Candidum – Jackets, Pants.

190920x

Candidum の新作テーラードジャケット、トラウザーが入荷しました。
日中はまだ暑いですが、、しかし、いよいよ10月に入ったということで、秋物入荷をさらに一段、本格的に進めていきたいと思います。

 

190920w

定型のテーラードジャケットと、トラウザー。秋冬らしいウールとコーデュロイです。
今回も共地で上下揃いますので、セットアップでも活用していただけます。
もちろん、それぞれ単体でも充分魅力的です。

 

190920d

コーデュロイはダークブラウンを選びました。
大人のブラウン、大人のコーデュロイ。落ち着いていて渋さが光ります。

しっかりした地厚で細めの畝、一般的なコーデュロイ生地ですが、少々ストレッチが利いていて、ジャストで着てもストレスは小さいです。

 

190920a

Candidum – Tailored Jacket *Corduroy
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 36,000 (+tax)

 

190920f

パンツは裾がダブルで始末されています。細身と言っていい太さですが、パチッとした細さではありません。膝下の絞りはやや緩めと言っていいくらいです。

 

190920g

Candidum – Double Trouser *Corduroy
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 18,000 (+tax)

 

190920h

こちらウールのホームスパン。ツイードとは厳密には違うのですが、だいたい似たようなものです。ハリスツイードのような野趣がウリではなく、もう少しソフトで上品です。
グレーとブラウン、2色でご用意しました。

 

190920o

さほどの地厚ではなく、軽くて柔らかいので、着やすさがあります。毛織物ならではの素朴でクラシックな雰囲気がありつつ、またならではのエレガントさも感じられ、服好きがじっとしていられない類いの服地であることは確かでしょう。

 

190920k

190920r

コーデュロイの方もそうですが、昨年好評だったウールのピンヘッドのジャケットとまったく同じ型でつくられています。
きわめてシンプルな仕様ですが、段返りを深くすることによりVゾーンをやや深めにして、ラペルの折り返しをややソフトにして、全体的なやわらかさを演出しています。このあたりの最後の味つけがこのブランドの風味のようなものを表していて、やはりベーシックなアイテムでも何か違いを感じるな、という要因になる部分かと思います。
つまりは、スーツ屋さんのスーツと明らかな一線を画する部分でもあるのでしょう。

 

190920j

Candidum – Tailored Jacket *Homespun
col : Navy
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 38,000 (+tax)

 

190920s

190920m

同じ生地のトラウザー。前述コーデュロイと、昨年のピンヘッドは裾がはじめからダブルでしたが、今季このホームスパンの方は未始末で振らしてあります。
かたちとしては基本的には同じということですが、実寸値で見ると裾幅が少しだけ広いようです。D.C.White より膝下の絞りが緩く、細めのシルエットではありますが、クラシック寄りのバランスとなっています。

 

190920v

 

190920n

裾の始末が自由ということも後押しして、このパンツ単体でも、かなり使い勝手がよいのでは、と思います。

 

190920t

Candidum – Basic Trouser *Homespun
col : Navy
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 20,000 (+tax)

 

LINEで送る

D.C.White, Candidum.

190903f

D.C.White のセットアップ、Candidum のレジメンタルタイが入荷しました。
オールシーズンのオリジナルファブリックによるジャケット、パンツは、ビジネスシーンも見据えた新しい試みとなります。

 

190902f

スタイルはいつもの段返り3つボタンではなく、2ボタンのきわめてベーシックなものとなります。
細身すぎない細身シルエットで、スマートなルックスはいつも通りです。

 

190902a

今回、メーカーとして生地からオリジナル開発した力の入ったものとなりますので、まずはその説明です。

D+Armor と名付けられたオリジナルファブリックは、ウールサージのルックスでありながら、PTT繊維を混紡することにより、表層の耐久性や形態回復性を高め、ウールの混率を下げることで水洗いを可能にしています。弱流水による洗濯機での水洗いが可能となり(公的機関 QTEC における耐洗濯テストをクリア)、また表面の摩擦強度が通常のウール素材の3倍あるとされ、摩擦の多く起こる箇所でのピリングやフェルト化を防ぎます。

 

190902b

要約すると、イージーケアで耐久性もいいですよ、というものです。
その名の通り、ビジネスマンの “Armor” (鎧) として、日々の戦いの場でガシガシ使えるウェアである、ということでしょう。

 

190902d

袖口は仮切羽、裏地は袖裏のみ、内ポケットは両側に備えられ、ベントはセンター、という仕様です。

本当に気兼ねなくガシガシ使うにはプライスも重要という認識で、凝った仕様にせず、きわめてシンプルなつくりに終始しています。
結果的に目を見張るようなプライスになっていますが、メーカーとして何か分からない意地を張っているようにも見えてしまいます。。

