D.C.White – Basic Trousers.

170317g

恒例の定番アイテム、サマーウールのトラウザーが今年も入荷しました。

今シーズンは arbre ではなく、D.C.White のラベルでリリースされていますが、内容的には別段変わったところはありません。
薄手の夏用スラックスは、カジュアルからビジネスまで、全方位におすすめしたい普遍的なアイテムです。

 

170317c

まずシルエットは細身。
しっかりテーパードを効かせてスリムフィットの細身パンツとなります。ただ、攻めの姿勢でバチバチに細く、というようなものではなく、無理のない細さですので取り入れやすいと思います。

 

170317b

素材はウールとポリエステル混紡の強撚糸を用いた、ハイツイスト・トロピカルウールです。
強撚糸とは、字のごとく強く撚った糸のことで、イメージしてもらうと分かると思いますが、つまりはたくさんひねることで、糸を細くしているということになります。

細く、硬くなった糸を生地に織ると、糸や生地の中に空気が含まれる余地が少なく、生地は薄地となり、滑らかな表面でいながらハリとコシが生まれます。
結果的に、ドレープも美しく出やすく、しわがつきにくい(しわが取れやすい)という性質を持つに至ります。

 

170317a

ウールはコットンよりタフさでは劣りますが、コットンのように生地の中まで汚れを滞留しないため、ほとんど洗濯をしなくても汚れたり匂ったりせず、常に安定感のあるルックスをキープしてくれるという利点があります。
まさに、スーツに使うとありがたいような特性を備えているわけですね。

今回のこの生地は、ポリエステルが混ざっていますので、ウール100%のトロピカルよりもローコストであるというだけでなく、軽くて強いという利点もあります。
たしかに、ウール100の上級なトロピカルは質感の麗しさがありますが、デイリーユースのベーシックスラックスということで、こういう判断になったのでしょう。

 

170317f

素材、シルエット、ディテールワーク、それぞれ基本をおさえ、しっかりしていますので、安心感があります。
シンプル・ベーシック系のアイテムは、デザイン的なアピールはないですから、何よりも質感がしっかりしているかどうかが重要です。

 

170317e

これまでの経過を見ると、みなさんの使い方としては夏場のビジネスユースが筆頭に来てしまうのですが、一応お店としてはカジュアルウェアが専門なので、カジュアルづかいで考えます。

僕の基本的なスタンスは、spring court などのスニーカーやバスクシャツ、またフランスのカバーオールなどとの合わせで使うとベーシックなスラックスのカジュアルでの存在価値が Fuzz らしく表現できるような気がしています。

ドレスダウンのジャケパンスタイルでの活用はイメージしやすいと思いますので、カジュアルからの微ドレスアップというようなイメージでも使っていきましょうという。

 

170317d

D. C. White – Basic Trousers – Summer Wool
col : Dk.Grey
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 15,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

桜満開の目前でまさに冷や水をかけるように寒波襲来・・・
しかし3月も終わり、来週から新年度です。もはや暑い寒い関係なく春ですねという時節になりましたね。

ちょうど今時分からしばらくの間、街行く人の寒暖の感覚、シーズン観みたいなものが分かりやすく表面(服装)に表れるので見ていると面白いです。
それは厚着すぎるだろう、それは薄着すぎるだろう、必ず極端を目にしますから。

いずれにせよ、暑い寒いはまだまだあるものの、そろそろしっかり衣替えをしてしまっていいのではないでしょうか。

そういえば、祝・プロ野球開幕!

 

LINEで送る

arbre – Jacket, Pants.

170319q

arbre より新作です。
春夏シーズンらしい素材のテーラードジャケット2型、パンツ1型、届いています。

清涼感があり、軽快で上品。春夏の arbre  は秋冬とはまたひと味違った魅力があるように思います。
春夏シーズンのアイテムにはアイビーやプレッピー、アメトラなどのエッセンスがより強く混じり、大人のきれいめスタイルに不可欠のピースを提供してくれます。

今シーズンより、D.C.White の中国での生産背景の活用を始め、プライスを上げることなく、良い素材を投入できるという状況ができていますので、今後の素材づかいなどの広がりにも期待したいところです。

 

