Universal Works.

180215q

Universal Works の新作ジャケットも届きました。
3型いずれもコットン素材でのミドルウエイトの一重(ひとえ)ジャケットですので、時期を選ばず、好きなように着ていただけます。

 

180215b

まずは今季新型となります、ジャングルファティーグ型ジャケット。
ディテールを忠実に再現ということではなく、全般オリジナルのバランスで仕上げています。

 

180215c

一番の魅力はやはりファブリックの好さではないかと思います。
デニムでバーズアイということで、清涼感があり、とても新鮮に感じました。

 

180215d

Universal Works の他のモデルと比べて、ややゆったりなシルエットで仕上げていますので、少々ゆるく感じるくらいで着る設定となっています。
シャツの上から、Tシャツの上から、気軽に羽織れて、ボトムも選ばず、色合い的にもなんでも来いな感じのするユーティリティの高いジャケットではないでしょうか。
外4つ、内1つの豊富なポケットも実用的に嬉しいポイントだと思います。

 

180215e

Universal Works – Fatigue Overshirt
col : Indigo
size : XS / S / M
price : 27,000 (+tax)

 

180215h

つづいては定番型の Zip Uniform Shirt は、ショートジャケット。
毎シーズン展開される定番素材となるミディアムウエイトのコットンツイルによるベーシックな一着です。

 

180215k

どことなくラフに、無造作につくられている感があり、それこそワークウェアな風情を感じさせるのが、この定番ラインの特徴でしょう。
イージーに羽織えて、丸洗いができて、というデイリーに着まわすタイプのコットンジャケットです。

 

180215i

最近、デイビッド本人もよく自分の着ている服にバッヂを付けていますが、このモデルには急にバッヂが付いていました。もちろん取り外せます。

 

180215j

外してみると、バッヂ受けのようなものが備えられています。針を生地に直接刺さずにバッヂが付けられますよということでしょうか。

 

180215g

Universal Works – Zip Uniform Shirt
col : Navy
size : XS / S / M
price : 23,000 (+tax)

 

180215o

こちらも同じ定番ライン、同じく定番型の定番生地で襟なしのジャケットです。
昨秋冬も同モデル、同生地でネイビーで展開していましたので、別色で再登場ということになります。

 

180215m

襟なしのVカーディガンのようなジャケットで、インでもアウトでもという、これも実用性が高いジャケットです。

前回入荷時には、
『ポケットが多いのはアウターとして便利、襟が無いのはインナーとして便利。カーディガンやベストのような中間着的ニュアンスも有り、、』
と書いていたようでした。
今回もそうだと思います。

 

180215l

180215n

Universal Works – Cabin Jacket
col : Olive
size : XS / S / M
price : 22,000 (+tax)

 

春というのは急に来るものだと分かっているのですが、毎年この時期は焦ります。
急に一段階暖かくなって、どかっと新作入荷があって、お客さんたちがブンブン腕をまわしはじめて、、

いよいよ一年で最も忙しい時期に入ったようなので、なるべく落ち着いて、頑張っていきたいと思います。

 

LINEで送る