New Arrivals.

170324c

SOUTIENCOL のリネンシャツが届いています。
ここ数年、SOUTIENCOL の春夏といえば欠かせない存在となっているリネンの Remake Polo (プルオーバーシャツ) ですが、定番のホワイト無地と合わせて、スペシャル・バージョンをご紹介します。

 

170324e

2017年、SOUTIENCOL はブランド創設25年を迎えました。
そこで25周年を記念して、デザイナーの三浦氏が絶大な信頼を寄せ、また長年にわたって慣れ親しんでいるイタリアの生地メーカー CANCLINI に生地を特注し、おなじみのプルオーバーシャツ Remake Polo をつくりました。

 

170324d

当然のことながら、あまりにも SOUTIENCOL らしい色柄のチェック。ブラックを基調としている点がポイントでしょう。

 

170324a

170324b

それにしても、25周年とは恐れ入りました。
三浦さんはじめ、SOUTIENCOL スタッフの皆様には、心よりお祝い申し上げつつ、このブログをご覧のみなさんには、この商品を心よりおすすめ申し上げます。

SOUTIENCOL – Remake Polo *CancliniLinen
col :  Anniversary Check
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

170324f

こちらが長年つづく定番中の定番、CANCLINI リネンのホワイト無地。

James Mortimer で採用されているアイリッシュリネンに比べて、薄地で繊細な印象です。ぶりんとした生地でなく、ふわっとした感じ。

 

170324g

170324h

SOUTIENCOL – Remake Polo *CancliniLinen
col :  White
size : 1 / 2 / 3
price : 17,000 (+tax)

 

170325b

Ordinary fits からも新作入荷です。
新定番になるか、2年目の One Mile Cardigan は、昨年とは生地が変わり、今季はコットンダブルガーゼで登場。
通気性が好く、ふんわり質感で肌触りがやさしい春夏らしいファブリックとなります。

 

170325a

ニットのカーディガンとは違い、布帛のカーディガンとなります。
ですから、シャツを着る感覚で羽織るカーディガンという意味合いになり、どちらかというと、Tシャツの上に羽織ることがしっくりくるような印象です。

 

170325c

シルエットはゆったりめで、裾のカットもシャツのようにラウンドしています。
シャツを着てキリッと着るVカーディガンはニット系生地に任せて、このカーディガンはゆるっと着るようなイメージです。

ちょっとそこまで、などの着飾るまではいかないお出かけ着としてのワンマイルウェア。こういう感覚で揃える洋服もあっていいと思います。

Ordinary fits – New One Mile Cardigan
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170322d

HARROW TOWN STORES のコットンのジャケットが入荷しました。
コットンポプリンの一枚仕立て、春夏向けのライトアウターです。

 

170322e

ジャケットとしては軽めの生地の裏無し一重仕立て、丸洗いもできるコットンのジャケットは何かと便利です。
これからの時期の軽い羽織りジャケットとして、また夏場に入っても、冷房が強い電車や室内用に丸めてバッグに収めておけますし、夏が終わって秋口にかけて、けっこう長い期間このくらいの薄さのジャケットが活躍します。

ということで、今年の春夏シーズンは、このくらいのウエイトのジャケットを意識して多めに集めています。シャツを着ずにTシャツ一枚の上から羽織れるジャケットという意味でも使い勝手がよく、かなりの程度暑くなってからも重宝します。
もちろん、リネンのシャツの上から羽織るなどもおすすめ。

 

170322h

170322b

HARROW TOWN STORES のアイテムには、何かしら独特の雰囲気があるような気がします。
このジャケットも例に漏れず、奇抜というわけでもないけれど、なんとなく他と違った気配を感じられると思うのですが、いかがでしょうか。

 

170322f

やや細身のシルエットで、やや着丈が長いのはワークジャケット的なニュアンス。デザインとしては、比翼の前立てが特徴的です。
総合すると、テーラードジャケットとカバーオールジャケットの中間くらいの感覚とでも言えるでしょう、ジャケットとしてのバランスも独特です。

 

170322c

シャツよりは厚地だけど、ジャケットとしては薄地、そして後染め。裏地もありませんので、普通に丸洗いしてまったく問題ありません。
後染め製品の場合は、はじめの何回かの洗濯は単独での洗濯をおすすめします。(すすぎ水に色が出ることがあるのですが、染めたものが褪せているわけではありません)

 

