Information.

1月27日(月) 定休日
2月3日(月) 定休日
2月10日(月) 定休日

———————

Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172

火~金 : 13:00 – 21:00
土日祝 : 12:00 – 20:00
定休日 : 月曜
※基本的には月曜が祭日の場合も休業となります
※その他、臨時の休業や営業時間の変更などある場合もございます

 

LINEで送る

comm.arch. – Densely Woven Poplin Coat.

200109b

comm.arch. の新作コートが届きました。

既にお知らせしていますが、ニット専業ブランドの看板を降ろし、トータルブランドとして展開を広げることになった comm.arch. ですが、では完全にニットから離れたアイテムとなると、どんなものをつくるんだろう?という期待は当然湧き上がります。
そんな期待にしっかり応えてくれるコートが、今季新型としてリリースされました。

 

200109e

200109d

シンプルです。
ニット同様、インポートブランドのような芯の太さがありつつ、国内的ムード、トレンドをきちんと感じながらつくっているといった印象です。芯が太いというのは、ベースになっているのがシンプルとベーシックであり、オリジナリティを求めるあまりの分かりやすいデザインやギミックに頼らないという意味で言っております。

 

200109j

文字通りシンプルかつベーシックなルックスですが、サイジング、シルエット、素材感、この調和によって、しっかりと 『comm.arch. のコートはこうです』 という主張が感じられます。

トラディショナルとトレンドの間の、このくらい位置ですよ、というのが心地好く、キメすぎず、でも今な感じの脱力感ありというバランスとなっています。

 

200109a

生地は国産の高密織りのコットンポプリン。2度のワッシャー加工によってあえて生地を波打たせ、着古したようなナチュラルな風合いで仕上げています。

 

200109g

ラグランスリーブで、裏なしの一枚仕立て、ややオーバーサイズ気味に設定して、ゆったりシルエット、ハーフコートとしてはわずかに長めと言える着丈。カジュアルなコートとしては、このバランスが心地好い、と思わせてくれるような雰囲気に仕上げられていると思います。

 

200109h

200109f

200109c

こういった 『がっちり着たいシンプルなコットンのコート』 というのは、どこにでもありそうで、実はなかなかしっくりくるものが見つけられないアイテムの典型なような気がします。普遍的なアイテムだからこそ幅が広く、つくり手やブランドのニュアンスがつきやすいのかもしれません。

ということで、秋冬のパンツもそうでしたが、comm.arch. のニット以外のアイテムも、力加減やバランス感覚がとてもいいぞ、という感触です。

 

200109i

comm. arch. – Densely Woven Poplin Coat
col : Beige
size : 2 / 3 / 4
price : 35,000 (+tax)

 

LINEで送る

Candidum, D.C.White.

200108r

D.C.White のセットアップでもいけるジャケットとパンツが入荷しています。
コットンのウエストポイント生地で、とっつきやすい、きわめてベーシックなアイテムとなっております。

 

200108m

ジャケットはいつもの段返り3つボタン、ラペルの太さやVゾーンなど、概ねベーシックなつくりで、センターベント、袖口が仮切羽、裏地なしの一重仕立て、というスペックです。

着方次第でどうにでもなるという幅を持たせたジャケットで、あまりにもラフな格好にはそぐわないとは思いますが、いろいろな着方ができると思います。

 

200108n

襟のきれいなシャツと合わせてスマートなジャケパンスタイル、ちょっとラフなシャツや、襟なしのニットやカットソーと合わせてカジュアルに、デニムなどとも気楽にいける雰囲気で、コットンのウェポンの生地だからこその幅広さが魅力となっています。

 

200108j

ビジネスカジュアルの文脈で上手に使うのもいいと思いますし、パンツと合わせてカジュアルセットアップとして、ちょっとしたドレスアップ、カジュアルダウンのスタイルを楽しむのもいいでしょう。

 

200108k

D.C. White – Cotton Tailored Jacket
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 19,000 (+tax)

 

200108p

パンツのシルエットは細身のスリムテーパード。いわゆる細身の普通のかたちです。
コットントラウザーとして単体でも使いまわせるベーシックなアイテムと言えるでしょう。

 

