New Arrivals.

191013h

GICIPI のタートルネックが入荷しました。
今シーズンは、コットンにカシミヤをブレンドした GICIPI  オリジナルの生地としては最高峰の生地によるプロダクトです。

 

191013g

コットン85%、カシミヤ15%の混率で、やはりルックスはニットのように仕上げています。
実際に編み立てもニットのように柔らかいので、やさしく自然に伸縮し、タイトなフィットながらも締めつけ感はまったく無く、快適に着ていただけます。

 

191013c

ものとしてはカットソーの部類に入りますので、肌に直接着ていただいて大丈夫(敏感肌の方は分かりませんが)、また洗濯機での洗濯も大丈夫です。

カシミヤが入ることで、見た目がよりニットに近寄るということに加えて、保温性と通気性が高まり、吸水性が低下することで乾きを促進する効果があります。

ジャケットのインナーに最適で、ウールニットよりも手軽な取り扱いができて、より着心地もやわらかです。

 

191013b

191013e

GICIPI – Turtle Neck Long Slv. *Cotton Cashmere
col : Brown / Green / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 8,800 (+tax)

 

191012d

こちらは初登場となります、イタリアの軍用衣料メーカーの DEFCON 5 というブランドのミルスペックのジャケットです。現行のリアルな軍モノをつくるメーカーで、このジャケットも実際に NATO軍に納められているものとまったく同じ製品となります。

●DEFCON 5
2006年、イタリア・ベニスから 50km 離れたポルデモーネにて軍用衣料メーカーとして創業。
ブランド名は 『平時態勢』 を意味する軍の造語で、世界が平和で穏やかになることを理想に掲げています。
ミルスペックをクリアした製品は NATO軍や UN Missions (国連派遣団)などで正式に採用されています。

 

191012e

このソフトシェルジャケットは、伸縮と撥水の利いた強靭なファブリックによるもので、裏側がフリースです。スマートなシルエットながら動きやすくて肌触りもやさしく、なかなか使い勝手がよさそうです。

 

191012a

ポケットも多くて、日常生活でもたしかに使いやすそうです。
アナログな古いミリタリーウェアの魅力とは正反対の、現行ハイテクミリタリーウェアのおもしろさが感じられ、意外と便利に使っていけそうな気がしています。

 

191012c

DEFCON 5 – Soft Shell Jacket
col : Black
size : S / M
price : 21,000 (tax)

 

191011a

こちらは珍しくアメリカもの。以前も別アイテムでありましたが、Thousand Mile というアウトドア系のブランドです。
こちらはアウター、インナーと好き勝手に使えるクルーネックの中わたジップアップジャケットとなります。

 

191011b

実はこちら、国内のインポート商社さんのライセンスによる製品で、僕としてはブランドとして熱心にシンパシーを感じているわけでなく、完全に内容が気に入ってピックアップしたものです。

もちろん保温性ではダウンに劣りますが、このくらいがいい、というのが、まったく個人的にですが、ありまして、この手のアイテムであればこのくらいのものが欲しかった、という感覚でした。

 

191011e

シェルも裏地もストレッチが利いているので動きやすくていい、中わたもボリューム少なめで、厚みがさほど出ないのがいい、という感じ。
室内着として考えた時、伸縮が利いているのはありがたいし、襟が邪魔にならないので寝転がるにもいい感じでしょう。

191011f

カーディガンのような感覚で、スポーツウェアのような感覚で、ミドルレイヤーのジャケットという感覚で、室内外問わず、フレキシブルに使っていけると思います。
素材としては高価なものを使っていないので、プライスもいい感じで落ち着いています。

 

191011g

191011h

Thousand Mile – Wave Jacket
col : Navy / Black
size : S / M / L
price : 11,000 (+tax)

 

LINEで送る