170322k

170322j

袖がやや長めということもあるので、軽く袖口をまくり上げつつ、フロントはオープンでざっくり着る、というイメージでしょうか。

HARROW TOWN STORES – Cotton Jacket
col : Marine / Off Black
size : 44 / 46
price : 28,000 (+tax)

 

170323g

フランスのカットソー quotidien の鹿の子五分袖。
昨年の好評を受けてのアゲインです。

 

170323d

170323f

170323b

なんといっても五分袖のTシャツは探してもなかなか出てこないので貴重です。“ありそうでない” アイテムの典型かもしれません。

quotidien のこのモデルは、袖が共地のリブになっていることが特徴です。
シルエットは概ね標準的で、ナチュラルショルダー気味になっていることの方が特徴的です。
ボディが鹿の子生地ということで、フライスとか天竺とか一般的なカットソーの生地のような伸縮性はないので、あまりタイトなサイズ選びはおすすめできませんのでご注意ください。

 

170323c

quotidien – Pique Crew Neck Half Slv.
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 6,800 (+tax)

 

LINEで送る

Arts & Crafts – French Military 3way Pack Shoulder.

170321a

Arts & Crafts の新作バッグが入荷しました。

40年代くらいのフレンチ・ミリタリーで使われていたバッグをイメージして、Arts & Crafts らしくしっかりつくり込みました。
つくり込んでいますが、重々しさはなく、ごつすぎることもなく、ベストなバランスで高い完成度だと思います。

 

170321d

手持ち、肩掛け、背負い、の3WAYフラップバッグの形態。
正方形であえてマチを大きくとらず、荷物を入れて膨らんだときの自然な感じが非常にいい具合です。

 

170321c

メタルのドーナツボタンでとめるフラップがなんともミリタリーテイストで、コットン素材ということと相まって、素朴で無垢な印象に。

170321b

170321e

ファブリックはさほど厚くないコットンキャンバスで、パラフィンコートがしてあります。
厚さがなく、軽快な生地ですが、緊密織りのためにハリ・コシがあり、ごつさを軽減しながらもしっかりした印象は損なわれていません。

 

170321f

ストラップは調節はできない仕様になっており、肩当て部分にはリサイクルフェルトのクッションが備わります。

 

170321g

170321h

フラップを開けて見られるプリントは、ミリタリーのバッグを平和的につかってほしいという願いをこめて、PEACE の文字に Arts and Crafts の頭文字 A.A.C. を紛れ込ませたものです。
ミリタリーテイストならではの無骨な印象を、ほんの少し和らげる効果になっているように思います。

 

170321i

170321k

170321j

特別季節性を感じるようなものでなく、オールシーズン使っていける素材、テイストですが、なんだか僕には春夏の簡単なシャツやTシャツスタイルで便利に使えそうだなというイメージでした。

例えば Pyjama などの無地のポケTに、ミニマルデザインのナイロンバッグパックを合わせるよりは、こんな感じの質感とデザインが心地好いように感じます。
春夏のシンプルスタイルには、やはりバッグやシューズなど、アクセサリー全般をクローズアップしたいところです。

Arts & Crafts – French Military 3way Pack Shoulder
col : Olive / Black
price : 15,000 (+tax)

 

新年度という意識もあってか、バッグや腕時計を購入されるお客さんが目に見えて増えているようです。
完全にこちらの都合ですが、Fuzz では予算配分の関係で、春夏シーズンの方がバッグの展開が多いです。革小物なども含めて是非いろいろと物色してみてください。

LINEで送る

Pyjama Clothing.

170320a

Pyjama Clothing のカットソーが入荷してきました。
毎シーズン、本格的な春がすぐそこに近づいていることを報せてくれるような、恒例の入荷です。

定番のクルーネックのポケットTee、五分袖のビッグシルエットTeeの2型が店頭に並びました。

 

170320d

170320l

170320j

170320g

170320m

170320n

サイズ設定に微妙な変更があったようですのでご注意ください。
劇的な変化ではありませんが、少し大きくなったようで、特にこれまでより着丈が長くなりました。

Pyjama Clothing – Crew Neck Pocket Short Slv. – 2017
col : White / Cement Grey / Honney / Claret / Navy / Black
size : S / M / L
price : 6,000 (+tax)

 

170320c

ビッグシルエットTeeは American Lax Tee。
昨年非常に好評でしたのでアゲインです。

ゆったりした身まわり、ネックもやや緩く、裾はスリットが入ってラウンドします。ビッグシルエットに興味が無かった人も、ピジャマなら、、とトライしてみたら案外いいねというシーンが何度もありました。昨シーズン手を出し損ねた人は是非お試しになってみてください。

