New Arrivals.

1701006j

SOUTIENCOL のコート、arbre のウールのテーラードが入荷しています。
そろそろ本格的な秋にさしかかり、ちょっと羽織るジャケットから、しっかり羽織るジャケットも気になるところかと思います。

 

1701005n

まずは SOUTIENCOL より、得意のステンカラーコート。
ステンカラーコートといえば、長年 MMMMM名義で定番展開しているマスターピース、Slip On がありますが、また違った感じで、SOUTIENCOL のクレジットで出てくると嬉しいなあ、という話をしていたのですが、どうやらよそのお店さんからも同じような要望が出たらしく、では、こんな感じでいかが?と提案してくれたのがこのコートです。

 

1701005c

しかし、Slip On の出来があまりにも好いということもあり、まったく別ものでいう感じでもないようで、似た感じにはなっています。

デザイナー三浦氏の言うところでは、いろいろ試したけど、やっぱり Slip On の丈感が一番つかいやすいみたいね、ということで、さらにAラインシルエット、ナチュラルショルダー、一枚袖、といったこだわりも盛り込まれるため、全体のバランス的にはかなり似かよります。

着てすぐに分かる違いとしては、袖筒がすっきりさせてあって、インでジャケットを着ずに使うケースにやや重きを置いたような印象です。

※ナチュラルショルダーとは、いわゆる 『なで肩』 で肩の型を決めること。バランスを取るのが難しいです。
※一枚袖とは、袖筒を一枚の生地でくるりとしてつくり、シームを最低限(1本)にしてエレガントにみせることです。こちらも技術的に難しいということです。

 

1701005e

ちょうど Olmetex のデッドストックのいい生地を手に入れたというタイミングに恵まれ、生地もバーバリークロスとなりました。
Slip On の生地よりは一段落ちるのかもしれませんが、なんとなく素朴な印象で、もちろんしっかりした質感です。(Slip On のバーバリーは BAKEMONO なので、比べたらかわいそうですが、、)

 

1701005f

1701005a

付けたり外したりが可能な起毛ウールのライナーが付き、3シーズンつかえます。
裏地やライナーが、三浦さんが大好きなタッターソール柄というのも愛情が注がれた証でしょう。

 

1701005o

1701005i

1701005j

1701005k

貫通マガジンポケットもこだわりのディテール。インに着ているジャケットやパンツのポケットにアクセスでき、さらに内側に大きめのポケットが付くというつくりです。

 

1701005m

やはり最終的には SOUTIENCOL らしいステンカラーコートです。
よりクラシック、よりダンディ、を求めるなら、この後入荷予定の本家 Slip On をおすすめしますが、このコートも充分な内容で、SOUTIENCOL コートの醍醐味はしっかりと詰まっています。

結果的に、Slip On を少々やわらかくして、若い人にもとっつきやすくしたような SOUTIENCOL コートになったのかなという印象をうけました。

SOUTIENCOL – Soutien Collar Coat
col : Beige
size : 1 / 2
price : 69,000 (+tax)

 

1701006f

arbre の定番テーラードジャケットも秋冬仕様のものが届きました。
まずはおなじみの素材となる圧縮ウール。

 

1701006i

単色でネイビーのきれいなジャケット。
いい大人になると持っていたいなと思うのも自然なことだと思います。

 

1701006h

ニットジャージ(編地)なので伸縮性があって着やすいというのが大きな特徴です。
細かく起毛しているため、なんとも秋冬らしい雰囲気です。

 

1701006g

細身でウエストの絞りも利いて、エレガントなシルエットです。
タイトなシルエットでも日本のメーカーが日本人向けにつくったジャケットですので、かなりの安心感があります。

arbre – Tailored Jacket *Boiled Wool
col : Navy
size : 2 / 3 / 4
price : 36,000 (+tax)

 

1701006c

同じ型でウール・ヘリンボーン・ツイード。
クラシックな風情ですが、シルエットが野暮ったくないのでスマートに着こなせるはず。

 

1701006d

1701006a

定番的な色目のツイードも、ザ・メンズアイテム、といった態でやはり所有欲をそそられますね。
少し野暮く着こなした金八yなスタイルも、いい大人になってくるとやってみたくなるはず。
そうでもないか。

 

1701006e

arbre – Tailored Jacket *Wool Tweed
col : Grey
size : 2 / 3 / 4
price : 38,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

10月8日(日) 臨時休業

都合により 8日(日曜日)を臨時休業とさせていただきます。
大変恐縮ですが、ご来店やご注文の際(特に日付指定など)にはご注意いただけますようお願い致します。

 

LINEで送る

New Arrivals.

