Fileuse d’Arvor – Cotton Rib Knit Basque Shirt.

180106f

今シーズンも届きました、フランス Fileuse d’Arvor のコットンニットのバスクシャツ。
ミリタリールーツながらもエレガントという、フランスものらしいクラシックなアイテムです。

 

180106c

意外と初めてでした、エクリュ・マリン(生成×紺)の定番色ボーダー。春になると着たくなる黄金の配色です。

 

180106b

商品説明の再掲です。

=========

元々は、ブランドが納入メーカーとしてフランス海軍に支給していたユニフォームとまったく同型、同素材のリブニットによるマリンニットとなります。
タイトめのシルエットはそのため(軍用のため)ですが、生地はやわらかく伸縮しますので、まったく締め付け感は無く、無理なく自然に身体にフィットすることで、シルエットの好さと着心地の好さを両立しています。

“Vintage Rib” と名付けられた生地は、旧式の編み機によって複雑な組成で編み立てられたタフなニット地です。通常より糸のかかりが多い編み立てのため、型崩れも最小限に抑えられる上質な生地なのです。

=========

リブ編みのニットは、とても伸縮性に優れます。ある程度タイトに着ても着苦しさがなく、ぴったりジャストサイズで着れることと、ニットならではの上品さが相まって、いわゆるカットソーのバスクシャツと比べて一段お上品な見え方をします。
SAINT JAMES ウェッソンのようなゴワゴワガシガシのコットンもそれはそれで好いものですが、こちらはまた別口の魅力であると言っていいでしょう。

 

180106e

生地面(きじづら)がスムースで、着心地もそうですが見た目にも柔らかさを感じさせてくれます。しっかり身体に沿うので、ジャケットのインなどでも着やすいのもポイントです。

 

180106a

180106g

ネイビーも根強い人気です。

Fileuse d’Arvor – Cotton Rib Knit Basque Shirt
col : Ecru*Marine / Navy / etc.
size : S / M / L
price : 13,800 (+tax)

 

LINEで送る