Information.

10月1日(月)より、移転のための休業に入らせていただきます。

営業再開の日取りにつきましては、現段階では未定とさせていただき、引越作業を進めるなかで、目処がついた時点でお伝えさせていただきます。

■期間中の通信販売について
できるだけ通常通りに対応させていただこうと思っていますが、外出や回線工事などで対応が遅れてしまうこともあるかと思います。念のため、注文時の翌日の日付指定などは避けていただけますと幸いです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – –

■新店舗の住所
〒160-0022
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
Tel 03-6273-1172

新しい店舗は、丸の内線の新宿御苑前駅の真上のような位置です。
新宿駅から徒歩で約15分、新宿三丁目駅から約6分、新宿御苑前駅からは約1分、FENEST からは5分もかからない、というような立地です。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

というわけで、本日2018年9月30日、西新宿の地下の店舗は終了となりました。
新宿エリアにいくつかある 『なんだかわからない一帯』 の一つ、西新宿7丁目という地区に足を運んでいただいたすべてのお客様に、心からありがとうございましたと伝えたいです。

今の店舗の一本奥の路地沿いの古いビルの2階、5坪の場所で創業し、その2年後に現店舗に移って、それから14年と数ヶ月が経ちました。
僕と小底の2人で、まったく同じ額のお金を出し合って Fuzz をスタートしたのが16年前。本当に右も左も分からない、20代前半の生意気な若造でしたが、運よく素晴らしい出会いに恵まれて、今のような規模になりました。創立当時はまだ 『裏原宿』 というエリアが健在で、我々としてはこの西新宿7丁目一帯が、『裏新宿』 と呼ばれ、同じような感じのお洒落スポットになることを夢見ていたことを思い出します。

結果的にそうはならなかったですが、この場所で若者からおじさんに変化を遂げるのに充分な時間を過ごしたことで、やはり愛着というものは知らずに自分のなかに育っていたということが、ここを去る今になって分かります。毎日毎日、あの薄暗く狭い階段を下りて一日が始まり、窓の無い地下で一日を過ごすという日々を数十年繰り返したのですから。
もがき続けたこの十数年の(今もですが)、自分なりの歴史に自然と思いが至ってしまい、どうしても感傷的な気分になり、僕にとっては小さからぬ転機であるように思えてなりません。
いやはや、新しい店舗への期待もさることながら、同じかそれ以上の寂しさを感じます。

 

さて、明日から実質的な引越作業に入ります。7月にこの物件と出会って、契約までの交渉やら内装工事の打ち合わせやら、オーダーメイドの什器をつくるのにどうのこうのしたり、なんやかんやと忙しい毎日で、ここまであっという間でしたが、ようやく最後の仕上げという段階です。
展示会シーズンと新作入荷のトップシーズンにも徐々に重なってきて、もはや記憶が飛んでしまっている期間もありつつ今に至りますが、、あと少し。
実際、感傷に浸っている暇などなし、今度は希望を胸に、あとひと踏ん張りです。

新しい店舗は、新宿通り沿いの、やはりやや古いビルです。宇宙一便利な路線として知られる丸ノ内線の、新宿御苑前駅のちょうど真上に位置する建物で、新宿から歩いても歩けますが、地下鉄に乗ってしまえば、3分か4分で着いて、3番出口を出たら徒歩数十秒です。そういう意味では、とても雨に強い店舗になるとも言えるでしょう。
丸ノ内線は古い路線なので地下でも浅いですし、本数も多いので、とても使いやすいのです。

まだまだ揃ってないものがあって、買い物を頑張らなくてはなりませんし、引越のためのパッキング作業など、やることは山積みです。
実際に荷物と僕が動くのが水曜日、翌木曜日には回線工事が行われ、それから荷解きをして売り場をレイアウトして、、という流れです。作業の進行具合で、いつごろにオープンできそうだな、ということが分かりしだい、営業再開の日程はすぐにお伝えします。

ということで、長くなり、話が散らばっているかもしれませんが、そういう感じでございます。
また時間が許せば途中経過などお伝えできたらと思います。

最後に、新しい店舗も宜しくお願いします、ということで終わります。
今後とも宜しくお願いいたします。

松崎

 

LINEで送る