いています。

 

160904d

ワイドでショートポイントのカラーと、胸の三角フラップが特徴のワークシャツベースのシャツです。
Fuzz ではどちらかと言うとパキッとしたシャツが多い中、Ordinary fits のラフに着れるシャツは貴重な存在です。小さな襟で邪魔に感じにくく、レーンステッチなどのワークディテールでタフなつくりということで、気張らずに着てしまえるシャツと言っていいでしょう。

ギンガム柄なのできれいな感じでも着れて、軍パンなどとのラフな合わせも◎です。

 

160904e

Ordinary fits – Barista Shirt *Gingham Check
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

160904f

それから、先日ご紹介した Ordinary fits のダックのパンツが好評です。
Bare Foot Duck Trouser のサイズ欠けが出ましたので、在庫の問い合わせをしたところ、カーキ色もありますよとのことだったので、ついでにこちらも追加しました。

 

160904b

これからの時期、このパンツに合わせてブーツが履きたくなるような気分でしょうか。

Ordinary fits – Bare Foot Duck Trouser
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です