Montmorency – Classic Easy.

190409r

Montmorency の第3弾、春夏のパンツが出来上がりました。
リネン・コットンの夏向け素材によるアジャスター仕様のイージーパンツとなります。

 

190409q

『ショートパンツはちょっと、、』 というお客さんは意外なほど多く、真夏にも履けるパンツは毎年の課題となっていましたが、今回、Montmorency で切り込むことにしました。

涼しげな素材となると、やはりリネンまっしぐらということになるのですが、パンツでリネンというのは少し気を遣います。
リネン素材の特性上、コットンのような詰まった生地にはなりにくいので(だから通気性が高まるのですが)、本気で涼しいリネンファブリックとなると、どうしても透けが生じてしまい、それを避けようとして厚い生地にしてしまうと、全体的に重たくなってしまう、という問題が生じ、なかなか難しいのです。

そこで出した答えが麻と綿の混紡生地です。
麻の素材感が充分に感じられるよう、そして、ある程度詰まった織りで、薄地になるよう、だいたい半々くらいの混率の生地を集めて精査し、今回のこの生地に決まりました。

 

190409p

シルエットは細からず、太からずの中途半端に、弱めのテーパード。あまり世に無いということで、もっとも需要が無さそうだけど、きっと探している人は居て、強いニーズがあるファズ。

涼しげパンツなのであまりピタピタしていてはうまくない、しかし、あまりダボっとはしたくない、細くないけど美しい、というラインを目指した答えがこれです。
『一見無造作』 という感じが出したい、でも洒落っ気がある、というところがポイントです。

 

190409k

190409l

190409i

190409j

190409f

190409o

トップのボタンを2つにして、股上はやや深め、前はジップフライ、サイドアジャスターのベルトレス仕様、といったディテールで、適度なアクセントがあり、素材感もありますので、簡単に無地Tシャツとも合わせられるような雰囲気になっていると思います。

クラシックなディテールを採用することで、ある種のニュアンスが生まれ、かえってシンプルで無造作なコーディネイトの方が洒落た雰囲気になってくれる、というパンツになったかと思います。

 

190409b

インチサイズで30か31くらいの村田さんに穿いてもらったところ、2でも3でもいけました。
ネイビーが3、ブラックが2を穿いています。
ご本人としても、実際買うとなったらどちらのサイズにするか迷う、とのことです。

 

190409a

大ざっぱなイメージですが、ネイビーは白いシャツやTシャツと、黒はオリーブやブラウンのトップスと、といった感じでいかがでしょう。
夏に関しては、コーディネイトが単調になりがちだから、いかに変化や足し算をしていくか、ではなく、いかに単調なまま微妙なニュアンスをつけてさりげない洒落っ気を出していけるか、というような考え方をしていますので、そんな哲学に則って生み出されたパンツであると言えます。

 

190409c

Montmorency – Classic Easy *Linen Cotton
col : Navy / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 15,000 (+tax)

 

ということで、今回も入魂のプロダクトです。イメージ通りに仕上がり、出来栄えにも充分満足していますので、自信をもっておすすめしたいと思います。
是非お試しください。

 

LINEで送る