 

190902e

D.C.White は、Candidum とはまた違う客層も見ていて、おそらく、メーカーとして、もっと若者たちにも入ってきて欲しいというのが強いのでしょう。

そんな若い人などは、量販ビジネススーツとはどこが違うの?と思われるかもしれませんが、当然シルエットや最終的な味つけがひと味違います。量販メーカーのターゲットが全方位なのに対し、やはりファッションブランドというのは、独自の定めたターゲットがあり、そこに向けて商品を放ちます。

そんなこんなも熟知している若くない人(笑)も、それぞれのニーズに従ってうまく使っていただけたらと思います。

 

190902c

D.C. White – 2B Tailored Jacket *D+Armor
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 19,000 (+tax)

 

190902l

こちら、同じ生地のパンツです。
普通のトラウザーで、かなり幅広いシーズン、また幅広いシーンで使っていただけると思います。

 

190902m

 

ジャケットもそうですが、単体で活用することもおすすめです。特にパンツなどは、カジュアルでもかなり使いやすいのではないかと思います。
かたちさえ好みに合えば、ビジネス用、カジュアル用と別々に、、ということもこのプライスなら考えていいような気がします。

 

190902j

D.C. White – Basic Trousers *D+Armor
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 11,000 (+tax)

 

190903a

Candidum のクレジットで、ベーシックなシルク製レジメンタルタイも入荷しています。
こちらもビジネスからプライベートまで。

 

190903b

右上がりは英国式。

 

190903e

Candidum – Regimental Tie
col : Wine / Green / Brown
price : 8,000 (+tax)

 

LINEで送る

Candidum – Seersucker Jacket.

190403f

Candidum の新作ジャケットの入荷です。

今回はドレスジャケットの仕様でなく、カジュアルウェアの縫製によるイージージャケット、コットンシアサッカーです。

 

190403g

立体的な縫製、また芯地をつかってビシッと、というレギュラーのテーラードジャケットとは異なるラインの、一般的なカジュアルジャケットです。
もちろんきれいに着ることもできますし、ややラフなコーディネイトにもたえる気安さも備えており、気軽に幅広いフィールドで使えるジャケットであると言えるでしょう。

 

190403b

3つボタン、コットン素材のシアサッカーの裏なし一重、シャツカフス、ノーベント。

清涼感のあるシアサッカーで大人な雰囲気。あまり堅苦しくなく、かといってあまりにもラフな格好は避けたい、という志向の層におすすめです。
ワークパンツや軍パンでのコーディネイトも小ぎれいに、ということでも重宝するのではないでしょうか。

 

190403c

190403a

190403d

190403e

Candidum – Seersucker Jacket
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 19,000 (+tax)

 

また、このタイミングで、Candidum、D.C.White のジャケット、パンツ各種、できる範囲で再入荷しています。
シアサッカー、サマーウール、デニムパンツなど、たいへん好評ですので、チェックしてみてください!

 

LINEで送る

Candidum, D.C.White – Jackets, Pants, Tie.

190301z

Candidum、D.C.White のジャケット、パンツ、カジュアルタイが入荷しました。
今回のジャケットとパンツは共生地となりますので、セットアップでお使いいただけます。

 

190301c

まず Candidum のシアサッカー。ウールの入ったスーツ生地で、ストレッチも利いています。
コットンのシアサッカーと何が違うのかというと、やはりしわになりにくい、通気性が優れる、といった点で、こういったパリッとしたジャケットでは利便性に優れます。

 

190301b

王道のストライプではなく、単色ネイビーのシアサッカーなので、かなりシックな雰囲気です。
着こなしによってシーズン性を演出したり、落ち着いたベーシックなコーディネイトで普段づかいとしたり、幅広く使っていただけると思います。

シルエットやサイズ感、仕様などは秋冬のものと変更はありません。

 

190301a

Candidum – Tailored Jacket *Seersucker
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 38,000 (+tax)

 

190301h

D.C.White のテーラードジャケット、トロピカルウールです。
こちら、ブランドとしては初の試みで、ベーシックなジャケットが登場しました。ここまでパンツ専門ブランドとして展開されてきた D.C.White ですが、ベーシックなトラウザーを中心にした品揃えであるがゆえ、『このパンツならジャケットもあってスーツになったらありがたい』 という要望が多かったそうです。

メーカーとしては Candidum と同じ(デザイナーも同じ) ですから、つくろうと思えばいくらでも、、という環境ではありました。
ただ、D.C.White がパンツ専門でなくなるとすると、Candidum との違いは何??という事態になりかねないためにやってこなかったのです。

 

