TUFFA.

180803a

初登場、TUFFA のレザークロッグをご紹介します。
謎のブランド感、飛び道具感、充分に備えており、妙なワクワク感を堪能していただけるのではないでしょうか。

● TUFFA
1997年イギリス・ノーフォークにおいて Michelle Girling が創業。主なユーザーは、ジョッキー、調教師、獣医などの乗馬関係者です。
独自のデザインで着脱しやすい仕様であり、 プロフェッショナルな道具として愛用されています。

 

180803d

こちらは乗馬界隈のリアルなワークシューズをつくっているイギリスのメーカーで、実用靴そのものと言っていいプロダクトとなります。
高級感とか存在感ということよりは、使いやすさ、買いやすさ、といった部分が優先され、正面から 『おしゃれですね』 と言って欲しくてつくられるものではありません。
つまり、道具です。

 

180803m

イギリスのものなのでクロッグというくくりになるでしょう、つまりはサンダルのつくりです。
なにぶん作業用の道具なので底付けはセメントですが、しっかりレザーが使われ、アウトソールは実用重視のラバーでグリップのしっかりしたものが付けられています。

 

180803c

180803h

180803g

180803k

かかとをホールドできるつくりになっていますので、機動力を要する時にも対応できます。フックの付根にゴムが入っているので、しっかり固定してくれます。

 

180803n

180803l

180803b

インソールもレザーですので、今のような暑い時期も素足で履けると思いますし、特にどの季節ということでもなく、オールシーズン使えるシューズです。
サンダルなので、夏!と誤解される恐れもありそうなので、『秋冬にもいけるサンダル』 という部分は強調したいと思います。

 

180803f

TUFFA – CARLOW
col : Brown
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 21,000 (+tax)

 

どうにも放っておけなくて発注し、僕自身も購入してしまいました。なんとなく、やりそうだなと思わせる魅力があると思うのですが、僕だけでしょうか??
結果的に 『使えるアイテム』 になるような気がしてしかたないのですが、みなさんの判断はいかに。

 

LINEで送る