Montmorency – Basic Shirt.

200808i

Montmorency の新作シャツが届きました。
今季はオールシーズン使えるウエイトで、ベーシックで合わせやすいファブリックを選びました。いろいろな着方、合わせ方ができて、使いどころの多いシャツになるようにと考えてみました。

 

200808j

各ブランドの展示会において、意外と見つからなかったこの2つ。淡色の淡いベージュと、上品なインディゴカラーのツイル地となります。
どちらも明確なイメージをもって生地を探し、見つけてきたものなので、出来上がりも想像通りです。こんなボトムと、こんなジャケットと、いろいろな合わせ方がイメージできると思っているのですが、いかがでしょうか?

 

200808l

シャツのかたちから説明すると、大きな特徴と言えるのは、小ぶりなレギュラーカラーということになると思います。
すっきりと小気味いい襟まわりを演出し、さっぱりと着られるようなイメージです。立ち位置としてはデイリーカジュアルというところですので、襟の高さを抑えて、またそれによる襟の主張を抑えて、あまり堅くるしくならないようにと意識しました。
また同じ理由で、レギュラーカラーながらも、実用性を考えて胸ポケットを付けています。

 

200808k

もう一つ、タックアウトで着られるよう、着丈を少々短めに設定しています。
僕自身は、シャツはタックインで着ることの方が多いため、完全にタックアウトでいきましょうというつもりはなく、タックインできないほどの短さではないと思います。

そして、カジュアルでも品のあるたたずまいになるようにと、縫製はドレスシャツ専門の工場にお願いしています。国内の信頼できるファクトリーであり、とても丁寧な仕事をしていただいています。

 

200808a

こちら、スーピマ綿を素材とするタイプライター。着色味が弱い、上品なベージュを探して着地しました。素材によるしなやかさ、織りによるハリ感で、タイプライターとしてはかなり柔らかいことが特徴です。

昨今、ブラックカラーのパンツやジャケットが少し増えてきたため、ネイビー系統にも、ブラック系統にも使っていける、こういった淡めのベージュは重宝するのではないかと思います。
一枚でミニマルな合わせをしても上品ですし、ブラウン系と合わせてワントーンの色合わせも格好よさそう。フレンチワークのインクブルーにもいけるでしょう。

 

200808b

Montmorency – Basic Shirt *Typewriter
col : Beige
size : 2 / 3 / 4
price : 14,000 (+tax)

 

200808h

こちらはハイカウントツイルのインディゴカラー。
細糸高密織りのツイル生地、かつインディゴ色と晒し糸との織りなので、つまりたいへんに上品なダンガリーということになるでしょうか。イメージとしては、シャンブレーをもっと上品にして、こぎれいなコーディネイトに使え、また逆にラフな素材感のボトムやアウターの引き立て役にもなって、というところを狙っています。

とにかく、脇役としていろいろな合わせに使っていけると思います。ベージュ~ブラウン系、もちろん同色ネイビー系、ジャケットのインのシャツとしては間違いない仕事をしてくれるはずで、コーディネイトに落ち着きをもたらしてくれるのではないでしょうか。

 

200808e

Montmorency – Basic Shirt *High Count Twill
col : Indigo
size : 2 / 3 / 4
price : 14,000 (+tax)

 

Montmorency のアイテムは、あまり奇抜なことをせず、しっかりした素材と縫製で、安心して着られることを第一義と考えています。奇をてらわずにおとなしいからこそ、お手持ちのしっかりした他の服と安心して合わせられ、また飽きずに着続けられるはずです。
さらに、あまり凝ったデザインを足し算しないことでコストを下げて、張り切ったプライスにならないよう心がけています。張り切ったプライスにならないということは、ハレの日でない日常において、やはり安心して着られることになると思います。

是非、お試しください!

 

----------------

※8月は実店舗の営業時間が異なりますのでご注意ください。
平日14:00-21:00  / 土日 13:00-20:00

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 14:00-21:00 平日 / 13:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る