Johnstons of Elgin.

1701105p

Johnstons of Elgin のスカーフ(マフラー)たちが今年も届きました。

スコットランドの超老舗スカーフブランドの、間違いない品々。ただ歴史があるから高級品ということではなく、本当に本物を感じさせてくれて、ファッションアイテムとしてもたいへんレベルの高いプロダクトです。

 

1701105d

今年はノン・カシミア。エクストラファインメリノのウール100%の品番でこれは!というものがありましたのでピックアップしました。
他では難しいであろう、ならではの上品さが感じられつつ、あんなスタイルに、こんなスタイルに、とコーディネイトが次々とイメージできるような万能感のある色柄のものを選んできたつもりです。

この雰囲気のものはジョンストンズで決めた方がいいですよ、と自信を持っておすすめできます!

 

1701105q

薄手のジャガードスカーフ。
ダークグレーとダークレッドで上品この上なく、他で同じようなものがあったとして、この雰囲気が出せて、このクオリティとこのプライスで提示できるのは、おそらく不可能であろうと思います。

オンとオフ、両面いけますし、何よりドレススタイルでも映えるでしょう。
薄いですが、それなりに大判ですので、しっかり防寒も果たします。

 

1701105o

1701105n

1701105k

1701105j

Johnstons of Elgin – Jacquard Scarf
col : Dk.Grey / Dk.Red
price : 16,000 (+tax)

 

1701105b

Natural Windowpane。
こちらも薄手でマフラーのふかふかな感じではなく、スマートなスカーフといった態です。
いわゆるトープ色のこのやさしい茶ベージュのような色合いは、ヨーロッパのハイセンスなところでないと出てこないと思います。

ベージュという色は実に難しい色でして、生地そのものがよくないと、よいベージュが出てこないのではないかと僕は思っています。ですから、コートやチノパンなどもそうですが、『ベージュアイテムは多少無理してでもいいものを買え!』 とひそやかに主張したいと思います。

 

1701105a

1701105c

Johnstons of Elgin – Woo Scarf *Natural Windowpane
col : Taupe
price : 12,000 (+tax)

 

1701105f

Prince of Wales。
いわゆるグレンチェックですが、こういうベーシックなものも、説得力のある本場ものがおすすめです。
オン・オフいける大人な雰囲気で、どんな場面でも大丈夫。
コーディネイトに落ち着きをもたらしますので、意外とデザインの強い服とのコーディネイトで、存在感を示したりということもあると思います。

 

1701105h

1701105g

Johnstons of Elgin – Woo Scarf *Prince of Wales
col : Grey
price : 12,000 (+tax)

 

LINEで送る