SEIKO – Kinetic.

190509g

久しぶりとなります、腕時計の入荷です。
既出の SEIKO Kinetic が新色ネイビーを加えて3色で入荷しました。

 

190509h

商品説明を再掲します。

========

Kinetic というのは、動力が 『自動巻き+電池』 という仕様のことを言います。オートマティックで得た動力を二次電池に保存して、針を止めません。自家発電して蓄える、というようなイメージです。

オートマティックのように、都度時刻合わせの手間が無く、クオーツのように電池交換の手間もないという、両者の特性を組み合わせたような機能となります。実際に使うとなると、やはり非常に魅力的なしくみではないかと思います。

ただ、蓄電する二次電池が永久に交換不要というわけではないのですが、10年とかそういうレベルだということです。
これは使用頻度とも関わってきますので、二次電池がどのくらい保つのかを明言することはできません。

しっかりした仕様と質感で、ルックスも品がありつつ、しかし気楽に付けられるというギリギリの価格帯がこのゾーンになります。
普段づかいはもちろんですが、ビジネス用、ドレス用として考えるのも大いにアリではないでしょうか。

========

 

180519e

180519d

190509e

文字盤の光の当たり加減、角度によって、ストライプがはっきり見えたり、まったく見えなかったりします。

 

190509d

190509f

42mm のサイズは、やや大きめとなりますが、現在では標準の範囲と言えるノーマルな大きさです。

 

190509c

190509b

普段づかいにきちんと使う腕時計として、奇をてらったデザインではないもので、質感としてしっかりした佇まいがあり、品の好さがあり、しかし、身に付けていて気を張っていないといけないほど高級すぎはしない、という実用的なゾーンと言えるでしょう。
そういった意味では、やはり品質の部分で日本のメーカーの信頼性が群を抜いて高く、そこを逆輸入品番で狙っていくというのは賢い選択ではないかと思います。腕時計は機械ですから、安心して長く使いたいというところも、また重要な要素であることは間違いないでしょう。

 

190509a

SEIKO – Kinetic
col : Gold / NavyBlack
price : 30,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

Candidum、D.C.White のテーラードジャケット、トラウザー が再入荷しています。
GW明け後、実使用を始める時期に入ったところで、また動きが活発になってきました。

 

LINEで送る