Candidum – Jackets, Pants.

190920x

Candidum の新作テーラードジャケット、トラウザーが入荷しました。
日中はまだ暑いですが、、しかし、いよいよ10月に入ったということで、秋物入荷をさらに一段、本格的に進めていきたいと思います。

 

190920w

定型のテーラードジャケットと、トラウザー。秋冬らしいウールとコーデュロイです。
今回も共地で上下揃いますので、セットアップでも活用していただけます。
もちろん、それぞれ単体でも充分魅力的です。

 

190920d

コーデュロイはダークブラウンを選びました。
大人のブラウン、大人のコーデュロイ。落ち着いていて渋さが光ります。

しっかりした地厚で細めの畝、一般的なコーデュロイ生地ですが、少々ストレッチが利いていて、ジャストで着てもストレスは小さいです。

 

190920a

Candidum – Tailored Jacket *Corduroy
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 36,000 (+tax)

 

190920f

パンツは裾がダブルで始末されています。細身と言っていい太さですが、パチッとした細さではありません。膝下の絞りはやや緩めと言っていいくらいです。

 

190920g

Candidum – Double Trouser *Corduroy
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 18,000 (+tax)

 

190920h

こちらウールのホームスパン。ツイードとは厳密には違うのですが、だいたい似たようなものです。ハリスツイードのような野趣がウリではなく、もう少しソフトで上品です。
グレーとブラウン、2色でご用意しました。

 

190920o

さほどの地厚ではなく、軽くて柔らかいので、着やすさがあります。毛織物ならではの素朴でクラシックな雰囲気がありつつ、またならではのエレガントさも感じられ、服好きがじっとしていられない類いの服地であることは確かでしょう。

 

190920k

190920r

コーデュロイの方もそうですが、昨年好評だったウールのピンヘッドのジャケットとまったく同じ型でつくられています。
きわめてシンプルな仕様ですが、段返りを深くすることによりVゾーンをやや深めにして、ラペルの折り返しをややソフトにして、全体的なやわらかさを演出しています。このあたりの最後の味つけがこのブランドの風味のようなものを表していて、やはりベーシックなアイテムでも何か違いを感じるな、という要因になる部分かと思います。
つまりは、スーツ屋さんのスーツと明らかな一線を画する部分でもあるのでしょう。

 

190920j

Candidum – Tailored Jacket *Homespun
col : Navy
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 38,000 (+tax)

 

190920s

190920m

同じ生地のトラウザー。前述コーデュロイと、昨年のピンヘッドは裾がはじめからダブルでしたが、今季このホームスパンの方は未始末で振らしてあります。
かたちとしては基本的には同じということですが、実寸値で見ると裾幅が少しだけ広いようです。D.C.White より膝下の絞りが緩く、細めのシルエットではありますが、クラシック寄りのバランスとなっています。

 

190920v

 

190920n

裾の始末が自由ということも後押しして、このパンツ単体でも、かなり使い勝手がよいのでは、と思います。

 

190920t

Candidum – Basic Trouser *Homespun
col : Navy
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 20,000 (+tax)

 

LINEで送る