Punto Pigro – Inside Open Leather Slipon.

190502a

イタリアのファクトリーブランド、Punto Pigro のちょっと変わったレザーシューズが入荷しました。

 

190502m

190502n

こういう型は当たり前にあるものではないと思います、内側がオープンになっているスリッポン。実はレディースのみの展開であったものを、メンズサイズでつくってくれないかとお願いしてみたら実現したというものです。
メーカーさんも代理店さんも非常に柔軟で、どうですかね?と訊いてみたら、思いのほかあっさりとOKしてくれ、サンプルまでつくってくれました。

そう言われるとなんとなくレディース的なデザインかなと思うかもしれませんが、僕としては、『レディスだけではもったいない、メンズでも問題なし』 という感覚です。
後述しますが、底付けのステッチが外側に出てくるアウトドアシューズ的な製法はどちらかというと男性的であり、そこに元々のデザインの上品さが同居しているという、まったく新しい感覚のシューズになっているのではないかと思います。

 

190502h

底付けの製法ですが、アウトドアシューズなどでよく見かけるステッチダウンかな、と一瞬思うのですが、よく見るとアッパーのレザーが巻き込んで縫われています。これをサン・クリスピーノ製法と言い、これをできるメーカーはそれほど多くないとのこと。

ステッチダウンであると、レザーの裁断面がサイドから見えますが、巻いて縫っているためにそうはならず、よりやわらかな印象で、かつ上品な見え方をしてくれるのです。

 

190502j

190502i

190502k

190502g

190502f

190502e

190502d

190502c

いい意味でメンズっぽさが薄く、かといってエッジの利きすぎたモードやデザイナーズ的な靴でもなく、実は素朴なファクトリー系、という捉えどころのなさも魅力的です。

一見なんでもないように見えて、よく見るとずいぶん珍しいね、というのは放っておけないところではないでしょうか。

 

190502b

Punto Pigro – Inside Open Leather Slipon
col : Off White / Black
size : 40 / 41 / 42
price : 29,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

大型連休も大詰めにさしかかりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょう?
どうなることかと思っていた10連休ですが、ふたを開けてみれば、お買いもの件数は例年のGWよりはるかに多く、こんなことなら連休なんていらないぜと思いながら一昨日昨日とお休みをしたのですが、思っていた通り、仕事をするよりはるかに疲弊したのでした。。

明日(6日)は月曜日ですが営業させていただきます。連休最終日、社会復帰のことなど忘れて、のんびり買いものしていただけたらと思っております。

 

LINEで送る