Yarmo – Jackets.

180302q

今シーズンも Yarmo のワークジャケット勢が届いております。
今回は毎期恒例となっている Drivers Jacket に加え、後発モデルとなる Railway Jacket を加えて入荷しました。

 

180302r

今季の生地はベーシックなコットンツイルとジャーマンストライプ。ツイルの方はいわゆる “フレンチブルー” というようなヨーロピアンワークのインクブルーが目を惹きます。中厚からやや軽めといった普通のコットン生地ですので、時期を選ばず広い期間で活用できる生地となっています。
ジャーマンストライプは、その名の通り昔からドイツのワークウェアで見られる生地で、こちらもヨーロピアン・ワークの薫りが横溢しています。もしかしたら古着で見たことがあるという人もいるかもしれません。

 

180302c

Railway Jacket は襟なしの丸襟ジャケットです。ややつまり気味で狭めのネックになっていて好い感じです。

 

180302b

180302a

ネックもそうですが、ポケットの付き方も独特で、ワークなテイストがしっかりありながらも、なかなか独自の雰囲気をもっているように思えます。新鮮なコーディネイトができそうだという印象を受けました。

 

180302d

Yarmo – Railway Jacket
col : Navy
size : 38 / 40
price : 22,000 (+tax)

 

180302e

ジャーマンストライプのドライバーズジャケット。いままでほとんど単色のものしか出てきていなかったと思うので、こちらも新鮮です。

 

180302f

生地はかなり詰まっているのか、ごわごわで硬めです。
このストライプでこの質感ということで、やはりヨーロッパのワークの薫りを強く感じさせるものとなっています。ただ、ワークテイストではありますが、土臭くなく、不思議と上品な雰囲気であることがヨーロピアン・ワークの大きな魅力になっていると思います。

 

180302h

180302g

Yarmo – Driver’s Jacket *German Stripe
col : Navy Stripe
size : 38 / 40 / 42
price : 20,000 (+tax)

 

180302j

標準生地のドライバーズジャケットも健在です。
生産ラインの違いで起こったのか、どういうわけかベージュの方のみ、いつもより少し肩が小さく上がってきていますのでご注意ください。

 

180302p

180302i

180302m

Yarmo – Driver’s Jacket *Cotton Twill
col : Beige / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 18,000 (+tax)

 

Fuzz では 『ワーク』 と言えば、イギリスとフランスを中心とするヨーロッパです。やはり日常着という気楽なカジュアルを考えた時に 『ワークウェア』 というキーワードは避けて通れないように思いますが、これを、主流派といえるアメカジのゾーンではなく、ヨーロピアンワークのみで構成していこうというのが,我々の長年にわたる取り組みです。

ブリティッシュ・ワーク、フレンチ・ワーク、、こう書いているだけで、何やらものものしさを感じるような気がしないでもありませんが、いずれにしても型にはまらず、自由に遊ぶことが大事だと思います。気構えずにどしどし取り入れていきましょう!

LINEで送る