New Arrivals.

190506b

新作いろいろ入荷していまして、まずは comm.arch. から。
リネン素材の半袖シャツをご紹介します。

 

190506a

ある意味で、ブランドの歴史の転換点になるアイテムと言えるかもしれません。というのは、このシャツ、初めての布帛(織り生地)の製品となるからで、『ニット専門』 ブランドとして展開してきた comm.arch. の新境地になるからであります。

これまでは、『ニットブランドがつくる編地のシャツ』 というスタンスでしたが、今回のシャツはストレートに 『シャツ』 です。一つ枠組みを外して、トータルなブランドとしてより自由なスタイルに変貌していく予感を感じます。

comm.arch. は、素材や色にこだわる匠的な基本姿勢をみせつつも、しっかりと “今” の空気を感じながらものづくりをするブランドさんです。質感からデザイン、空気感なども含めてのバランス感覚に長けていますので、ニットというアイテムに縛ることなく、是非いろいろなアイテムをリリースしていってほしいと思います。

 

190506c

フレンチリネンを素材としていますが、これはブランドとしては定番の素材で、これまでも春夏のニットに使っているものです。それを織機用に細く紡績して、柔らかさを保ちつつ、透けないよう度詰めで織っていますという生地となります。

 

190506e

シャツとしてはややオーバーサイズ気味にゆったりシルエットでつくられたオープンカラーシャツとなります。
絶妙に渋い色目、かつ涼やかさのある素材感。渋さと開放感が同居した開襟シャツとなっております。

 

190506d

comm. arch. – Linen Open Collar Shirt
col : Mud Brown
size : 2 / 3 / 4
price : 18,000 (+tax)

 

190504k

Oridinary fits のニットポロシャツ。
オーバーサイズのゆったりしたニットポロはなかなかないところで、オーディナリーらしいふんわり感と丸みのあるシルエットが健在です。

 

190504g

190504f

ハイゲージのコットンニットで、肌触りもよく、ルックスも上品。
しかしそれをゆるっと着るというのが、これまでにはあまり無かったのかもしれません。

 

190504c

襟まわりも好印象です。

 

190504i

190504a

 

190504h

Ordinary fits – Polo Knit
col : Beige / Black
size : 2
price : 12,000 (+tax)

 

190505c

最後は FUJITO のニットTシャツ。

 

190505d

クルーネック、ちょっとゆるめのシルエット。やはりニットならではの品の好さと、肌触りの好さが魅力で、色合いやシルエットなど、着た時のしっくりくる感じが国内の信用できるブランドならではのものかと思います。
ちょっとしたアクセントが感覚的に具合が好いと感じられ、何がどう、ここがこう、ということでもなく、感度がいいなという感じでしょう。

 

190505e

190505b

190505

190505a

FUJITO – Crew Neck Knit T-shirt
col : Khaki
size : 1 / 2 / 3
price : 10,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

5月11日(土) 19:30 – 21:00
NKH BSプレミアム
シルクロード・美の回廊Ⅱ 『”微笑み” がきた道』

たしかな筋からの必見情報です。
中宮寺の半跏思惟像は仏像ファンには有名ですが、その微笑みのルーツを辿っていくという番組ということです。

僕が仏像が好きというのを知っている人で、実はこの番組をつくった張本人の方からおすすめされました。
世界のすべては混ざっている、いろいろなものが交わって文化が形成されている、ということがよく分かる内容になっている、みたいなことを言っていたかしら。
多様性に疲れた末、過度なナショナリズムへ走る傾向にある現代への、ある種のアンチテーゼになっているのではないかという、裏テーマも裏話的に教えてもらえました。

本当の意味での教養とは、知性とは、などといったことが、今の時代に改めて必要になっているのではなかろうかと、この不健全になりつつある社会を傍観して思っているところですから、こういった文化度の高い番組こそ、根絶やしにされないようしっかり視聴していかねばなりますまい。

そんなことを書いていたらまた思い出しました。
そうした混沌とした社会のなか、わが国は新しい元号 “令和” で新しい時代の予感を感じているところですが、別のお客さんでこんな本を書いている方がおられます。

『〈平成〉の正体 なぜこの社会は機能不全に陥ったのか』

社会学者というのか分かりませんが、専門は哲学系というようなことも言っていたか、どちらにせよそういう立場から、平成という時代を総括した内容です。
ややアカデミックな気配が強まりますが、興味のある人も多いと思います。是非読んでみてください!

 

LINEで送る