New Arrivals.

180513f

D.C. White のトロピカルウールのショーツが入荷しました。
定番のトラウザーのショーツ版と言っていいでしょう。きわめてシンプルな、コンパクトタイプの細身ショーツとなります。

 

180513b

180513d

180513e

180513c

裾がダブルで始末されている以外に、特に語るべきポイントはないように思います。
バミューダショーツをドレスの生地できれいにつくりましたというもので、いろいろと着まわしていただければと思います。

サイズ感などは定番のトラウザーとまったく同じですので、既にトラウザーのユーザーにはよりなじみやすいでしょう。
きちっとコンパクトですので、ショーツはサイズを上げようかな、という人も出てくるかもしれないと思いました。

 

180513g

D. C. White – Tropical Wool Shorts
col : Dk.Grey
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 14,000 (+tax)

 

180518l

初登場となります、KIFFE というブランドのパンツが入荷しています。
ちょっと変わったハーフパンツ、きわめてシンプルな千鳥のパンツ、2型をセレクトしました。

 

180518h

● KIFFE
1875年、ニューヨークのブルックリンにおいて、当時スポーツ選手だったHERMAN H. KIFFE 氏によってスポーツ用品として事業をスタートしたことが起源となります。
その後、ミリタリーサープラスの卸業や、ミリタリーウェアのメーカーとして変遷し、1980年代にブランドとしては終了することになりますが、2007年に再スタートをすることになりました。現行では、日本の商社によるライセンススタイルでの製品企画による展開となっています。

 

180518m

入り組んだ歴史を持つアメリカのブランドですが、要するに、一度停止してしまったブランドに日本のインポートアパレルの商社さんが目をつけて再生したというようなことみたいです。
実質はライセンスというかたちをとって、日本の商社がブランドのアーカイブなどをうまく利用しながら製品企画をしているということで、ミリタリーウェアを得意としていたという背景が現行製品にも強く影響されているようです。今回の2型はミリタリー色は無いですが・・・。

 

180518j

まずはハウンドトゥース、千鳥柄のコットントラウザー。
これはみなさんのクールビズにいいんじゃないかな、と思ってとってきました。

 

180518f

細身スリム型で、ストレッチ生地、丈感はやや短め、余計なディテールもなくシンプルにつくりましたというもので、クラシックな柄と相まって、使い方を穿く人に任せられている感じがします。

 

180518i

180518g

KIFFE – Houndstooth Pants
col : Black
size : 30 / 32
price : 13,000 (+tax)

 

180518a

こちらは少し変わっていて、ミドルパンツと名付けられたハーフ丈のパンツです。
意味合いとしては、ショートパンツ、ロングパンツがあっての、ミドルパンツ、ということが言いたいのだと思います。つまり、別ジャンルとしてミドルパンツですよという意味ではないでしょうか。

 

180518b

ちょっと長いショーツはずっと探していて、ちょうどこれは!と思ったプロダクトです。
色味も含めて生地がすごくよかったので、ブランドはよく分からないけど、これやります、となりました。

 

180518d

よく見るとミニヘリンボーンで、スミクロのような抜けたブラックに薄っすらと光沢感があります。薄地で軽くて、しかも CoolMax ということなので、なかなか完璧だな、と思いました。

スタイリングはやや難儀するかもしれませんが、実はかなり面白いパンツではないかと思っています。

 

180518c

KIFFE – Middle Pants
col : Black
size : 30 / 32
price : 12,000 (+tax)

 

LINEで送る