Hackney Union Workhouse – Coats.

191111q

Hackney Union Workhouse のコートが入荷しました。

ブランドとしては定番の2型、East End Coat は Fuzz 初登場、Fisherman Long Coat はアップデートが入り新しくなりました。
どちらも Workhouse 的クラシックという位置づけされる、”ならではの” 世界観が感じられるプロダクトとなっています。

 

191111b

East End Coat は、スタンドカラーと前合わせが独特の着丈長めのコートです。
デザインと世界観が19世紀的な雰囲気がして、いかにもオールドファッションをベースにする Workhouse のエッセンスを感じさせてくれます。

よく50年代や60年代のミリタリーやワークウェアを再現したプロダクトが何々のブランドから出てきたりしますが、Workhouse が見ているのはもう少しさらに古い年代です。

 

191111a

スタンドカラーに斜めの前合わせ、肩パッドが入って肩のかたちをしっかりつくり、腕の部分にダーツを入れて立体的にして、ウエストにシェイプが入ってシルエットを美しく見せます。
ある種のものものしささえ感じますが、格好いいことは確かでしょう。

 

191111c

 

生地はヘビーウエイトのコットンツイルです。先日ご紹介したジャケットと同じもので、厚地でいながらしなやかな質感、ソフトなタッチ、という上質生地です。
総裏地の仕様で、身頃はコットン、袖部は滑りのいいレーヨンの裏地が付きます。

 

191111d

ルーツとしてはワークウェアということですし、かしこまって着る必要はありません。前をオープンにして、ガサッと羽織るというスタイルで問題なく、渋い経年変化が期待できる厚地のコットンなので、ガシガシ着てくださいということです。

何か年代ものの古着を着たときと同じような、唯一無二の、他では味わえないような魅力を感じていただけるような気がします。

 

191111r

Hackney Union Workhouse – East End Coat *Cotton
col : Black
size : S / M
price : 54,000 (+tax)

 

191111g

同型の生地違い。コットンツイルはデイリーウェアとして、こちらはウールで週末用としていかがでしょう、とデザイナーさんがコメントしています。

生地はウールツイードとなっており、こちらはヨークシャーで手に入れたデッドストックの生地だということです。このブランドのデザイナー氏は、常にデッドストックの生地を探しまわっていて、毎シーズン、その成果がコレクションに反映されます。

 

191111i

191111h

適度な厚さでやわらかさもあるいい生地です。
チャコールの色合いもシックで、色味、質感共にコートのデザインと調子よくマッチしているように思えます。
ウールになると、自然、よりダンディな雰囲気で着ていただけるのではないでしょうか。

 

191111e

Hackney Union Workhouse – East End Coat *Wool
col : Charcoal
size : S / M
price : 56,000 (+tax)

 

191111m

こちら、New Fisherman Long Coat。
“New” がつくのはフードの付き方が新しくなった新バージョンであることを表します。以前も独特でしたが、今回もしっかりしたタブが付いてインパクトがあります。

 

191111k

ダブルブレストでややゆったりしたシルエット、ドルマンスリーブ気味に袖が付いて、着用感はゆったりしていますが、裾広がりでないため見え方は意外とスマートであるという特徴があります。

こちらもデザインが色濃く入って独特ではあるものの、不思議と外国的なクラシックさが感じられます。

 

191111o

厚地のウールメルトンですが、いわゆる海軍メルトンのような重たくて厚いというものではなく、適度です。こちらもデッドストックの生地となります。

 

191111n

もしかしたら、ヨーロッパ的Pコートとダッフルコートが合わさったような性質を持つがゆえ、なにがしかの普遍性を感じるのかもしれません。
Workhouse 的クラシック、格好いいです。

 

191111l

Hackney Union Workhouse – New Fisherman Long Coat
col : Black
size : S / M
price : 58,000 (+tax)

 

LINEで送る