New Arrivals.

180210m

BASISIBROEK の春の新作ジャケットが届いています。
新しいモデルのゆったり型ショートジャケットです。

 

180210b

180210g

180210e

ドロップショルダー+ボックスシルエットに加え、胸の二重ポケットだったり、裾のスリットだったり、トータルでかなりのオリジナリティを感じさせてくれます。

 

180210a

デザインだけでなくファブリックも見どころとなっていて、イタリアの LIMONTA社のコットン+ナイロンの生地は非常に上質なものです。
グッと詰まった感じがあって、ハリ感もありながらしっとりもしていて、微かにですが上品な光沢があります。

もともと LIMONTA はナイロンの生地が世界的に有名な老舗生地メーカーで、世界の名だたるブランドがこの生地屋さんのお世話になっています。

 

180210l

なかなか伝わりにくいジャケットかもしれませんが、着てみると 『なるほど』 と思います。デザインがしっかり入って、意外性や新鮮さみたいなものも感じさせてくれるのではないでしょうか。

 

180210k

BASISBROEK – Alken
col : Smoky / Black
size : 2 / 3
price : 25,000 (+tax)

 

 

180211a

Vincent et Mireille からも春夏ジャケットが届きました。
こちらは完全に薄手生地となりますので、しっかり春になりきってからといったウエイト感です。

 

180211c

シャツジャケットをジップアップのショートブルゾンでつくりました、といったイメージでしょうか。
ポリエステル+コットンの軽くてサラサラ、しかもストレッチの効いたファブリックが使われています。

 

180211e

こういった軽いジャケットは、春から晩夏まで、実用性が高く、室内や室外の温度差の激しい昨今では非常に重宝します。
外ではTシャツ一枚で動きたいけど、あまりにも冷房の効きすぎる電車や室内がそこらじゅうにあるからなぁ、という感じで着たり脱いだりして何かと便利に使えるはずです。

 

180211d

Vincent et Mireille – Zip Blouson
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 20,000 (+tax)

 

180212i

最後は新登場ブランド、イタリアの VESTI をご紹介します。

● VESTI
2012年、イタリアローマにて、生地メーカーである INNOVA社が母体となって設立されました。ブランドのキーワードは 『質』、『着心地』、そして『イタリアン・スタイル』。
競合する他社、他国のブランドを徹底的にリサーチし、素材から縫製に至るまで全てイタリア製にこだわりながらも低価格を実現。ブランド名はイタリア語の『着る』という意味の “Vestire” に由来し、あくまでユーザ重視のモノづくりを心掛けています。

 

180212g

基本的にスウェットを中心としたカットソーのブランドで、イタリアの良心とでもいうべき懐にやさしいプライスも魅力と言っていいでしょう。

 

180212f

ジップアップのジャケットは使い勝手も好いし、スウェット地なので着ていて楽だし、多少乱暴に扱っても平気だし、、ということで、このかたちを選びました。
本気でお洒落着にするというよりは、オフィスやリビングなどにおける羽織りものとして、というイメージがしっくりくるでしょうか。サッと羽織ってすぐ出かけられる感じもありますので、持っていると便利に使えてしまうのではないかと思います。

180212h

180212e

裏は掻いて裏毛にしてというものでなく、普通のパイルです。さほどの生地厚ではなく、スウェットとしては軽めと言えるでしょう。

VESTI – Sweat Zip Jacket
col : Navy
size : S / M / L
price : 7,800 (+tax)

 

180212d

こちらはスウェットパンツ。
しっかり細く、裾に巻き返しが入り、普通にスタイリッシュです。

 

180212c

生地は同じくやや軽めのスウェット地で、こちらはメランジの色味となっています。
スウェットパンツに関しては、野暮ったいのが逆に・・・というのはないと思いますので、しっかりスリムなシルエットで間違いないと思います。

 

180212a

180212b

VESTI – Sweat Pants
col : Navy Melange
size : S / M / L
price : 7,800 (+tax)

 

どちらかというと僕自身もそうなのですが、スウェットものにあまり乗り気でない人は、いわゆる 『本気のスウェット』 に目が行きにくいように思います。だったらこっちのセーターを買うかな、みたいなことになってしまいますから。
そして、だからと言ってあまりにも 『そのへんのもの』 では哀しいですから、ヨーロッパメイドのヨーロッパの製品である、という部分が、この場合には意外と効いてくれて、より気分を安らかにしてくれるのではないかと思うのです。
特にそんな人におすすめできそうというイメージでご用意した次第です。

 

LINEで送る