New Arrivals.

161020o

久しぶりに腕時計の新入荷です。
今回は SEIKO のクロノグラフ、やはり逆輸入モデルとなります。

 

161020m

特に何か、という類のものではありません。
日本での流通が無く、プライスと質感の関係が ◎ であると理由でセレクトしました。

やや大ぶりサイズでほどよいボリューム感を感じられ、デザインは非常にシック。オン・オフ問わずに使えるいいくらいの腕時計をお探しの方におすすめしたいモデルです。

 

161020a

161020b

161020f

161020i

161020j

SEIKO – Chronograph
col : White / Navy / Black
price : 28,000 (+tax)

 

161027d

ここ数年継続してセレクトしている S.K. Overseas のウールストール。
今シーズンはやや趣が違い、非常にシックな雰囲気です。

 

161027c

一見するとヘリンボーン織りに見え、よく見ると違うのですが、どちらにしてもクラシックな風情です。一般的なマフラーというよりも、地厚の薄いストールという態なので、硬い印象にならずに、どちらかと言えばやや甘い印象と言えるでしょう。

 

161027a

161027b

161027f

161027e

161027g

161027h

S. K. Overseas – Wool Stole
col : Light / Dark
price : 8,500 (+tax)

 

161026h

こちらもここ数年の恒例となります、ARMEN の後染めコットンストール。

チェック柄のコットンフランネルを丸染めして、柄を沈ませつつ色調を統一するという手法です。今回の製品はやや染めを浅くして、地の柄が例年よりも強く出ています。

イタリア製のきちんとしたファブリックを使っていることもポイント。

 

161026d

161026a

161026f

161026g

161026i

コットンなので、まず肌触りがいいです。ウールのチクチクが苦手な人には本当におすすめ。
汗を吸います、普通に洗えます。
だけどウールのように熱をこもらせる力は弱いので、暖かさという面ではウールには負けるでしょう。

ということで、意外とすみ分けが利いていて、独自の使い勝手が見えるアイテムです。

ARMEN – Cotton Flannel Scarf
col : Red / Green
price : 7,000 (+tax)

 

季節が進み、いろいろな思惑でいろいろな商品が買われて行っています。
アウターやニットの注目度が上がるのと同時に、GICIPI のカットソー勢を手に取っていただく機会が際立って増えています。
男というのは、実際に寒さを感じるとインナー問題に取り組みたくなるものですな。

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です