Information.

9月23日(月) 定休日 ※祭日ですが休業です
9月30日(月)
10月7日(月)

———————

Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172

火~金 : 13:00 – 21:00
土日祝 : 12:00 – 20:00
定休日 : 月曜
※基本的には月曜が祭日の場合も休業となります
※その他、臨時の休業や営業時間の変更などある場合もございます

 

LINEで送る

BRENA – Coats.

190913s

BRENA の新作コートが入荷しました。
オーセンティックな薫りのする BRENA らしい雰囲気のコート2型。ワークテイストとミリタリーテイストで、男らしい無骨さをベースに、メンズ服的エレガントなニュアンスがひとさじ。

 

190913a

SHOP COAT というモデルは、典型的なワークコートをベースにしたコットン一重のハーフ丈コートとなります。
カジュアルなスタイルに気軽に羽織れる雰囲気と、たくさんのポケットが備わる実用性から、使い勝手の良さがひしひしと伝わってくるではありませんか。

 

190913b

ワークコートにメタルのドーナツボタンという無骨なテイストが基本にありますが、トラッドやドレスの服づくりをルーツとする BRENA の服にはなんとなく品があります。
羽織ってみるとなんとなく普通のバランスと違う感じがするのだけど、それが格好いい、というのが、BRENA の服に共通してある特徴だと思います。

 

190913c

生地はイタリア製のインポートもの(CERRUTI)が採用され、これがまた独特です。ベンタイルのように強い打ち込みによる撥水性を持ち、パラフィンでもコーティングしてあるかのようなハリ感があります。
決して厚地ではありませんが、『しっかりしている』 感じがすごく感じられます。

 

190913f

190913e

ポケットが外側に3つ、内側に1つ、両サイドに貫通ポケットがあり、万全です。

 

190913d

ボリュームのある軍パンにも合いますし、細身のチノにも合うという間口の広さもあり、さまざまなスタイル層におすすめできるような気がしています。

 

190913h

BRENA – SHOP COAT
col : Black
size : 44 / 46 / 48
price : 28,000 (+tax)

 

190913j

MODS というモデルは、その名の通り、モッズパーカをベースにしたミリタリーのパーカコートタイプです。
バサッとオーバー気味に羽織って好バランスなクラシックなアウターですが、しっかりバランスが整えられ、モッズパーカならではの無骨さと、モッズパーカならではのエレガントを兼ね備え、しっかりスマートに着れるコートに仕立てられています。

 

190913p

フードは取り外しが可能。取り去るとスタンドカラーもなく丸襟になります。
さっぱりさせて羽織るのも寒さの緩い時期にはいいと思います。

 

190913l

ファブリックはナイロンタフタ。撥水性が高く、非常に軽いのが特徴です。
総裏二重の仕立てながら非常に軽い着心地となっています。

 

190913q

190913o

190913k

肩を落とし、ゆったりオーバーサイズの設定でつくられていますが、最終的にスマートな印象で着地するバランスで整えられています。
一線を超えて太いアームや、フィッシュテールなど、ならではのディテールを一部排して、ニュアンスをしっかり感じさせながらも気構えずに羽織っていけるというスタンスです。モッズパーカの強いニュアンスは独特の格好よさがある反面、着合わせにはそれなりに気を遣いますので。

実質的にも印象的にも良い意味での軽さがあり、いろいろな意味でスマートです。デニムスタイルはもちろん、スラックスのスタイルにも取り入れられるような、コーディネイト面での万能さが大きな魅力だと思います。

 

190913i

BRENA – MODS
col : Dk.Green
size : 44 / 46 / 48
price : 33,000 (+tax)

 

LINEで送る

SOUTIENCOL – Slip On.

190910p

今年は早いです、SOUTIENCOL の Slip On が入荷しました。

例年10月から11月あたりに店頭に届くのが通例でしたが、今年は増税というイベントもあるためでしょう、かなり早いうちから9月に納品できるような改革を進めていたそうです。

今秋冬シーズン、Fuzz ではコートが豊作の年となっているのですが、まさかの大将からの出陣となりました。

 

190910o

190910

190910d

すでにご存知で待っていたという人に向けて、変更点などの重要な連絡事項を先に。

仕様の変更として、ライナーの取り付け取り外しが、ファスナーの仕様となりました。後襟の部分から左右に向けて、というかたちです。クラシックなボタンの仕様も捨てがたいですが、機能性をとったということでしょうか。

 

 

190910l

製品としての変更はこれだけ。その他のディテール、シルエットやパターニング、サイズ感など、まったく変更なしです。

つづいてカラー展開。昨シーズンにネイビーが変更されましたが、今季、戻っています。昨年のネイビーとは違い、一昨年以前のネイビーと同じです。かなり暗いネイビーです。
ベージュは昨年とまったく同じで、変更されて2年目。これで昨年のネイビーはかなり希少品ということになりますね。

最後、サイズ展開についてですが、新たに42というサイズが加わり、4サイズ展開となりました。
42 は、XS とでも言うべきサイズで、これまでの3サイズの小さい側に、同じサイズピッチで加えられたということになります。これまでの3サイズの実寸はまったく動いていません。

最後にプライスですが、98,000円に。少し値上がりです。

昨年と違うことは以上です。

 

