New Arrivals.

1700919g

イタリアのトラウザー専業ファクトリー、Riccardo Metha のコーデュロイパンツが入荷しました。

しっかりした起毛感と厚さのあるコーデュロイ生地は、秋冬パンツの醍醐味でもあります。ワイドシルエットのコーデュロイパンツを美しく合わせよう、というのが Riccardo Metha ならでは。

 

1700919f

ワンタックが入り、ややテーパードを利かせたワイドシルエット。裾はやや短く設定され、ノークッションかちょいクッションでラインをしっかり出して穿く仕様になっています。
歩くごとに足首が見えることで好いメリハリとなり、太いパンツならではの美しさが映えそうです。

 

1700919e

1700919d

それなりに太い畝で、厚みがありボリューム感を感じる生地です。
かなりしっかりした質感、量感がありますので、ガチッと重たいトップスがきてもしっかり支えてくれそうな印象です。

 

1700919c

1700919b

1700919a

Riccardo Metha – One Tuck Cotton Trouser *Corduroy
col : Dk.Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 16,000 (+tax)

 

1700918e

おなじみ、フランスのニットメーカー、Fileuse d’Arvor のコットンニットのバスクシャツです。
今シーズンは、単色ブラック、ブラック/生成の2色をセレクト。ブラック/生成のボーダーは初登場のカラーとなります。

 

1700918d

商品説明の再掲です。

=========

元々は、ブランドが納入メーカーとしてフランス海軍に支給していたユニフォームとまったく同型、同素材のリブニットによるマリンニットとなります。
タイトめのシルエットはそのため(軍用のため)ですが、生地はやわらかく伸縮しますので、まったく締め付け感は無く、無理なく自然に身体にフィットすることで、シルエットの好さと着心地の好さを両立しています。

“Vintage Rib” と名付けられた生地は、旧式の編み機によって複雑な組成で編み立てられたタフなニット地です。通常より糸のかかりが多い編み立てのため、型崩れも最小限に抑えられる上質な生地なのです。

=========

ということで、ルーツはフランスのミリタリー。なんとなくそういった気配は感じていただけるはずです。

 

1700918c

1700918b

1700918a

Fileuse d’Arvor – Cotton Rib Knit Basque Shirt
col : Black / Black*Ecru / etc.
size : S / M / L
price : 13,800 (+tax)

 

LINEで送る