 

170320q

170320v

170320s

170320u

Pyjama Clothing – American Lax Tee – 2017
col : White / Cement Grey / Honney / Claret / Navy / Black
size : S / M / L
price : 7,500 (+tax)

 

前回、カーディガンのところで書きましたが、今シーズンの Pyjama はこれまでのSZ編みではなく、一般的な編み立てになっています。

編み方を変えたことで縮み幅は小さくなるということですが、多少の縮みは生じるはずです。
僕がすぐに購入して一度洗ってみたところ、1センチの縮みが出ました。カットソーの縮みは1度で出きらない場合が多いので、まだ何とも言えませんが、確かにこれまでより縮んでいない印象です。
個人的には、着丈が長くなったので、もう少し縮んでもよかったのですが・・・

また、生地の表面の手触りがはっきりと滑らかに感じるようになりました。これまで糸の撚りの方向が交互になるよう編まれていたわけですが、方向が揃って順目になったということでしょうか。
エジプト超長綿のタッチの好さについては、今回の方がよりよく感じていただけると思います。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

暖かくなったり寒くなったり、雨が降ったりしながら着実に春に近づいていますが、やはり我ら日本人は、桜が咲いて本当の春という感覚が強いのではないかと思います。

今朝、庭や鉢に蒔いていた種が芽を出しているのを発見し、僕としてはずいぶんと春気分が進んだような気がします。
この発芽の喜びはよくわからないくらい大きいです。

桜の開花が待ち遠しいですね~

 

LINEで送る

arbre – Jacket, Pants.

170319q

arbre より新作です。
春夏シーズンらしい素材のテーラードジャケット2型、パンツ1型、届いています。

清涼感があり、軽快で上品。春夏の arbre  は秋冬とはまたひと味違った魅力があるように思います。
春夏シーズンのアイテムにはアイビーやプレッピー、アメトラなどのエッセンスがより強く混じり、大人のきれいめスタイルに不可欠のピースを提供してくれます。

今シーズンより、D.C.White の中国での生産背景の活用を始め、プライスを上げることなく、良い素材を投入できるという状況ができていますので、今後の素材づかいなどの広がりにも期待したいところです。

 

170319i

170319h

170319j

春夏のジェントルマン素材の代名詞的な存在、シアサッカー。
ストレッチが利いているので、細身コンパクトなサイズ感ですが快適です。

 

170319f

おなじみの段返り3つボタン型のコンパクトなサイズ感のジャケットです。
キリッとしたタイトめのシルエットで、大人っぽいカジュアルスタイルを。

 

170319g

arbre – Tailored Jacket *Seersucker
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 31,000 (+tax)

 

170319b

170319c

170319a

コットンのタイプライター。
やはり薄地で軽めの素材となりますので、春夏のシーズン性を感じるファブリックとなります。

ですが、ラフなシャツジャケットではなく、あくまでテーラードジャケットの立体的な縫製でつくられていますので、“ジャケット感” がしっかり感じられるものとなっています。

 

170319d

arbre – Tailored Jacket *Typewriter
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 29,000 (+tax)

 

170319n

同じ生地でパンツもあります。よろしければセットアップでもどうぞ。
細身テーパードシルエットのクロップド・パンツです。

 

170319k

こう見るとバランス的にペグトップのゆったりしたパンツに見えるかもしれませんが、膝下から裾がすごく細いつくりになってなっているのです。

尻まわりから股付根の部分には適度なゆとりを与えていますので、動きやすさは確保されつつ、トータルのシルエットは細い、というパンツです。

 

170319o

素足を見せるような軽快なコーディネイトがよく映えます。

 

170319p

arbre – Cotton Tapered Pants *Typewriter
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 15,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

相当リアルタイムな話になってしまいますが、今晩22時からの NHK のドキュメンタリー は必見です。
興福寺の阿修羅像の新しい秘密に迫るという内容のようで、興味のある方には是非おすすめ。

というのは、さきほど店頭でこの番組の制作をした方と話をする機会があり、仏像好きの僕にとってはたまらないウラ話を聴かせていただきました。

いやたぶん興味ないと思いますが、今晩NHKでこんな番組をやるのですが、今朝の4時までそれつくっていたんですよ、よかったらちらっとでも観てください・・・という話から、それ僕相当興味あるやつですよ、という話になりました。

僕は録画の手配をすぐにしたので、後でじっくり観させてもらおうと思います。
仏像の世界、すごくいいですよ。

 

LINEで送る