New Arrivals.

160912b

arbre より、定番のスラックスが入荷してきました。
旧型は惜しまれつつ終了の運びとなり、今回からスリムフィット型のみの展開となります。

 

160912c

ここまで例年、秋冬はウールフラノが定番という位置づけでしたが、今年はやや趣を異にして、目の細かいサージとなりました。
こちらは表面がつるりとしていて、トロピカルウールをもう少し打ち込んで厚くしたような感じ。薄からず厚からずで、春夏とか秋冬でなく、『通年』 というイメージの地厚です。

 

160912e

160912d

色も定番的なミディアムグレーとチャコールグレーの2色となります。
スラックスとしては鉄壁の定番色で、ありきたりとかつまらないとかいう文句を吹き飛ばすほどの間違いなさであると思います。

 

160912f

160912g

男子たるもの、無くてはならないグレースラックス。
ジャケパンはもちろんですが、スニーカー合わせ、バスクシャツ合わせ、フレンチワークジャケット合わせ、ミリタリージャケット合わせ、ヴィンテージジャージ合わせ、等々、カジュアルな使い方も強くおすすめしたい普遍的な、、、

このくだり、前回も言いました。笑

普段からジャケパンをやる人には余計な説明は不要でしょうが、普段そうでもない、カジュアル志向の人にも是非取り入れていただきたいアイテムです。
具体的には、スプリングコートやスタン・スミスなどのテニスシューズ系スニーカーと合わせたり、ラブルールのカバーオールと合わせていただきたい、というのが前々からこっそり奨励している着合わせです。
ベーシックなアイテムを小突きまわして楽しみましょう。

 

160912a

arbre – New Basic Trousers *Serge
col : Grey / Charcoal Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

160914b

SOUTIENCOL の新作シャツも1型届いています。

San Francisco のモデルで、Thomas Mason のブロード、ブラウンギンガムです。
ブラウンのギンガムチェックは僕も所有していますが、ネイビー系のジャケットやボトムと色合わせのバランスが好いので重宝しています。
すごく上品なコーディネイトをつくれる色柄ではないでしょうか。

 

160914a

160914c

SOUTIENCOL – San Francisco *Thomas Mason Gingham
col : Brown
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

160913c

Ordinary fits からはこちらも定番、Swing Parka が入荷しています。

コットンタイプライターという軽めの生地によるライトアウターということで、今時分の端境期に活躍してくれる優れものです。
今シーズンはインクとベージュの2色をセレクトしました。

 

160913a

160913b

ややふんわりとしたシルエットで、シャツとそう変わらないくらいのウエイトのジャケットです。
気取らないラフなスタイルで簡単に合わせてしまえるジャケットは、意外と困ったりするポイントだったりするもので、このジャケットが生き残る訳がなるほどと分かります。

Ordinary fits – Swing Parka
col : Beige / Ink
size : 1 / 2
price : 18,000 (+tax)

 

入荷の方も、お客さんたちの方も、だいぶ勢いが出てきて、忙しくなってきました。
そのためオンラインショップへの商品掲載がちょっと遅れてしまっていますが、おっつけやっていきますのでお許しください。

天候の方がなかなかですが、週末、みなさんのご来店をお待ちしています!

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です