New Arrivals.

180311e

ARMEN の定番コートが届きました。
春と秋と、ここ数シーズン継続していますのでおなじみなってきたかと思います。

 

180311b

シンプルなデザインでワークコートのスタイルをとったコットンのハーフコート。
春は薄手のコットンポプリン、秋は厚手のコットンドリルが定番となっていて、いずれも製品染めによる染色ということも大きな特徴となっています。

 

160306e

180311d

コートのスタイルとしてはクラッシックですが、雰囲気として非常にカジュアルです。
ワークだからこそ気さくに羽織れ、でもゴテゴテしたワークではなく、きれいなバランスで着れるステンカラーのコートであることが、このコートの一番のいいところで、所有していれば実際によく着ることになるタイプのデイリーアイテムになるのはないでしょうか。

 

160306f

180311a

何かの分かりやすいスタイルをとったコートでもなく、ディテールを積み上げているわけでもなく、目につく大きな特徴はないけれど、さほど考えずにサッと羽織れるコートである、ということが主な任務になるような気がします。

 

180311f

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Beige / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 29,000 (+tax)

 

180312e

こちらもフランスのワーク、我らが定番、Le Laboureur のフレンチ・ワークジャケットです。
今シーズンは定番のモールスキンのネイビー、ブラック、コットンドリルのネイビー、というラインナップとなります。

 

180312b

こちらコットン100%のコットンドリルは初登場。以前ポリエステル混紡の軽い生地がありましたが、その時とはまた別の生地となります。

 

180312a

ドリルというのは、綾目がしっかり出るツイル生地の一つということで、要するに普通の生地です。古着でもよく見かけるクラシックなワークウェアの生地となりますので、特筆することもないといえばないです。色合いもザ・フレンチワークの青味がかったネイビーで、モノとしてまったくのど真ん中、そのものです。

生地としては普通のウエイト感ですが、モールスキンよりは一段軽く、経年変化もまた違った感じになります。

 

180312c

Le Laboureur – Work Jacket *Cotton Drill
col : Navy
size : 0 / 1 / 2
price : 17,800 (+tax)

 

 

 

 

180312d

 

こちらは定番的に揃えているモールスキン、ブラック&ネイビーです。
モールスキンの生地にも何種類かあるのですが、やはりコットン100%がいいかなと思い、今回も綿100モールスキンとなっております。

 

161105e

着こんで着こんで、かなり経ってから着やすくなってきて、その頃になって着方もマイ・オリジナルが出来上がるのではないか、というようなジャケットです。

リアルなワークウェアですので、これそのものが格好いいというアイテムではありません。どう着るか、という部分を楽しむようなジャケットですので、しっかり楽しんでいただくのが一番だと思います。
リアルな分、羽織れば勝手に強めのニュアンスが出てきますので、そこを無造作に、あるいは積極的に、活用しつつ自分のスタイルで楽しむのがいいと思います。実は着てみると意外と難しくないということが分かっていただけるはずです。

 

161105b

161105d

161105a

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)

 

春が来すぎたと思ったら、寒が戻りすぎて、なんなんだという今日この頃ですね。
ですがいよいよ花見シーズンが間近であることは間違いないようで、なんとなく気分は浮かれます。
桜が咲いて、春、という気分ですが、それまでの、春を待ちわびる寒いけど冬でもないような期間が長くて、それがやっと終わるという嬉しさが大きいような気がしますなぁ。

 

LINEで送る