Francis Campelli – Soutien Collar Coat.

181101l

久しぶりの登場です、Francis Campelli のステンカラーコートが入荷しました。

● Francis Campelli
ゴム引きコートで名高いスコットランドの老舗名門ブランド Mackintosh 社のライセンスを有するアイルランドの Mackintosh Rainwear Ltd. の手によるブランドです。
伝統的なゴム引きコートのニュアンスを引き継ぎながら、実際にはゴムを使わないオリジナルのファブリック(Double Texture Cotton)を開発し、トラディショナルなコートに限定してラインナップしています。

カンペリのコートは、『洗えるマッキントッシュ』 として世に登場し、今やそれなりの年月を積み重ね、クラシックアイテムの仲間入りを果たしているようにも思えます。

 

181101k

アフターケアの方で何かと問題があった本家マッキントッシュのゴム引きコートを、現代的な新しいファブリックで、ということで展開されています。

本国では Mackintosh を名乗ることを正式に認められているのですが、ここ日本では力の強い代理店さんがいらっしゃるので、Francis Campelli のラベルで展開されることが多いです。オーダーの際に頼めば Mackintosh のラベルでつくってくれるという正当な系譜であります。

 

181101i

オリジナルで開発した三層ボンディングの生地は、撥水コートしたコットン地の間に透湿性能と防水性能を兼ね備えたウレタン素材の生地を挟み込んでいるということで、ドライクリーニングや水洗いを可能にしています。(でもやはり水洗いはおすすめしませんが)

質感としてはゴム引きコートとまったく同じとはいきませんが、しっかり腰のある感じはきちんとマッキントッシュを彷彿とさせますし、見ただけで遮風性も間違いないと思わせてくれます。

 

181101g

今回、久しぶりに手が伸びたのは、ラグラン袖で着丈の長いこのモデルが目にとまったからです。これまでのオファーは全てセットインだったのですが、初めてラグランのサンプルを見ることができて、ひと目で惚れてしまいました。
よりクラシックでトラディショナルな雰囲気で、たたずまいとしてラグランの方が今は格好よく感じます。

カジュアルユースはもちろん、スーツの上から羽織るフォーマルなコートとしてもしっかり通用します。とすれば当然、日々のビジネスユースとして考えるのも大いにおすすめで、その点もセレクトにあたっての大きなポイントでした。

 

181101f

181101c

181101h

181101e

181101d

181101b

181101j

181101a

いわゆる 『ブリティッシュ・トラッド』 ということも言いたくなりますが、硬派な英国トラッドというイメージより、もう少し透明感があってスマートな印象を持つのは僕だけではないと思います。
重厚すぎず、ゴリゴリしていなくて、非常にとっつきやすいコートであることも大きな魅力ではないかと思います。

Francis Campelli – Soutien Collar Coat
col : Tan
size : XS / S / M
price : 84,000 (+tax)

 

SOUTIENCOL の Slip On コートとの比較対象になる強力なコートかと思います。ニュアンスはかなり違いがありますので、どちらが好きというのはさほど迷うことなく、自然と分かれるとは思います。

さて、 Slip On ですが、少し前から多くのお問い合わせをいただくようになりました。現段階で、生産が遅れているようでまだお店の方には届いていない状況です。
おそらく、もうすぐ届くとは思います。

 

LINEで送る