170319i

170319h

170319j

春夏のジェントルマン素材の代名詞的な存在、シアサッカー。
ストレッチが利いているので、細身コンパクトなサイズ感ですが快適です。

 

170319f

おなじみの段返り3つボタン型のコンパクトなサイズ感のジャケットです。
キリッとしたタイトめのシルエットで、大人っぽいカジュアルスタイルを。

 

170319g

arbre – Tailored Jacket *Seersucker
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 31,000 (+tax)

 

170319b

170319c

170319a

コットンのタイプライター。
やはり薄地で軽めの素材となりますので、春夏のシーズン性を感じるファブリックとなります。

ですが、ラフなシャツジャケットではなく、あくまでテーラードジャケットの立体的な縫製でつくられていますので、“ジャケット感” がしっかり感じられるものとなっています。

 

170319d

arbre – Tailored Jacket *Typewriter
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 29,000 (+tax)

 

170319n

同じ生地でパンツもあります。よろしければセットアップでもどうぞ。
細身テーパードシルエットのクロップド・パンツです。

 

170319k

こう見るとバランス的にペグトップのゆったりしたパンツに見えるかもしれませんが、膝下から裾がすごく細いつくりになってなっているのです。

尻まわりから股付根の部分には適度なゆとりを与えていますので、動きやすさは確保されつつ、トータルのシルエットは細い、というパンツです。

 

170319o

素足を見せるような軽快なコーディネイトがよく映えます。

 

170319p

arbre – Cotton Tapered Pants *Typewriter
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 15,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

相当リアルタイムな話になってしまいますが、今晩22時からの NHK のドキュメンタリー は必見です。
興福寺の阿修羅像の新しい秘密に迫るという内容のようで、興味のある方には是非おすすめ。

というのは、さきほど店頭でこの番組の制作をした方と話をする機会があり、仏像好きの僕にとってはたまらないウラ話を聴かせていただきました。

いやたぶん興味ないと思いますが、今晩NHKでこんな番組をやるのですが、今朝の4時までそれつくっていたんですよ、よかったらちらっとでも観てください・・・という話から、それ僕相当興味あるやつですよ、という話になりました。

僕は録画の手配をすぐにしたので、後でじっくり観させてもらおうと思います。
仏像の世界、すごくいいですよ。

 

LINEで送る

New Arrivals.

170212e

SOUTIENCOL より、新作のテーラードジャケットが入荷しました。
薄手ウールサキソニーの生地で、サイドベンツのブリティッシュテイストをベースにしたシンプルなジャケットです。

SOUTIENCOL らしい端正なフォルムに、春らしい軽くて爽やかな生地がよくマッチした“ニュー・ベーシック” なアイテムです。

 

170212f

170212i

170212c

170212b

170212a

170212g

170212j

170212d

今作は、“こだわり” を盛り込み過ぎず、あえて簡素なディテールワークにしています。
重々しい雰囲気にならないよう、クセを無くして合わせやすさを備えるよう、プライスが抑えられるよう、などのいくつかの理由で、SOUTIENCOL にもこういうジャケットがあっていいのではないかということでつくられました。

かといっても完全なイージージャケットではなく、テーラードジャケット専門ファクトリーで縫われた立体感のある本格派のジャケットではあります。
ブランドとして得意なことをあえて封印したようなところもありますが、Fuzz としては大歓迎で、勇気ある引き算を高く評価したいと思います。

SOUTIENCOL – Tailored Jacket
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 39,000 (+tax)

 

170214a

arbre のドッグイヤーカラーのブルゾン、リネン。
昨秋にコーデュロイで好評だったジャケットの素材違い、春版となります。

 

170214b

単色ネイビーとブラックウォッチ。
アイビー風味のトラッド・カジュアルな春ジャケットで、男らしさを感じます。
カットソーの上からラフに羽織るのも様になる雰囲気です。

 

170214k

170214c

170214g

170214l

arbre – Dog Ear Linen Blouson
col : Navy / Black Watch
size : 2 / 3 / 4
price : 21,000 (+tax)

 

