Fileuse d’Arvor – Cotton Rib Knit Basque Shirt.

160909b

Fileuse d’Arvor のコットンニットが入荷しました。
いよいよ長い付き合いになり、Fuzz における 『我が定番』 の地位を獲得したと言っていいかもしれません。

 

160909c

フランスの、バスクシャツで、ニット。
本場の薫り満載であり、“その筋の” アイテムながら非常に使いやすく、また本場ならではの確かなクオリティが強みです。

=========

元々は、ブランドが納入メーカーとしてフランス海軍に支給していたユニフォームとまったく同型、同素材のリブニットによるマリンニットとなります。
タイトめのシルエットはそのため(軍用のため)ですが、生地はやわらかく伸縮しますので、まったく締め付け感は無く、無理なく自然に身体にフィットすることで、シルエットの好さと着心地の好さを両立しています。

“Vintage Rib” と名付けられた生地は、旧式の編み機によって複雑な組成で編み立てられたタフなニット地です。通常より糸のかかりが多い編み立てのため、型崩れも最小限に抑えられる上質な生地なのです。

=========

クオリティの良さは着てみるとすぐに分かります。
シルエットはそれなりにピタッとくるのですが、締めつけられる感じがしないのです。
そして、しっかり詰まって、ほとんど前後の見分けがつかないかたちのボートネックが本場ものの感を強めています。

 

160206d

今シーズンは無地でモノトーンの色調でご用意しました。
シンプルで地味に見えるかもしれませんが、やはりクラシックな風情がありますので大丈夫。たとえシンプルで地味でも、つまらなくないのです。

 

160909a

160909d

Fileuse d’Arvor – Cotton Rib Knit Basque Shirt
col : Grey / Charcoal / Black
price : 13,800 (+tax)

 

ここのところ、春夏期におけるコットンニットをおすすめしてきましたが、秋冬でもコットンのニットでいいねという声も多く、昨年から季節関係なく展開することにしました。

僕の目論見では、秋冬はいろとりどりのウールニットをどっさり!というのが正直なところだったのですが、そうも言ってられなくなり、けれどそうこうしていると、ヨーロッパなどでは、春夏もウールニットがいいね、という流れも強くなってきたとのことで、それも僕としては、なるほどウールの方がコットンよりドライで、薄いものであれば熱もそうこもらずに湿気を逃がしてしまえる、と理解が及びます。
コットンとニットと、素材として違った特性を持っていますので、どこをどう見るかということになってくるわけです。
ニットカオスの時代がやってきそうな気配です。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

明日17日(土)は開店時間が16時となります。(21時まで営業)
恐縮ですが宜しくお願い致します。

 
 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です