New Arrivals.

180416a

arbre より、リネンのブルゾンが入荷しました。
ここ数シーズン続く春夏の定番ジャケットです。

 

180416b

ドッグイヤーカラーでショート丈、いわゆるハリントンジャケット型。薄手のリネン生地にすると、また趣が異なって、微妙にニュアンスが違ってくるような気がします。
どちらかというと、カチッと、パリッとしている印象のジャケットですが、リネンになるとやや脱力していい感じになるかなと。少しくらい大きめのサイズでたらっと着るのも無しではなくなるし、よりラフな使い方がしやすくなるような気がします。

 

180416g

昨年も大好評でした。今年、変更点と言えば、ズバリ、生地とプライスです。デザインやサイズ感などは何も変えていないということで、印象としてもほとんど変わらないと思います。
生地ですが、リネン地であることに変わりはありませんが、昨年よりわずかに肉厚になり、質感も多少異なります。

 

180416c

180416f

180416e

昨シーズンの動向ですが、春から夏にかけて、意外と広い期間にわたって使うことになるようです。暑くなればなるほど、冷房は強烈になりますから、外出の際につい連れて行ってしまうということもお聞きしました。

 

180416h

arbre – Dog Ear Linen Blouson
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 22,000 (+tax)

 

180406o

覚えている人もいるでしょう、久しぶりに Fat Moose のジャケットが入荷しました。
こちらはレインウェアとしてのフードジャケットになります。

 

180406j

180406b

数年前、中綿のヘヴィーアウターをセレクトしましたが、それ以来、2度目の登場です。
デンマークのアウトドア系のファッションブランドで、機能を備えたアーバンアウトドアなプロダクトを展開しています。

今回、かなりレインウェアとして意識高い系のジャケット、いや、ファッションアイテムとして意識が高いレインウェアと言った方がいいのか、どちらにしても、かなりしっかり撥水性を意識したものとなっています。

 

180406n

180406i

180406g

180406f

180406h

180406d

180406e

生地はウォータープルーフ、3000という表示は撥水性の高さを示していて、タウンユースとしては充分な数値ということ。ラバーなどではないので完全防水の生地ではなく、しっかりストレッチが利いています。
また、シームやジップも止水仕様となり、ベンチレーションにも気を遣っていて、機能性に配慮していることがうかがえます。

 

180406q

しばらくは雨の多い季節となりますので、こういった需要もあるのではないかと思います。
ギアとかツール的な意味合いがあるアイテム選びというのは、ファッションオンリーの選別とはまたひとつ違った楽しみがあり、買いものとしても別感覚なのが面白いです。

 

180406p

Fat Moose – Fat Rain
col : Grey / Green*Navy
size : S / M
price : 14,800 (+tax)

 

LINEで送る