Hackney Union Workhouse.

190315v

Hackney Union Workhouse の新作ジャケット、ベスト、届きました。

もう一型ジャケットをオーダーしていたのですが、残念ながらボツになってしまい、今季分はこの3型で全てとなります。

ブランドの今季のシーズンテーマがゴッホということで、その名にちなんだり、本人が着てそうだったり、というコレクションということです。
僕自身はコレクションのテーマにはあまり関心はなく、個々のプロダクトを判断してピックアップしてくるので多くを語れないのですが、それぞれがなんとなくゴッホが着そうだな、似合いそうだな、というのは感じています。

 

190315e

今季新型、スタンドカラーのコットンジャケット。
新しいタイプのオーバーサイズシルエットと言えるかもしれません。

 

190315f

190315d

広めの襟、落ちる肩、ゆったりした身幅、着丈はしっかり。全体的にゆるく、大ぶりなサイジングになっているのが大きな特徴ですが、現行トレンド的なシルエットとはやはりニュアンスが異なり、あくまで Workhouse らしいオールドスタイルでの緩いシルエットです。

 

190315c

生地はしっかりしたコットンツイルで、実はかなり高価なファブリックです。どこがどうというのではないですが、実に味わいがあります。

 

190315g

190315a

デザイン、シルエット、質感、どこをとっても独特で、ブランドのオリジナリティを感じさせてくれます。

 

190315b

Hackney Union Workhouse – Arles Jacket
col : Dk.Navy
size : S / M
price : 49,000 (+tax)

 

190315n

同じ素材で、ベストです。
こちらもややゆるめにつくられており、これ単体でしっかりジャケットとして絵になるようなものになっています。
もちろん、前のジャケットも緩いので、対で着てしまうと最強感はいや増すでしょう。

 

190315i

Workhouse のベストの特徴は、着丈がしっかりあって、『ジャケットを上から着るためのベスト』 としてつくられているわけではなさそうです。
いわば 『袖なしのジャケット』 とでもいうような感覚で、アウターな感じが宿っているように思います。

 

190315k

190315l

着丈がしっかりあるベストは、太いパンツにもきれいに調和し、独特なバランスのコーディネイトが楽しめるはずです。

 

190315m

Hackney Union Workhouse – Arles Gillet
col : Dk.Navy
size : S / M
price : 36,000 (+tax)

 

190315o

こちらは麻のジャケット。やはり着丈がしっかりあって、アウターとしても映えます。
ですが、インで着ても映えそうです。

 

190315t

190315r

190315u

デザインと素材感から、何か 『本格的な感じ』 が伝わってきます。負けずにしっかり着ると、他では出てこない格好よさが浮かび上がるのではないかと思います。

 

190315s

190315p

Hackney Union Workhouse – Vincent Gillet
col : Indigo
size : S / M
price : 36,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

D.C. White のジャケット、パンツで、ご要望があって50というサイズを取り寄せました。ひとまずネイビーのみですが、様子を見て、必要がありそうでしたらグレーや Candidum の方も考えたいと思います。

いやいや、春が来ましたね~。

 

LINEで送る