200108q

D.C. White – Cotton Trousers
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 13,000 (+tax)

 

200108g

Candidum からはシャンブレーシャツ。
レギュラーカラーでミディアムフィットのベーシックシャツということで、こちらも幅広く着まわしの利く優れものだと思います。

味付けがドレス的でなくカジュアル寄りであるため、何と合わせてもいける雰囲気です。スラックスときれいに合わせるもよし、軍パンとのカジュアルマッチもよし、困ったときに頼りになる存在になることでしょう。

 

200108f

Candidum – Chambray Shirt
col : Blue
size : S / M / L
price : 14,000 (+tax)

 

200108c

単色無地のシルクニットタイ。
ジャケットスタイル、シャツスタイルのアクセントにどうぞ。

 

200108a

200108b

堅くなりすぎず、キマりすぎず、季節も問わないシルクニットのタイは、いろいろと使えるコーディネイトが多いと思います。

 

200108e

200108d

Candidum – Silk Knit Tie
col : Olive / Navy
price : 8,000 (+tax)

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Shirts.

200107a

SOUTIENCOL の新作、定番シャツが届いています。
メンズファッションのスタンダードというべき、オックスの白シャツ、ネイビーのストライプシャツ、どちらもSan Francisco のモデルとなります。

 

200107c

国産のコットンブロード生地、コンパクトロンドストライプ。きわめて定番的な性質のシャツですが、しっかり今季新作です。
ジャケットやニットとスマートに合わせるべくの、間違いないシャツです。きれいにジャケットを着る方々にとっては、何枚持っていても、、、という類いのアイテムではないでしょうか。

 

200107d

200107b

SOUTIENCOL –  San Francisco
col : Navy Stripe
size : 1 / 2 / 3
price : 16,800 (+tax)

 

200107e

毎度定番のスーピマコットンを素材とする国産のオックス生地、白。
ジャケパンなどできれいに使え、カジュアル全般でも広く使え、これぞ、というような定番アイテムです。

もう何シーズンも続いている定番モデルですが、今季より、1000円の値上げが敢行されました。定番品番はなるべくプライスを変えないというのがポリシーということで、ずいぶん粘ったようですが、、
生産の現場はなかなか大変なようで、今季は定番品番全般にもプライスの見直しが入りました。シーズンものは平均的に値上がりが続いていましたので、釣り合い的にもおかしくなっていましたから、これは仕方のないことだと思います。

 

200107f

SOUTIENCOL –  San Francisco *OX
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

kearny.

200101w

kearny の今季新作をご紹介します。
クラウンパント型一山モデル、ボストン型太縁のセルモデル、新たに加わった新モデルとなります。

200101a

 

200101g

一山モデル hans。
さりげなく顔に馴染む、すっきり型。細いフレームなので強い印象にならず、自然と表情に溶け込みます。

クラウンパントのかたちは初めてですが、かけてみるとラウンド型よりも自然に見えて、よりとっつきやすいバランスになっていることが分かります。
テンプル部分にベータチタンを採用し、軽量で柔軟性をもっていますので、よりストレスがかからずに身に付けていられます。

 

200101d

200101c

200101h

200101i

クールな印象のチタン系眼鏡も、セルロイドのパーツを取り入れることで、多少の柔らかさが加わります。

顔なじみがよく、大きく印象を変えずにかけられると思います。

 

200101j

kearny – hans
col : Antique Gold / Brown*Gold
price : 35,000 (+tax)

 

200101m

こちら、太縁セルの darsena。
量感が伴い、今度はしっかりアクセントをつけたい人におすすめです。

200101u

あまりに太いと面白くなってしまいますが、もちろんそこまで行っていません。実は太さはほどほどで、厚みをしっかり付けて適度な重さを感じさせるようなバランスになっています。

同じ太セルで peter というモデルがありますが、peter は小ぶりでラウンド型ということで、やや個性派なモデルであったのに対し、この darsena はサイズ感やフォルムはベーシックなバランスとなっており、より取り入れやすさがあるように思います。

 

200101p

200101v

200101n

200101q

200101o

kearny – darsena
col : Black / Marble
price : 33,000 (+tax)

 

LINEで送る