SAINT JAMES – PIRIAC, OUESSANT Light Short Slv.

190605w

SAINT JAMES の定番ピリアック、また同じタイミングでウェッソン・ライトウェイトの半袖というモデルも入荷しました。

 

190605h

恒例のピリアック、今年は遅れ気味でようやく揃いました。
ピリアックが店頭に並ぶと、いよいよ店頭は春夏シーズンの最終形態ということになり、夏の到来を意識するようになります。実際はこれからが梅雨本番ではありますが…

 

190605x

基本的な商品説明を再掲します。

=========================

クラシックなバスクシャツの厚めの生地とは異なり、ピリアックは普通のTシャツと同じ、薄手の生地のカットソーとなります。

トレードマークのボートネックと左腕部分のブランドラベル、半袖としてはほんの少し長い袖、といったところが特徴です。
シルエットは細からず、太からず、ほどよく普通です。

定番的なカラーリング、独特のフランスなカラーリング、どちらも SAINT JAMES らしいと言えますので、純粋にお好きな色を手にとっていただきたいと思います。

白地に紺のボーダーではつまらないかしら、という心配はまったく必要ないのがクラシックアイテムたる由縁。定番を堂々と着てしまうことで、かえってさまになり、そういうものだという説得力が滲み出すように思います。

=========================

ということで、今年も新色が加わり、それなりのボリュームとなっております。

 

190605j

190605k

190605n

190605o

190605p

190605r

190605t

190605u

SAINT JAMES – PIRIAC
col : Many
size : T3 / T4 / T5
price : 6,800 (+tax)

 

 

190605g

こちら、ウェッソン・ライトウェイトの半袖。
従来のウェッソンの生地をやや軽くしたものが使われ、これまでより暑い時期にも着やすくなりました。

 

190605a

190605d

どうしても厚地のTシャツというとアメリカものが連想されますが、そこをヨーロッパものに置き換えるとどうなるか、というのが Fuzz でのこのアイテムの立ち位置です。
透けがなく、ガシガシな感じの半袖Tシャツの魅力としては同様でありつつも、ボートネックのフランスもの、というところで土台がまったく異なります。

ピリアックとはまた少し違った雰囲気で着ることになると思いますが、こちらの魅力もなかなかのものではないでしょうか。

 

190605b

SAINT JAMES – OUESSANT Light Short Slv.
col : Neige / Lichen
size : T4 / T5 / T5
price : 9,000 (+tax)

 

 

LINEで送る