SAINT JAMES – CANCALE.

191118a

SAINT JAMES のマリンニット、CANCALE が今年も入荷しています。
フランスならではのクラシックアイテムとして、ファッション界では広く愛されている定番品です。Fuzz でも長年変わらずにおすすめしています。

 

191118c

Fuzz オフィシャルの商品説明文を再掲します。

=================

フランスにおいて、海の人間が冬に着るニットとして、非常にトラディショナルなアイテムとなります。古くから漁師が着ていましたし、フランス海軍のユニフォームとしても使われています。

油分を残したピュアウールが素材となっていますので、質感としてはふんわりではなく、どっしりです。ふかふかで暖めるというよりは、もっと実用的な機能を求めたワークウェアな性格が強いというのが本質でしょう。風から守る、飛沫から守る、という船上などで実用的な性能を求められているということです。

そういうものをファッションに取り入れる という、ある種の 『スタイルで着る』 というアイテムであると言えるでしょう。ファッション的な細かいバランスよりも、自分のスタイルで着るということが大切であり、またそれが格好いい!と思えるニットウェアなのだと思います。

=================

 

191118b

191118d

ここ数年来、毎年の入荷となっており、毎年変わらぬ売れ行きです。もちろん、ずごくたくさん買っていただいています、ということでもなく、毎年ぼちぼちです。

店頭において、なんとかのブランドのこのニットをというのでなく、何かいいニットありませんか?、というお客さまには、まずはこのニットをおすすめしています。
デザインとして奇抜でないので、まずは安心して着られる、しかし着てみると何か感じるものがあり、ただシンプルなネイビーのニットではないぞと、すぐに分かっていただけます。なかなか言葉で表現するのは難しいのですが、伝統的なアイテムに宿るニュアンスのようなものが自然と感じられるのです。そして、こればかりは、SAINT JAMES だからこそであり、フランスでずっとやってます、というこの説得力を必要とします。

 

191118e

ただの単色ネイビーのクルーネックニットをただ着るのは、ちょっと面白さに欠けますが、肩ボタンのマリンニットになると、たちまち大丈夫です。

ネックは狭めですが、リブのストレッチはしっかり利いているので、着てみると着苦しさは感じず、シャツを着ていてもボタンを付けた状態で問題なく着られます。
あえてボタンを一つ二つ外して、変化をつけるというのも常套手段なので、そこはお好みで。

ウールフラノのグレーのスラックスと、色落ちのしたデニムと、ルーズな軍パンと、なんやかんやでよくマッチして、存在感もしっかりあるという不思議なニットです。
ファッションブランドの手によるデザインもののニットとは別ベクトルの魅力となりますが、クラシックアイテムを当たり前のように着る格好よさは、時代に左右されず、ずっと変わらないと思います。

191118f

SAINT JAMES – CANCALE II
col : Navy
size : S / M
price : 21,800 (+tax)

 

*******

■2020年秋冬・通販キャンペーン!(12月25日まで)
①5000円(税込)以上お買い上げで送料無料
②新規会員登録で 500ポイント贈呈
③会員利用のポイントアップ( 通常3% → 5%)

*******

Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る