170211i

FUJITO からは春ニットが届いています。
コットンとリネンが混じったドライタッチな薄手ニットは、春ニットだけでなく、サマーニットというニュアンスも感じさせ、ややゆったりしたシルエットも相まって、適度なリラックス感をもって爽やかに合わせていただけます。

 

170211f

170211c

170211g

170211d

本当に “さらり” という感じで着る軽やかなニットです。シンプルなボーダー柄ですが、ニットアイテムだからでしょう、さりげなく気が利いているように映ります。

FUJITO – Border Knit Sweater
col : Grey / Navy
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

気の早いアイテムの入荷が続きますが、この時期は入荷とご紹介の順番はごちゃごちゃになりますので、あしからず。

いいかげん春が待ちきれなくなってきて、僕はいよいよ鉢に種を蒔き、庭に苗を植え、園芸を開始してしまいました。
今年はトマトに変わってオクラ、絹さや、スナップえんどうを投入しました。

 

LINEで送る

New Arrivals.

170203f

みんな大好き、謎のブランド!
今回はフランスから招待しています。

 

170203b

●Fils de Butte
パリのセレクトショップが手がけるブランド。フランスらしい、フランス製のローカルなプロダクトを展開しています。

 

簡単な説明になってしまっていますが、あまり詳細が伝わってきていません。
あるインポーターさんが、パリのあるデパートの催事のようなところで見つけて声をかけたというブランドで、どうやらパリのセレクトショップが手がけているということだけを聞いていて、あとはモノを見ての判断と。

 

170203e

本当は、後々にご紹介できるであろう、プリントTシャツが目に留まったブランドなのですが、こんなのもやっていますと見せていただいたのが、我々としてはなじみ深いフレンチワークのモールスキンジャケットでした。

ボタンの部分をアレンジして、何かいい雰囲気だし、つくりも質感もしっかりしていて、すぐに好感を持ちました。
パリの人らしいエスプリ的なアクセントが心地好く、クラシックな野暮ったさとファッションアイテムとしての矜持と、単純に見えて奥行きのある不思議なニュアンスを感じ、この部分こそ、僕の好きなある種のフランス的感覚だと感じた次第です。

 

170203d

170203c

170203a

170203g

ラブルールをお持ちの方に無理にすすめるようなことはしませんが、別枠と考えてもいいような気がします。
また、ラブルールとはまた癖が違うので、シルエットやフォルムが合わずにいた人には試してみる価値があるように思います。

Fils de Butte – Moleskin French Work Jacket
col : Black
size : M / L
price : 23,000 (+tax)

 

170205a

続いて、D. C. White より、コットンピケのトラウザーが入荷しています。

すっきり細身スリムシルエットで、柔らかで穿きやすいピケの生地。薄めのアイボリーカラーも爽やかで、シーズンレスなアイテムではあるものの、やはり淡い色目は春を意識するのではないでしょうか。

 

170205b

170205c

170205d

ある年代の方々にとっては、スティーブ・マックイーン界隈のアイテムとして認識していることもあるかもしれません。
G9ジャケットやマッドガードのスエードチャッカブーツと並ぶ3種の神器という。

しかし今やそんなことも含めての普遍的なアイテムと言えるような気がします。
穿きやすさと合わせやすさ、そしてチノやウール系とは違った独特の雰囲気を備えていますので、幅広いスタイル層におすすめできると思っています。

D. C. White – Pique Pants
col : Ivory
size : 44 / 46 / 48
price : 14,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

本日夕方前、突然 Universal Works. のデザイナーのデイヴィッドが Fuzz を訪ねてくれました。(→instagram

つい先日に展示会で会っていたのですが、ゆっくり話ができなかったと言って改めて来てくれました。
ロンドンは寒いか、ロンドンの若いやつは服を買っているか、ロンドンでは Universal Works. をどんな人が買っているか、ユーロ離脱が決まった後、イギリスの国内は何か雰囲気が変わっているのか、そうかもう帰るのか、よし写真を撮ろう、、

せっかく来てくれたものだから、僕も嬉しくていろいろと話しかけましたが、明らかによく考えながら一つひとつの質問に丁寧に答えてくれました。

僕は改めて思いました、デイヴィッドはいい人間だ。
やっぱりここは最終的に大事になるところではないかと思います。信用できる人間がつくっているというのは、それを売る僕にとっても、気に入って買って、身に着けるみなさんにとっても、すごくいいことだと思うのです。ディテールがどうということも大切ですが、これからの時代は特に、こういう漠然としたことが案外大事になってきているような気がしています。

『やっぱりいい人と付き合いたいじゃない』

 

LINEで送る

New Arrivals.

