P.H.Designs – Delta Hooded Jacket.

191108c

今年も入荷しました、P.H.Designs のダウンジャケットです。
例年より少し早いですが、急にお問い合わせが増えてきましたので、ご紹介します。

 

191108a

年に一回、しかもほぼ1型だけの入荷となりますのでブランドプロフィールをおさらいです。

●P. H.Designs
“Mountain Equipment” の創始者として、またフィルパワーの表示を初めて行ったダウン・マイスターとして有名なピーター・ハッチソンによるダウンジャケットをメインとしたイギリスのアウトドアウェアのブランドです。
著名な冒険家の北極点へのノンサポート歩行世界新記録樹立時のウエア、ギアを製作した経歴を持つピーター氏のダウンジャケットは、15人程のスタッフによって生産されている為、日本国内への供給量はごくわずかとなります。

 

191108d

昨年につづき、ブランドを代表するモデルとなる Delta Hooded Jacket をご用意しました。
実はまたお願いしてファブリックを変更していただいています。今回は、というより今回もと言った方がいいかもしれません、過去に使われていて気に入っている HM Amber のダークブラウンでお願いしています。やはりこの落ち着いた暗いブラウンが素晴らしいです。

この生地は2年前と3年前に違うモデルで展開していたのですが、覚えているでしょうか? 極細の糸による高密織り、これによってハリがありつつもしなやかで、高い撥水性を実現している、というものです。いかにもアウトドアのごつい生地ではなく、繊細で上品なファブリックとなっております。

 

191108b

ということで、フード付きのダウンジャケットです。見たとおりオーソドックスではありますので、さほど深く突っ込んでいくところはないのですが、考え方だけ少々。

Fuzz では元々あまりアウトドア的なダウンジャケットは一生懸命ではなく、僕もほとんど着ないなぁという感じだったので、そういう人たちに響くダウンは何か、これでしょう、という流れで P.H.Designs の取り扱いをはじめました。
ある種の基準として、ウールのスラックスと合わせられるか、ということを考えています。もちろんそうやって合わせてくださいということでなく、あくまで基準として、きれいに着ることができるか否かを判断しているということです。ウールのスラックスに合わせたときに、スマートな印象で着れるダウンなら、本気のダウンを扱ってもいいのではないかという考えです。

そういう考え方なので、P.H.Designs のダウンは、元々ダウンにあまり関心がなかったような人が、何かのきっかけで興味を持ったときに強く響くようです。今まで興味なかったけど、イギリスのもので、何か上品だ、これなら着たい、と。
しっかりしたダウンが欲しいけど、なんとなく欲しいものが無い、何を買っていいか分からない、という人にこそおすすめしたいと思っています。

 

191108f

ディテールについて軽く触れておくと、まず襟裏のフリースが気持ちいいです。肌当たりもよく、化繊であるために色褪せにも強いでしょうから、とても理にかなっています。
ポケットの中も同様のフリースになっています。

 

191108h

袖は隠しリブで、寒気の流入を防ぎます。本当に寒いところでは、けっこう重要なディテールです。

 

191108g

フロントはダブルの止水ジップ。ポケットも止水ジップです。

 

191108k

フードはファスナーで着脱が可能です。フードにもダウンが入っています。

 

191108j

巷にあふれているものでなく、しっかりした内容で、しっかり格好いい。
P.H.Designs のダウンジャケットは今シーズンもおすすめです。

 

191108i

P.H.Designs – Delta Hooded Jacket
col : Black
size : S / M / L
price : 85,000 (+tax)

 

LINEで送る