SANDERS – Brit Chukka.

160919a

SANDERS の “Brit Chukka (ブリット・チャッカ)”  が入荷しました。
ミリタリーコレクション以外からセレクトするのはずいぶん久しぶりではありますが、こちらはサンダースが誇る有名モデル。 もう何年も横目で見ていただけでしたが、今シーズンは何故か無性に格好よく見えたため、セレクトしました。

 

160919c

アッパーはきっちり上質なスエードレザー、そしてマッドガード製法といってクレープソールを圧着で付けて、側面ぐるりと革を巻いたアウトソールが大きな特徴となっています。

マッドガードは、その名の通り『泥よけ』 の意味合いで、水溜りやぬかるみなどにはまってしまっても大丈夫、ということがそもそもの目的です。

俳優スティーブン・マックイーンが映画などで履いていたことで有名になったのですが、モデル名前の Brit Chukka は、映画 『Brit』 に由来するということです。
通称 『プレイボーイ・チャッカ』 などとも呼ばれている、知る人ぞ知る人気アイテムなのです。

 

160919d

160919e

160919f

160919i

160919g

160919h

そもそもクレープソールということもあって完全にカジュアルシューズですが、SANDERS の手による本格的なつくりであるため、“きちんと感” のようなものは全体にただよっています。

上品でいて、多少、アクティブ。 非常に大人チックな遊びごころを感じさせる稀有なバランスで、独特の魅力があります。手にとって眺めるだけでは分からない、履いてみて感じる格好よさがあるシューズだなと僕は思いました。

 

160919b

SANDERS – Brit Chukka
col : Dk.Brown
size : 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 43,000 (+tax)

 

スラックスやデニムと、定番的な感じで合わせるのが一番気持ちいいと思います。
ちょうどいいタイミングで、FUJITO からこれも “TEPPAN” と言われていながら僕がぐずぐずしていて今までとらなかったジーンズが届きましたので、これとの合わせはおそらく間違いないでしょう。
このデニムは本日店頭に並べ、明日明後日にはここでもご紹介する予定です。

ここまで、シーズンの始まりたてはどうしても単品での物色になってしまいますが、もうそろそろ横のつながり、着合わせを考えて物色できるくらい、新作入荷が積もってきたと思います。
楽しくなってきますね。

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です