Merz b.Schwanen – GOOD BASICS.

190503d

Merz b.Schwanen のカットソーが新たに入荷しました。
あたらしい試みとなる新シリーズのポケットTシャツとなります。

 

190503c

メルツの製品は、基本的には全て旧式の編み機を使い、古い時代の編地を素晴らしい素材で再現することをコンセプトにしているということはご存知の人が多いかと思います。

しかしそこには、だからこその弊害が存在し、舞台裏を困らせています。
どういうことかと言いますと、まず基本的に生産が遅いということ、そして、生産時においてトラブルが多いということ、そしてそれはつまり、納期遅れや減産という事態に帰結します。

納期が遅れ、納められた製品も発注より数が少ない…、という輸入代理店にも販売するお店にも、非常に困った事態が頻発していたのです。

そこで考えられたのが今回のモデル、”GOOD BASICS” です。これまでのものはこれまで通りとして、確実に納品できるものを新たにしっかりやりましょうというもの。つまりは他所の工場でつくるラインにしようというものです。
ポルトガル生産で、これまでにないレギュラーな普及版のモデルということになり、このクルーネックのポケットTシャツが生み出されたのでした。

 

190503n

190503m

190503l

190503k

普及版の海外生産とは言え、素材はベルリン生産のものと同じオーガニックコットンが使われていますので、モノそのものとしての価値は、やはり高いものになっていることは確かです。
生地として薄くなった分、肌触りに関してはむしろこちらの方が、、と思えるほどです。

特徴としては、クルーネックは広めであるということ、ポケットのかたちがなんかいいこと、腋の下の部分がガゼットの仕様になっていること、裾にブランドラベルが付いていること、といったことが挙げられます。
さらに言うと、このモデルに関してはどうやらSZ編みが採用されているようで、型崩れが起きにくく、洗濯縮みが大きくなる、ということになりそうです。
SZ編みとは、糸の撚りの方向を互い違いにして編みたてることで、洗濯を重ねることで撚りが多少戻るところで起こる型崩れ、生地の斜行を最小限に防ぐ効果があります。

僕個人は、かつての Pyjama のSZ編み生地が大好きだったので、このモデルにはたいへん期待しています。SZの生地は、洗いこんだときの質感が微妙に違うのです。

ということで、期待の表れでしょう、7色での展開です。サンプルで見たときはかなり細身だったので、5、6、7、というサイズ展開にしたのですが、本番はサンプルほど細くなかったです。。

はたして、定番として定着するのか否か。

 

190503a

ホワイト。

 

190503f

ヘザーグレー。

 

190503i

イエロー。

 

190503b

ブルー。

 

190503g

オリーブ。

 

190503e

ネイビー。

 

190503h

ブラック。

色調もたいへんよろしいと思います。

 

190503j

Merz b.Schwanen – GOOD BASICS
col : White / Grey / Yellow / Blue / Olive / Navy / Black
size : 5 / 6 / 7
price : 7,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

大型連休もいよいよ終幕ですね。
連休前はどうなることかと思っていましたが、終わってみるとお店としては大盛況でした。お休みもしっかりとってしまい、平日の休みではできないことをいろいろとできたのでありがたかったです。(仕事するよりはるかに疲れる活動ですが…)

さてさて、連休は終わっても、お店としてはまだまだホットなシーズンが続きます。
新作入荷はまだ衰えず、変わらぬ勢いで続けていくので、チェックの方は引き続きお願いします。

季節は初夏。日中が多少暑くても、朝は寒くない、湿気がない、虫がいない、という一年で最もいい季節です。服買ったり、どこか行ったり、靴買ったり、おいしいもの食べたり、帽子買ったり、、しっかり満喫したいですね。

 

LINEで送る