D.C.White, Candidum.

190903f

D.C.White のセットアップ、Candidum のレジメンタルタイが入荷しました。
オールシーズンのオリジナルファブリックによるジャケット、パンツは、ビジネスシーンも見据えた新しい試みとなります。

 

190902f

スタイルはいつもの段返り3つボタンではなく、2ボタンのきわめてベーシックなものとなります。
細身すぎない細身シルエットで、スマートなルックスはいつも通りです。

 

190902a

今回、メーカーとして生地からオリジナル開発した力の入ったものとなりますので、まずはその説明です。

D+Armor と名付けられたオリジナルファブリックは、ウールサージのルックスでありながら、PTT繊維を混紡することにより、表層の耐久性や形態回復性を高め、ウールの混率を下げることで水洗いを可能にしています。弱流水による洗濯機での水洗いが可能となり(公的機関 QTEC における耐洗濯テストをクリア)、また表面の摩擦強度が通常のウール素材の3倍あるとされ、摩擦の多く起こる箇所でのピリングやフェルト化を防ぎます。

 

190902b

要約すると、イージーケアで耐久性もいいですよ、というものです。
その名の通り、ビジネスマンの “Armor” (鎧) として、日々の戦いの場でガシガシ使えるウェアである、ということでしょう。

 

190902d

袖口は仮切羽、裏地は袖裏のみ、内ポケットは両側に備えられ、ベントはセンター、という仕様です。

本当に気兼ねなくガシガシ使うにはプライスも重要という認識で、凝った仕様にせず、きわめてシンプルなつくりに終始しています。
結果的に目を見張るようなプライスになっていますが、メーカーとして何か分からない意地を張っているようにも見えてしまいます。。

 

190902e

D.C.White は、Candidum とはまた違う客層も見ていて、おそらく、メーカーとして、もっと若者たちにも入ってきて欲しいというのが強いのでしょう。

そんな若い人などは、量販ビジネススーツとはどこが違うの?と思われるかもしれませんが、当然シルエットや最終的な味つけがひと味違います。量販メーカーのターゲットが全方位なのに対し、やはりファッションブランドというのは、独自の定めたターゲットがあり、そこに向けて商品を放ちます。

そんなこんなも熟知している若くない人(笑)も、それぞれのニーズに従ってうまく使っていただけたらと思います。

 

190902c

D.C. White – 2B Tailored Jacket *D+Armor
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 19,000 (+tax)

 

190902l

こちら、同じ生地のパンツです。
普通のトラウザーで、かなり幅広いシーズン、また幅広いシーンで使っていただけると思います。

 

190902m

 

ジャケットもそうですが、単体で活用することもおすすめです。特にパンツなどは、カジュアルでもかなり使いやすいのではないかと思います。
かたちさえ好みに合えば、ビジネス用、カジュアル用と別々に、、ということもこのプライスなら考えていいような気がします。

 

190902j

D.C. White – Basic Trousers *D+Armor
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 11,000 (+tax)

 

190903a

Candidum のクレジットで、ベーシックなシルク製レジメンタルタイも入荷しています。
こちらもビジネスからプライベートまで。

 

190903b

右上がりは英国式。

 

190903e

Candidum – Regimental Tie
col : Wine / Green / Brown
price : 8,000 (+tax)

 

LINEで送る