ARAN – Outers.

1701118a

ARAN の新作アウターが2型、入荷してきました。
コットン・ナイロンのミリタリーベースのパーカコートと、ブリティッシュ・ツイードのブルゾンジャケット。どちらもありそうでなかなかないながらも、堂々たる直球。堅実で誠実なものづくりの姿勢が感じられるグッドプロダクトです。

 

1701118e

こちら、特にツイードで有名なイギリスの MOON社のファブリックを使ったクラシックなブルゾンジャケット。
ものすごくきれいなフォームで投げ込んできた直球です。

 

1701118f

メランジ調の品の好いウールツイードはさすがの一言。
このかたちでこの素材はベストマッチであり、頭より身体が先に反応してしまう人種も多いのではないでしょうか。

 

1701118b

イマドキ的、あるいは若手的な細身バランスではなく、シルエットもクラシックです。
細からず太からずの標準的なフィットで、適度なゆとりをもってつくられていますので、流行に左右されない大人に向いている製品であることがうかがえます。

 

1701118d

1701118g

裏地の質感や雰囲気もきちんとしています。このあたり、服好きには重要な要素であり、こういった部分にブランドさんの誠実さが表れるように思います。

 

1701118h

ARAN – GB Blouson
col : Khaki
size : 1 / 2 / 3
price : 45,000 (+tax)

 

1701118o

スウェーデン軍のミリタリーパーカをモチーフにつくられたジャケットコートです。
やや長めの着丈で、マウンテンパーカとかBarbour などのアウトドアジャケットのニュアンスもありつつ。

 

1701118n

ナイロン+コットン素材のグログランと呼ばれるしっかりした生地がシェルになっている総裏二重のしっかりした質感です。

 

1701118q

グログランという生地は、横畝が特徴の緊密織りの生地です。
ひらひらしたものではなく、ガチッとした質感でしっかりした腰があることが特徴です。

 

1701118m

1701118l

1701118i

適正の季節はちょうど今時期でしょう。
真冬になっても、例えば厚手のセーターを着たときには、ダウンやウールのヘビーウエイトのアウターではトゥーマッチになりますから、風がしっかりシャットアウトできるこういったアウターが重宝しますし、ラグランスリーブでしっかりした着丈がありますので、ウールジャケットやツイードのジャケットの上から羽織ったり、というオーバーコートで使うのもいいでしょう。
さらに、この雰囲気なら、ビジネスユースも悪くないように思えます。

 

1701118j

ARAN – SWD Parka
col : Black
size : 1 / 2
price : 39,000 (+tax)

 

11月ってこんなに寒かったかな?と思わせるここ数日、、
もともと安定しない時節ですが、やはり季節感がおかしくなりますね。

今時分、僕はジャケットを見境なく重ねて着るため、ちょっとしたものを不意にポケットに入れておいて見失ったり、探していたものが意外なタイミングでポケットから出てきたりという、刺激的な毎日を送ります。
正しいポケッティングをしないと、探すと出てこない、探していないときに出てくる、ということになりますので気をつけましょう。

 

LINEで送る