Hackney Union Workhouse.

 

181106a

Hackney Union Workhouse の新作ジャケットが入荷しました。
今回も個性溢れる魅力的なプロダクトが届いております。

 

181106o

Throw Shirt は、ラップフロントとでも言ったらいいでしょうか、特徴的なディテールを備えるウールツイードのジャケットです。
奇をてらったようなデザインに見えますが、着るときちんとバランスよく、そしてもちろん格好いいのがさすがです。

 

181106n

181106p 181106b

181106m

181106k

181106l

一重(ひとえ)なので 『Shirt』 とネーミングされ、シャツジャケットという態になっていますが、生地はしっかりしたウールツイードとなっています。ウールなので軽いは軽いですが。

肩を落としたボックスシルエットで、極端なオーバーサイズではなく、ゆるっとした感じがあるというバランスに留まります。

重厚でいながら不思議な雰囲気がありつつ、はじめ格好いいのか分からないけど、着てみるとなんともいえない格好よさに驚く、というのがこのブランドの真骨頂ではないでしょうか。

 

181106h

181106i

Hackney Union Workhouse – Throw Shirt
col : Charcoal
size : S / M
price : 39,000 (+tax)

 

181106d

Moor Gilet はツイードのベストジャケット。
素材は前述の Throw Shirt と同じウールツイードで、こちらはコットンの裏地が貼ってあります。

Workhouse のベストに共通するのは、どことなくヴィンテージの薫りがして、なんとなく重たさがあるということでしょう。
はじめからインナーで着ることを想定されたベストではなく、その素材づかいやデザインから、アウターでもしっかり着れるベストとして考えられているような気がします。
アウトドアスタイルのベストでは珍しくないでしょうが、こういったトラディショナルなデザインをベースにしながらのこのバランスは実は珍しいのではないでしょうか。

 

181106e

181106c

重たい軍パンや、太いコーデュロイパンツなどともよく合いそうです。
強い雰囲気があって、クセも強いはずですが、気合わせはしやすいのではないかと思います。

 

181106f

Hackney Union Workhouse – Moor Gilet
col : Charcoal
size : S / M / L
price : 28,000 (+tax)

 

独特の世界観、存在感をもち、服の格好よさが他では真似できない類いのものであるということが、Hackney Union Workhouse の魅力でしょう。
昨年好評だった Fisherman Coat も入荷しますので、後日ご紹介します。

LINEで送る