CM – Arrow Footwear.

161211a

Arrow Footwear の革靴にご注目いただきたい。
当店では SANDERS と並ぶ定番アイテムとして揃えているのですが、さすがの SANDERS にやや押されがちというのが現状。本格的な英国靴として決してひけをとるものでなく、ミリタリールーツを本質とするところまでは同じでも、シューズそのものはタイプが違うのであります。

僕もこの夏の終わりからようやく履きはじめ、SANDERS との違いを実感しているところ。
スマートのなかに無骨さを感じる SANDERS に対して、Arrow Footwear の靴は無骨が先にきて、オールドクラシックというような気配を感じます。

 

151209i

Arrow Footwear は SANDERS の一代前の軍納入業者であり、両ブランドは、軍の規格のほぼ同じ靴をつくっていたという経緯があります。

SANDERS の Military Collection というラインは、英軍オフィサーシューズをベースにしながらも、ファッション向けのアイテムにモデファイされており、軍靴的なる部分を残しながらファッション的なる部分を組み入れているというプロダクト群となります。

一方、Arrow Footwear の方は、基本的に 『実際に軍に納入していた木型を使う』 ということをコンセプトにしていて、『かたち』 から染み出すその雰囲気を重視しています。
決まった木型といくつかのデザインに対して、お店ごとに革の種類・色、アイレットの色やアウトソールの種類などを指定して発注することができることも大きな特徴となっていて、ファクトリーベースのブランドならではの融通の好さを誇ります。

 

161211b

やや丸みが目立つぽってり型。一般のドレスシューズのようなシャープさは皆無であり、ワイズがしっかり広いことが特徴。広めのワイズからノーズを伸ばして色気を出すということも皆無。
オフィサー向けとは言え、軍靴ということもあってかまず質実剛健であることが優先され、扱いとして道具的、またユニフォーム的であることを求められた結果でしょうか。

僕よりも年嵩のお客さんなどは、たまに懐かしがってくれたりもするのですが、よくも悪くも、実際に古い靴のイメージであり、それがまたクラシックな風情を滲みだす結果になるのです。

とにかく、なにはなくともまず言えることは、幅広の足の人にはそれだけでおすすめ。
僕も自分のサイズを履いてまったく窮屈感を味わうことなく、履き慣らしの段階での苦痛が一切ありませんでした。

 

161211c

質実剛健でぽってり感があるということで、アウトソールにレザーソールやミリタリーソールなどをはかせてみると、トラディショナルなカントリーシューズの様相を呈し、今度は Tricker’s を彷彿とさせます。
この雰囲気はその Tricker’s のおかげで無意識に 『イギリス的な印象』 を呼び起こすのですが、Tricker’s のような 『トリッカーズです!』 という強い主張がないのが、Tricker’s ではない Arrow Footwear の絶妙さであるという、やや都合よく一面を切り取ることもできる気がします。笑。

 

151209k

最後に余談の裏話ですが、このブランドの国内インポーターはやはり存在として SANDERS を強く意識していますので、プライスレンジもなるべく SANDERS を下回るよう、メーカー側とかけあったりしていろいろと努力しています。

使っているレザーの品質などは、かなりのケースで SANDERS を上回っていたりもしますので、実はバリューの面だけでも充分おすすめできるのです。
SANDERS はよりミリタリーテイストを感じさせるような革のチョイスだったりしますが、どちらにしても、この二つのブランドは、ノーザンプトン界隈のシューメイカーの中では群を抜いて良心的なプライスで提供されていることは間違いないでしょう。

 

Arrow Footwear 、まだの方は是非チェックしてみてください。

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です