New Arrivals.

160916b

FUJITO もようやく新シーズンがスタート。
新作のシャツが入荷してきました。

 

160916c

バンドカラーシャツとなりますが、ベースになっているデザインとかたちはこの前と同じです。
両胸のボタン付きのポケットがトレードマークとなっていて、背中に深めのインプリーツが入っています。
また、前回は襟に芯が入っていましたが、今回は入っていません。

 

160916d

今回も生地惚れ。かなり細かいストライプ織りの生地となっていて、これはコードレーンと言ってもいいと思います。
ストライプが細いのと、インディゴ系のネイビーと白の糸の組み合わせが遠目では微かな光沢となって映り、シャンブレーのようなニュアンスも感じます。
ワークっぽい印象ではありますが、ワークならではの粗野な感じはまったくなく、たいへん上品な雰囲気です。

ナチュラル成分、ハンサム成分、あるいはヴィンテージ成分など、いろいろな要素が独自にブレンドされたような、FUJITO ならではの味わいある一着です。

また、仕立ては佐賀・唐津のシャツ工房。シャツ専門の工房の手によるものということで、カジュアルなシャツとは言えキリリとした佇まいになるのも FUJITO シャツの大きな特徴です。

 

160916a

FUJITO – Band Collar Shirt
col : Navy Stripe
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

160917e

Fileuse d’Arvor からも新作が入荷。
定番展開しているニットバスクシャツと別型となる、こちらもニットベストです。

 

160917b

160917c

160917a

こちらはリブ編みではなくジャージー編み。Tシャツなどと同じ種類の編み立てとなります。

Tシャツなどと同じではありますが、そこはニット専業のブランド、これをニットの編み機で編み、ニットの厚みと柔らかさで仕上げるということです。

ベースはバスクシャツ、生地はニット、ということになるので、ごわごわコットンの伸縮のほとんど効かないバスクシャツと違って、滑らかでやわらかく、普通のバスクシャツをより上品にアップグレードしたような感じになります。

性質はニットだけど見た目はあまりニットに見えないし、、いやコットンでそれなりに厚みもあるからスウェットのような感覚とも遠くないかも、、という印象を受けました。
そうですね、デザイン的にはバスクシャツですが、アイテムの性能としてはスウェットに近いかもしれません。

 

160917g

160917f

こちらのモデルはボートネックでも前ぐりがやや深めでクルーネックに近いです。
また、カットソーとしては普通の大きさですが、素材がニットなので(しっかり伸縮性があり、洗濯縮みもないため)、表記に対して大きく感じます。定番でやっているヴィンテージリブのモデルと比べると、1サイズ分近く違うと思います。着方なども考慮に入れつつご注意ください。

Fileuse d’Arvor – Cotton Knit Basque Shirt
col : Navy / Ecru*Navy
size : S / M
price : 13,800 (+tax)

 

160918i

つづいて、Vincent et Mireille のモールスキンジャケット。
ストレッチの利いたコットンモールスキンのワークテーラードジャケットです。

 

160918g

160918d

160918h

多少のワーク的ディテールを備えた3つボタンのベーシックなジャケットです。
裏無しの一重(ひとえ)ということもあり、気さくに羽織れるタイプのジャケットと言っていいと思います。

160918j

160918k

イメージとしては、ユーティリティ・ジャケット。
どんな格好でも、『とりあえずこれ羽織ってしまうか』 と使ってしまえるタイプと言いますか。
あくまでカジュアルですが、カバーオール型よりもコーディネイトの幅は広く、使い勝手の好さが最大の魅力と言えるでしょう。

Vincent et Mireille – Moleskin Tailored Jacket
col : Navy / Olive
size : 38 / 40 / 42
price : 20,000 (+tax)

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です