suolo – Crop Middle.

180705

久しぶりの入荷となりました、suolo のクロップ・ミドル。
定番のグレージュ、ブリック、ブラック、3色が入荷してきました!

 

180705d

コットンキャンバスとレザーのパーツという天然素材ということで、ナイロンやPUのハイテク系バッグとは趣が異なります。

やはり忘れてはいけない天然素材。使い勝手を追求するハイテクバッグもいいですが、あるタイミングでカウンター的にコットンのキャンバスバッグが使いたくなるのは自然なことのように思います。
どちらの良さもありますので、行ったり来たり、両方使うことで、よりそれぞれの魅力も感じられるのではないでしょうか。

 

180705c

ブランドの定番としてロングセラーのモデルとなっているクロップの魅力は、グリップして使える、レザーパーツによって口を絞ることで、かたちを変えて使える、といった、自分なりの使い方をいろいろと試せる懐の深さではないかと思います。

 

180705b

ガチッとグリップして手提げバッグというスタイルは、やはり男っぽさがあり、口を狭めて台形型にすれば、女性っぽい印象にもなります。
肩掛けとしてなら、斜め掛けでもいい感じですし、ベルトを短めに調節してトートバッグのように片方の肩に掛けて使うのもバランスがよろしいです。

 

 

151216j

生地は、中厚、ミドルウエイトの9号帆布に表面パラフィン加工が施されています。基本的には撥水のための後加工で、はじめパリパリした質感ですが、使い始めるとすぐにやわらかくなってきます。

頑丈さを求めると、単純にキャンバス生地を厚いものにしなくてはならず、するとバッグそのものが重くなってしまいます。9号キャンバスは厚からず、薄からずで、タウンユースバッグとしての必要充分と言えるようなウエイトで、厚地のゴリゴリした雰囲気のキャンバスバッグとは違い、スマートな着合わせにもすんなりと溶けこみます。

パラフィンでの撥水性能はさほど高くなく、どちらかというと独特の質感にするための後加工なのでしょう。やわらかくなってきたころにはパラフィンも効き目が終了していると認識してください。

 

151216i

コットンキャンバスならではの気安い雰囲気はしっかりありつつ、定番的なL.L.ビーンをルーツとするようなキャンバストートとは別の、オリジナルな切り口でデザインされているのが suolo のクロップというバッグです。

スタイル層や年齢層、はたまたメンズ・レディースさえも問わず、みなさんにおすすめですので、是非チェックしてみてください。

 

180705e

suolo – Crop Middle
col : Greige / Brick / Black
size : 14,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

先日、22日(日)が短縮営業とお知らせさせていただきましたが、諸事情が重なってしまい、臨時休業とさせていただきます。
大変恐縮ですが、宜しくお願いいたします。

7月22日(日) 臨時休業

 

LINEで送る