New Arrivals.

180906h

HARROW TOWN STORES のスウェットが入荷しました。
ベーシックなタイプではなく、“ニュアンス” のあるスウェットです。

 

180906a

裏パイルのふんわりしたスウェット生地は、柔らかく、厚みもそれなりにあります。
さらに製品染めによる染色ということもあり、絶妙な色合いと独特の質感になっていて、ひと目見て、普通ではない気配を感じます。

 

180906e

180906b

ややゆったりしたシルエットになっていて、肩をドロップして着ることになります。
オーバー気味に着ることにはなるのですが、90s的、ストリート的なゆるいスウェットとは別ものになっているのはさすがで、こういった独自のニュアンスを出せるのがこのブランドの大きな魅力です。

 

180906f

180906d

イギリスのワークウェアの工場を使うことをコンセプトにしていたブランドですが、数年前にブランドのリニューアルがあり、現在ではファッションブランドとしての姿勢を強く打ち出しています。生産地もイギリスに限定せず、このスウェットに関しても日本で縫われ、染色されています。

 

180906g

HARROW TOWN STORES – Sweat
col : KangarooCinnamon
size : 44 / 46
price : 15,000 (+tax)

 

180907j

Charpentier de Vaisseau からは、メリノウールのクルーネックニットが届きました。
“ニュアンスのある服” という観点では、 シャルパンティエも負けてないと思います。

 

180907i

ベーシックな薄手のハイゲージニットは、老若男女問わず、定番的なアイテムであると言えるでしょう。実はシャルパンティエは根本的にこういうシンプルなベーシックアイテムを好み、得意としています。

 

180907g

メリノウールのハイゲージニットは肌触りが素晴らしく、見え方もきわめて上品であることが一番の特徴です。

 

180907f

薄いカットソーのインナーを着て、さらりときれいに着るのが気分でしょうか。
もちろん、襟つきのシャツの上から着てもよし、その上からジャケットを羽織ってもよし。

シルエットはミディアムフィットで、特別に変化をつけたところもなく、潔い一着であると言っていいでしょう。

 

180907e

180907a

それでも詰まり気味のネックやあまり絞りを利かせないウエストといった、ブランドなりの特徴というものはあり、それがそのままなんとなくのニュアンスになって雰囲気として現れます。
そんなニュアンスをいったん感じ取ってしまうと、シャルパンティエの不思議な魅力に徐々に引き込まれていくことになるのだと思います。

 

180907c

Charpentier de Vaisseau – Crew Neck Knit
col : Grey / Navy / Black
size : 2
price : 15,000 (+tax)

 

LINEで送る