Hackney Union Workhouse.

180214x

Hackney Union Workhouse の新作が届いています。
ジャケット、ベスト、ベスト、プルオーバーシャツ、計4型、今シーズン分すべてとなります。

 

180214w

Fuzz ではこの冬、ブランドを象徴するコートから展開をスタートした同ブランドですが、2シーズン目、もう少し踏み込んでいきたいと思います。

面白い、、格好いい、、
デザイナーさんの確固たる信念とテンションでつくられたウェアたちは、このシーズンも、非常に 『いい』 です。いろいろ凝っていて、なんやかやと説明するべきポイントはたくさんありますが、長い説明より、『いい!』 で終わらせても大丈夫なくらい、商品そのものに説得力があります。
この筋の服好きたちには、やはりたまらないものになっているのではないかと思います。

 

180214e

ラウンドカラーで、台襟がガチッとあるカバーオールタイプのジャケット。1889年のヴィンテージの服をソースにつくられています。

軽めのブラックコットンデニムが使われていますが、雰囲気的には軽さを感じず、ただ者ならぬたたずまいとなっています。

 

180214c

180214f

180214b

Hackney Union Workhouse – Shred Jacket
col : Black
size : S / M
price : 42,000 (+tax)

 

180214k

同じ生地のウェストコート。
しっかり裏地が貼られ、やはりトータルで重厚感を感じる出来栄えです。

大きな特徴となっているのは、肩の傾斜が強く、後襟が立ち上がるようなフォルムでつくられていることでしょう。首筋を覆うように、後襟がグッと高くなっています。

 

180214j

180214g

180214h

Hackney Union Workhouse – Tuareg Waistcoat
col : Black
size : S / M
price : 28,000 (+tax)

 

180214l

こちらは黒のリネン。スタンドカラーでサイドベンツ、しっかり長い着丈があり、どちらかというとインに着るウエストコートではなく、アウターとして、スリーブレスのジャケットといったイメージでしょうか。

長めの着丈がすとんと落ちて、スマートな印象です。
かつて、インドで暮らすイギリス人が着ていた伝統的な夏のガーメントをイメージしてつくられたとのことです。

 

180214m

180214n

180214o

Hackney Union Workhouse – Club Waistcoat
col : Black
size : S / M
price : 34,000 (+tax)

 

180214v

こちらはちょっとユニークな襟まわりが特徴の、ゆったりしたプルオーバーのシャツです。
シャンブレーのような、薄くてやわらかなブラックのデニム地が使われ、やはり独特の雰囲気です。

襟裏のストライプ柄がアクセントとなり、アレンジ次第で何通りかの見せ方ができると思います。

 

180214s

180214t

180214r

180214u

Hackney Union Workhouse – Capote Top
col : Black
size : S / M
price : 24,000 (+tax)

 

LINEで送る