190910b

190910e

次に初見の方々に向けて、詳細を過去の記事から一部修正しつつ再掲します。

============

SOUTIENCOL のマスターピースと呼ばれ長年展開されているステンカラーコート “Slip On”。

ファブリックはクラシックなOlmetex 社のイタリア製バーバリークロス(コットンギャバジン)。 しっかり目が詰まり、滑らかで強靭な生地となります。

Slip On が評価される大きなポイントでもあるラグランスリーブのナチュラルショルダーは、肩から袖にかけて自然な曲線を描き、肩の大きい、小さいを問わずに美しく見せます。ジャケットの上からのオーバーコートとして定義されていますので、アームホールは相応の大きさがございますが、この肩まわりの秀逸なパターンニングによって、ばたつかず、ジャケットを着ても、着ていない状態でも美しいシルエットをつくり出してくれます。
スリーブは一枚袖のつくりで、これもこだわりのディテールとなりますが、シームを最低限にすることでより美しく見せるためのものです。

 

190910h

ファスナー留めのデタッチャブルのライナー、袖口のベルトの仕様、クラシックなAラインシルエット、などなど、すべてがクラシックな仕様でつくられており、流行に左右されずに、時代の変化にも揺るがない内容となっており、 20年前からパターンやディテールを変えずにつくりつづけられていることがこれを証明しています。

確かな品質、トラディショナルなディテール、そしてSOUTIENCOL の真骨頂でもあるベストバランスなシルエットと3拍子揃い、間違いなく長く愛用していただけるコートであると言えます。

=================

 

190910j

ということで、一切の妥協を許さず、デザイナー渾身のディテールを詰め込んだという、自他共に認めるブランドのマスターピース、それがこの Slip On というコートなのです。

今やロマンと実益を満たす稀有なアイテムであることは間違いありませんので、これがひとたび魅力的に映ってしまった人は、そこから逃れるのは至難の技なのかもしれません。
是非、袖を通してみてください。

 

190910m

SOUTIENCOL – Slip On
col : Beige / Dk Blue
size : 44 / 46 / 48
price : 98,000 (+tax)

 

LINEで送る

Vintage – Royal Navy Cap.

190909i

久しぶりにミリタリーアイテムが入荷しました。
ROYAL NAVY (イギリス海軍)のワーキングキャップ、2000年代のデッドストックとなります。

 

190909j

190909k

190909f

190909d

190909g

190909e

190909b

190909h

綿・ポリのツイル地、いかにもワーク向けの生地で、前面に小穴が2つ、後のベルクロでサイズ調節が可能です。
さほど古い年代のものではなく、ヴィンテージと呼べるようなものではありませんが、いわゆるワークキャップ型でなく、ベースボールキャップのかたちをしているのがおもしろいと思います。

 

190909a

『なんだか分からないけど欲しくなる系』 、『とりあえず手に入れておかないとなんとなく不安系』、呼び方はいろいろあるこのジャンル、しかし正体は、ただただ、無造作なデッドストックのミリタリーアイテムでございます。

UK Military – Royal Navy Cap (Dead Stock/Vintage)
col : Navy
size : Free
price : 4,200 (+tax)

 

LINEで送る

Ordinary fits – Jacket, Pants.

190908o

Ordinary fits からも秋冬新作が届きました。
なんとなく懐かしいような、往年の Ordinary fits を彷彿とさせるようなワークなアイテムが入荷してきました。

 

190908m

USED 加工のデニムカバーオール。
やや Fuzz らしくないかもしれませんが、とても Ordinary fits らしいというもの。重々しさはなく、ふわりと気楽に着れる気軽さがあり、自然な格好よさがあるジャケットです。

 

190908n

スタンドカラーのスタイルで、デニムはさほど厚くなく、重くありません。得意の加工が入ることで質感もよりソフトになり、ゆったりめのシルエットと相まって、着心地も非常にナチュラルです。
オーバーサイズシルエットではなく、多少ボックスシルエットに近い、やや緩いシルエットとなります。

 

190908h

190908i

ヴィンテージアメリカンな雰囲気も失わず、しかしデイリーカジュアルを標榜する Ordinary fits らしい軽快さがまさる好バランスなデニムジャケットです。

年齢を重ねるにつけ、理屈でなくデニムやリネンなどの素材感のある生地に目が行くようになりますね、という会話が増えてきた昨今、年齢を重ねてきている組にとっては “イマドキ” なアイテムではないでしょうか。
もちろん、年齢をさほど重ねていない組の人にもおすすめです。いない組のみなさんには、いる組にはできない、いい意味でのかわいらしさの出る着方ができるはずです。

 

190908l

Ordinary fits – Denim Coverall
col : Used
size : 36/ 38/ 40
price : 28,000 (+tax)

 

190908p

190908g

 

新作モデルとなる Yard Trouser は、ワークトラウザー型のコットンパンツです。
いかにもメンズならではのしっかりした重厚感があります。

 

190908a

190908e

 

真冬でもいけるどっしりした厚地のコットンサージに、少し太いという無造作なシルエットが男らしく、ベーシックにワークのテイストが入ることで、取り入れやすさ、コーディネイトしやすさが増します。
“かっこいい” が苦手で、多少の野暮ったさを必要とするときには、このバランスがしっくりくるはずです。

 

190908c

Ordinary fits – Denim Coverall
col : Beige / Black
size : 30 / 32
price : 17,000 (+tax)

 

LINEで送る