MIDA – Harrington Jacket.

200105g

MIDA のハリントン・ジャケットが入荷しました。
ブランドオリジナルのスペシャルファブリックを用いたブルゾンジャケットとなります。

さりげなく、スマートに、そして男っぽく、というタイプのジャケットです。

 

200105h

ドッグイヤー型の襟が特徴の短丈ジップアップブルゾン、大人が好むカジュアルジャケットとして確固たる地位を築いているハリントンジャケット。イギリスの Baracuta のジャケットを祖とするため、そのモデル名になっている G9ジャケットなどとも呼ばれます。
アイビーリーグ的な文脈だったり、モッズ的な文脈だったり、さまざまなシーンで登場してきたことで、ファッションの歴史にその名を刻んできたトラディショナルなカジュアル・ジャケットと言えるでしょう。

 

200105j

MIDA では、このハリントンジャケットのデザインを奇をてらうことなく再現して、ファブリックでオリジナリティを表現しています。
イタリアルーツのブランドながら、ジャパニーズファブリックの素晴らしさに惚れ込んでいるという背景があり、日本のテキスタイルメーカーと共同でオリジナルの生地をつくったりしています。

この生地はブランドの代名詞的なものとなっていて、ポリエステル+ナイロンのマイクロファイバー糸を強固に織り込んだハリ感充分な生地に、後加工によって適度なパッカリングを起こさせた特殊なファブリックとなっています。
極細糸の度詰めの度詰めなので、地は薄くてもしっかりした強さが感じられ、薄くて軽くても、『しっかりしたジャケット』 という印象となります。

 

200105a

200105c

200105d

200105b

200105e

200105f

ディテールも丁寧につくりこまれ、シルエットはスマートに。
コンパクトでシャープなルックスですが、大人向けのパターンは胸周りは意外ときつくないつくりになっていますので、パチっと合わせてしまって大丈夫です。(お腹の方は自己責任でお願いします。笑)

なんだかんだで残っていく、メンズならではの定番アイテムのうちの貴重な一つでしょう。定番とされるにはそれなりの理由があるはずで、歴史的事実やらディテールの秘密やら、さまざまあるのでしょうが、どんな定番でも、やはり一番にくる理由というのは 『格好いい』 というシンプルなものかと思います。
あらゆる年代、あらゆる場所で、男達に支持されてきたということですね。

 

200105i

MIDA – Harrington Jacket
col : Beige
size : 44 / 46 / 48
price : 33,000 (+tax)

 

LINEで送る