New Arrivals.

161017e

FUJITO から新作入荷です。
ブランド定番モデル Hood Coat の秋冬ver. が登場です。

 

161017j

Fuzz ではたまたま春夏シーズンでの扱いが続きましたが、今シーズンにようやく秋冬シーズンのリリースに当たることができました。
秋冬向けはしっかり裏地が付いて、重厚な、いわゆるコートらしいコートのイメージとなっていて、春夏の軽やかなコートとはひと味違った魅力を感じさせてくれるように思います。

 

161017h

フードの付いたステンカラーコート、それが Hood Coat。
フードが付くことによって、トラッドな印象からかなりカジュアルな方面への幅が広がります。ある程度着るだけカチッと感が出てくるステンカラーコートを、少しだけ脱力させるような効果があるのはないでしょうか。

フードそのものは着脱が可能ですので、トラッドにキメたいときは外せば問題なしで、これはこれでベーシックなハンサムコートとして合わせていただけます。

 

161017d

生地はコットン+ナイロンの高密織り。見え方も美しく、防風性や撥水性もかなりのものとなっています。

 

161017i

今シーズンのマイナーチェンジとして、ポケットを2段構えにしている点が挙げられます。
デザイン的なアクセントとしてもさることながら、Pコートのマフポケットのようなかたちで、肘を張り出してポケットインするという “スタイル” におけるアクセントを狙ったものとなっています。
洋服好きでないと考えつかないようなアイディアがなんとなく嬉しいと感じました。

 

161017a

裏地の仕様もしっかりしていて、この部分も雰囲気をしっかりつくってくるところも服好きポイントでしょう。(Oliver もまさにそう)

 

161017k

FUJITO – Hood Coat
col : Navy
size : S / M / L

 

161018b

日本のニットブランド comm. arch. からも新作が入荷しました。
Tweedy Jumper と名付けられた素材感の妙が楽しめる “らしい” プロダクトです。

 

161018a

こちらはニュージーランド産のメリノウールを素材とし、極限まで度詰めで編んでからお湯で洗って縮みをかけたという生地が使われています。
『圧縮フランネルニット』 というらしいですが、要するに縮絨をかけているということでフラノ(フランネル)だと思っていただければいいでしょう。

この生地がツイードのような素材感になっているところが特殊で、さらにゲージの違う生地を組み合わせて完成させているところがたいへんに面白いポイントとなっています。

 

161018c

161018e

ボディと袖やリブ、エルボーパッチなど、ゲージの違う生地をクレイジーパターンで組み合わせています。
単色ながら、凝りに凝ったデザインであると言って差し支えないと思います。

comm. arch. – Tweedy Jumper
col : Blackout
size : 3 / 4
price : 20,000 (+tax)

 

161019a

suolo からは新型のレザーバッグ SAHARA が入荷しています。
こちら既に店頭に並べていますが、『いいね!』 と気が付いた人全員に声をかけられています。 (気が付かない人も大勢います)

 

161019b

ミニショルダーの kid のレザーver. を先日ご紹介しましたが、その兄弟のようなモデルと考えてください。
大きさ的にはだいだい中型と言えるような感覚の、使いやすいサイズのものとなっています。
ミニショルダーでは用が足りないかもという場合には、こちらが安心ではないでしょうか。

 

161019e

国産のレザーで縫製も国内ということで、質感もいい感じです。
かと言って、あまりジャパニーズな薫りが強くないところが Fuzz が好む suolo のいいところ。

 

161019d

161019c

suolo – SAHARA
col : Black / Dk.Brown
price : 26,000 (+tax)

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です