190301f

棲み分けに関しては、現時点ではということになりますが、Candidum は arbre 時代からやや舵を切って、よりアイビーやアメトラの方向に向かうようです。少々華やかさ、洒落っ気が増してきて、年齢層も少し上まで捉え、シルエットも絞り込みを多少緩めたような印象です。

他方、D.C.White では、ベーシック路線で、シャープな着こなしを志向する層に向けていくという流れになるようです。
シンプルにすっきりしたジャケットを、スラックスを、という人は D.C.White、よりジャケットスタイルをカジュアルな着こなしで楽しむ、という人は Candidum を、という感じでしょうか。

 

190301e

ということで、手堅い薄手サマーウールのジャケット、これまで定番的な位置づけで続いてきたスラックスと同じ生地でつくられていますので、是非セットアップで、ということです。
元々あったグレーに加えてネイビーも登場し、ビジネスユースを見据えた鉄壁の2色展開です。

 

190301i

お求めやすいプライス設定になっていますが、量販店の全方向型、量産型のスーツとはしっかり一線を引いて、あくまでもスーツブランドではなく、カジュアルブランドとしての立場で手がけているというところに意味があると思います。
ホワイトカラーのワークウェアとしてはある程度のお求めやすさが必要であり、しかし味も素っ気もない、大多数の最大公約数でつくられたスーツとは違い、ある程度絞られたターゲットに向いているというところが、我々の心を安らげてくれるポイントになるのです。

 

190301k

190301j

190301l

D.C. White – Tailored Jacket *Summer Wool
col : Grey / Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 27,000 (+tax)

 

190301zz

それぞれの組下になるパンツですが、もちろん、単体でも充分魅力的です。ジャケットだけ、パンツだけ、という使い方も当然おすすめです。

 

190301p

シアサッカーの方は秋冬の時と同様、裾がダブルに始末されていて、膝下の絞りが D.C.White に比べると緩いです。

 

190301m

Candidum – Tailored Jacket *Seersucker
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 18,000 (+tax)

 

190301t

D.C.White は継続されてきた定番モデルです。全体に細身のスリムシルエットとなります。

190301u

D.C. White – Basic Trouser *Summer Wool
col : Grey / Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 15,000 (+tax)

 

190301x

Candidum のカジュアルタイ。
ジャケットスタイルを華やいだものにする男のアクセサリーです。ちゃんとお洒落をしたくなり、テンションを上げてくれるアイテムではないでしょうか。

 

190301y

Candidum – Tie
col : Madras / Payseley
price : 5,000 (+tax)

 

※オンラインショップへの掲載は本日間に合わず、後日とさせていただきます。

 

LINEで送る

Candidum – Tailored Jacket.

190206g

Candidum の新作テーラードジャケットが入荷しました。
おなじみのベーシックな段返り3つボタン、春夏シーズン向けのホップサップ生地で登場です。

 

190206h

実寸するとほんのわずかな調整が入っているようですが、基本的には先シーズンと同じシルエット、サイズ感となります。
全体にコンパクトではあるものの、arbre 時代ほどアームホールとウエストを絞りこまず、テンションをかけずに着ていただけるバランスになっています。

あまり印象が堅くならないよう、あえてやや深めに、そしてやや軽めにプレスされたVゾーンが特徴で、一見ベーシックでありながらも、どこか抜けた感じがするという、ファッションブランドという立場からつくられるジャケットならではのセンスが光ります。

 

190206a

生地はポリエステル・コットンのホップサック織り、ストレッチ有り、です。
『夏ジャケット』 というほど薄地ではなく、適度なウエイト感がありますので、広いシーズン使える生地感となり、かつ通気性に優れ、シワが残りにくく、伸縮性があるという実用的な生地となっています。
仕事で使う人も多いと思うので、機能性、実用性の部分にも配慮が感じられます。

 

190206e

190206b

190206d

190206c

裏地は背抜き+袖裏、袖口は仮切羽、ベントはセンター、肩に芯もパッドも入らないナチュラルショルダーで、アイビーテイストがベースにされています。

スーツ、テーラードジャケット専門の縫製工場の手によるきちっとした仕立てでありながら、ファッション的な軽さと曲線を備える、というのは、どうしたってアメリカベースならではの芸当でしょう。本格派ブリティッシュへの憧れはあるものの、実使用でセンス好く着こなせるのは、この印象の軽さと柔らかさの好バランス、そしてベーシックにも備わる華やかさがあってこそ、ではないかと思います。

 

190206f

Candidum – Tailored Jacket *Hop Sack
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 36,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

15日(金)は都合により開店時間を 15時 とさせていただきます。
ご来店の際にはご注意いただけますようお願い申し上げます。

2月15日(金) 15:00 – 21:00

 

LINEで送る