New Arrivals.

180423d

今年も届きました、Glacon のポロシャツです。
例年、春夏シーズンの定番アイテムとして展開を続けていますが、今年は生地違いになりますので、ご注意ください。

 

180423e

いつもの鹿の子生地ではなく、ハイグレード版として今シーズンからラインナップされたストレッチ鹿の子となります。定番として使われている生地よりも目の細かい鹿の子編みとなり、よりタッチに繊細さを感じ、ややきれいめ指向の雰囲気かもしれません。
定番素材も選べたのですが、定番のプライスアップがありましたので、どうせならさらにいい方をやってしまおうと考えました。

 

180423b

Glacon のポロシャツはただのポロシャツではありません。要素として、半分くらいがシャツであるといっていいと思います。考えようによっては、プルオーバーのシャツに鹿の子生地を使って、ポロシャツのようにサイジングした、という言い方もあながち間違いではないように思います。

 

180423a

目を惹くラウンドカラーを筆頭に、台襟があるということ、袖がポロシャツにしては長く、袖口をやや絞っている、という大きな特徴があります。
一般的なポロシャツは、テニスウェアをルーツとするスポーツ系のアイテムであることも関係し、襟がぺったりと平面的であることが特徴ですから、アイテムとしての基本的な部分で違いがあるのです。

 

180423c

Glacon – Round Collar Polo Shirt
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 17,000 (+tax)

 

180424b

こちらも継続展開となります、Fileuse d’Arvor の半袖ニットTシャツ。
がちっと襟の詰まったボートネックが特徴で、本格的な French Marine の風を感じます。

 

170415e

170415f

ニット地ならではのエレガントさと、詰まり襟のボートネックのクラシック感、ということでしょう。
奇抜なわけでもなく、落ち着いた雰囲気ですが、ただものではない感じはそれなりに強く感じさせます。

 

180424a

Fileuse d’Arvor – Coton Knit Boat Neck Short Slv.
col : Navy
size : S / M / L
price : 11,000 (+tax)

 

170512a

SAINT JAMES の半袖ウェッソン。昨年の好評を受けて、こちらも継続です。

『デザインはおとなしくとも、Tシャツに比べてやや存在感が強いような気がするバスクシャツ。
ゴワゴワした生地感がウェッソンならではの独特の魅力であり、これでないと出ない雰囲気というものがあるように思います』
と去年のブログに書いてありましたが、今年もまったくその通りだと思います。

 

170512c

170512d

半袖とは言っても、SAINT JAMES の半袖は、微妙に長めです。

 

170512b

SAINT JAMES – OUESSANT Short Siv.
col : Navy / Noir
size : T3 / T4 / T5
price : 8,500 (+tax)

 

170416b

最後は Moulin Neuf の2枚組パックTシャツ。
こちらも定番で継続でフランスもの。2枚組が4種類、デザイン、プライス等変更なしです。

Moulin Neuf はフランスのカットソー専門メーカーで、いわゆるフランスらしいフライス時のTシャツを得意としています。フライス生地とは、もう一つTシャツでよく使われる天竺編みの生地と比べて、伸縮性が高く、身体にフィットさせて着ても動きやすいことが特徴です。

 

160420b

160420a

160420d

170416a

Moulin Neuf – 2 Pack Tee
col : Pin Border Pack / Marine Border Pack / Basic Pack / Tricolor Pack
size : S / M / L
price : 7,400 (+tax)

 

ということで、今日はおれたちの定番ばかり、さらにフランス攻めになりました。
デザインものでなく、クラシックであったり定番的なアイテムは、なるべく説得力があったり、なんとなくでもいいので独特の薫りがあったりというものを選びたいですね。

 

LINEで送る