170112a

arbre から定番のテーラードジャケットが届いています。
昨年の好評を受けての継続、機能素材 Outlast のファブリックをつかったモデルとなります。

 

170112c

素材の説明は昨年の文章を再掲します。

=====================

今回は Outlast という機能素材で、ラッセル編みのファブリックとなります。
鹿の子編みのような見え方がして、同じようにサラサラした乾いたタッチとなっていて、春夏らしいファブリックであると言えるでしょう。

Outlast という機能素材は、元は NASA のために開発されたものということで、外気の暑い寒いに関わらず、人が快適であると感じる温度(31℃~33℃)をキープしようとはたらきかける機能を持ちます。
どういうメカニズムかは判りませんので、これ以上詳しい話はできませんが、日々着るとなれば、それなりの恩恵を感じられることは確かであろうと思います。

=====================

表面に光沢感があり、軽くて通気性が良さそうだなと感じるファブリックです。

 

170112b

かたちとしては、細身でコンパクト。クラシックな野暮ったさは感じられず、スマートなバランスで着ていただけるものとなっています。
ドレスジャケットベースのジャケットですので、立体的な縫製がもたらすきちっとした感じがあり、カジュアル全般はもちろん、ドレスカジュアルからビジネスユースまでカバーできるはずです。

 

160106a

160106b

arbre – Tailored Jacket *Outlast Rassel
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 38,000 (+tax)

 

170113e

FUJITO からは定番のボタンダウンシャツ、今シーズンはオーガニックコットン・シャンブレー。

 

170113a

ボタンダウンと言っても、隠しボタンダウンの仕様で、見た目にはレギュラーカラーのように映ります。ボタンを留めておくことで立体感がキープされ、美しい襟まわりを演出します。

 

170113b

170113c

もう一つ、このモデルの大きな特徴は、袖付けが手縫いということ。
佐賀のシャツ専門の縫製工場の手によるもので、ビスポークシャツでは当たり前ですが、既製品ではかなり珍しい仕様です。手縫いならではの立体的で柔らかな縫製は、見た目のクラシック感、実際の着心地両面に大きく貢献するたいへん通好みのディテールであると言えると思います。

 

170113d

FUJITO – B.D. Shirt *Chambray
col : Blue
size : S / M / L
price : 19,000 (+tax)

 

170111e

Charpentier de Vaisseau のデニムワークパンツ。
シャルパンティエらしい軽やかな雰囲気の太めパンツです。

 

170111f

長い付き合いをしてくれているお客さんはもしかしたら覚えているかもしれませんが、フランス海軍のワークパンツでこの生地と酷似したものがあって、Fuzz で長期間販売していました。

このブランドのことなので、おそらくそのパンツをソースにして生地をつくったのだと思います。
さらに言えば、オリジナルは綿+ポリでしたが、コットン100%で再現するあたりも拍手したいポイントとなっています。

 

170111b

フレンチマリンのワークパンツ、僕も持っていますが、何よりその印象の爽やかさが魅力で、このパンツを使ったコーディネイトには、なんとなく気の利いたニュアンスが漂うような気がします。

やや淡いトーンのインディゴは、色合わせしやすく、特に同じようなトーン(色の濃さ)を選ぶと何色でもよく合い、さっぱりしていてグッド・センスな色合わせができるように思います。

 

170111d

170111a

170111c

後ろ側がギャザー+ドローコードのイージーパンツ仕様となっています。
サイズはメンズ1サイズで、フォルムやディテール的にMサイズを中心にして前後それなりにカバーできるような感じです。

シャルパンティエらしいエイジレス、男女レスな雰囲気で、あまり考えずに穿くのが結果的に一番格好いいのかもしれません。

Charpentier de Vaisseau – Denim Work Pants
col : Indigo
size : 2
price : 14,800 (+tax)

 

LINEで送る