1701001g

D.C. White のベーシックなトラウザーが入荷しています。
ファインウール素材の美しいチャコールグレー、間違いないです。

 

1701001e

こちらは昨年からブランドの定番として新しくラインナップされたモデルですが、Fuzz では初登場となります。そのため、フォルム、サイズ感は、これまでのベーシック・トラウザーと微妙ですが少し違ってきます。

 

1701001d

違ってきますというのは、数値上の話で、基本的なシルエットはほとんど変わりません。
arbre のスラックスをお持ちの人にはどこが違うの?ということになると思いますが、arbre の方が全体的にピチっとしており、こちらの方が尻・股周辺に若干のゆとりを持たせています。
印象の違いというより、穿いた感覚の違いになるかと思います。

 

1701001f

生地はファインウール・ツイル。ウールならではの天然の光沢がしっとりと感じられ、若干の起毛感が感じられます。
ウールフラノのような肉厚起毛というところまではいかず、生地厚も一般的な中厚というくらいのものです。ですから時期的にも、もうぼちぼち穿けるようなウエイト感です。

 

1701001i

1701001h

ジャケパンやビジネスに限らず、積極的にカジュアルづかいもしていただきたい良品です。
グレー調のウールスラックスは、ジーンズ、チノ、軍パンなどと並びたつような男の定番アイテムだと言っても過言ではないでしょう。
ひきつづき、あらゆるスタイル層におすすめしていきたいと思います。

D.C. White – Basic Trousers – Fine Wool
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 17,000 (+tax)

 

1701002b

SOUTIENCOL の新作、秋冬らしいネルシャツが届きました。
モデルは IVY LEAGUE、起毛感と厚みのある国産のコットンフランネル生地となります。

 

1701002c

“らしい” 感じもするし、なんとなく懐かしい感じもするような、、
いずれにせよ、チェック柄のネルシャツは安心感が抜群。きっちり着るネルシャツスタイルは SOUTIENCOL シャツで、というところ。

 

1701002a

SOUTIENCOL – IVY LEAGUE *Cotton Flannel
col : Navy Check
size :  1 / 2 / 3
price : 14,800 (+tax)

 

1701003f

久しぶりに登場の EASY KNIT。
アクリルニットのクルーネックベストです。

 

1701003a

1701003c

スクールニットが主なプロダクトという EASY KNIT ですから、ウールでなく、イージーケアのアクリルということになり、“ハイスクールな感じ” といいますか、やはりどことなく懐かしい感じのする質感です。

素材やデザインをどうこう掘り下げるようなものでもなく、コーディネイトのアクセントとしていかがでしょう、という意味でのセレクトとなります。
変化をつけるアイテムとしてなかなか面白いものを感じました。

 

1701003e

Easy Knit – Crew Neck Knit Vest
col : Grey / Navy
size : M
price : 11,000 (+tax)

 

今朝、外に出て、『おっ、今日からか』 と思いました。
かすかに残っていた夏の延長みたいな意識もいよいよ消えて、本腰を入れて秋を楽しむ時期にきましたね。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

大変恐縮ですが、次の日曜日(8日)を臨時休業とさせていただきます。
用事がいくつか重なってしまい、やむを得ず、、
その一つはチビスケの運動会でございまして、これが天候に左右されます。なるべくご迷惑をかけないよう心がけますが、さらにやむを得ず変更、という可能性もございます。その際はまたご連絡させていただきます。

恐れ入ります、宜しくお願いいたします。

 

LINEで送る

arbre – Jacket, Trouser.

1700908l

arbre のモールスキンジャケットが入荷しています。

フレンチワークのフレイバーで、arbre的コンパクト&スマートシルエット。上手にワークの雰囲気を取り入れつつ、すっきり仕上げたスタイリッシュ・ジャケットです。

 

1700908d

1700908g

起毛感のあるコットンモールスキンにラウンドカラー、タブも付いています。
一見してフレンチワークの雰囲気を感じ取ることができるカバーオール型のジャケットとなります。
ですがワークでカバーオールで、と言ってもそこは arbre ですので、ざっくり羽織るとか、あえて野暮ったく、とかではなく、得意のドレスジャケットをベースにしてつくられています。

普段タイトからジャストで、サイジングにシビアな着こなしをしているみなさんは、フレンチワークのジャケットを着たいけど、野暮ったく着たくはないな、という感覚を持っている人も多いと思います。そんな層に強く響くジャケットではないでしょうか。

 

1700908c

1700908k

全体にコンパクトな設定で、3サイズご用意していますが、感覚的に、XS,S,Mサイズというような印象です。
特にアームホールを小さく、袖筒を細くして、全体の印象をよりすっきりさせていることが特徴となていますので、全体のサイズ感を含め、ここも充分ご注意ください。
鍛えこんで肩まわりの筋肉が大きい人などには特に気をつけていただきたいポイントです。

 

1700908i

1700908j

シャツやタートルネックなどをインにして、合わせやすく、気軽に羽織ってもそれなりにバチっと決まります。

arbre – Noleskin Round Collar Jacket
col : Navy / Khaki
size : 44 / 46 / 48
price : 23,000 (+tax)

 

1700907a

こちらはリピートのウールサージのベーシック・トラウザー。
さっぱりしたルックスの生地感で、トロピカルウールより一段厚い、ミディアムウエイトのオールシーズン生地となります。

 

1700907b

ミディアムグレー、ベーシックなトラウザーのつくりで細身のスリムシルエット。
カジュアルからビジネスまで、好きなように使いまわしていけるメンズの定番的アイテムです。

 

1700907c

1700907d

1700907e

arbre – New Basic Trousers – Wool Serge
col : Grey
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

LINEで送る

D.C.White – Basic Trousers.

170317g

恒例の定番アイテム、サマーウールのトラウザーが今年も入荷しました。

今シーズンは arbre ではなく、D.C.White のラベルでリリースされていますが、内容的には別段変わったところはありません。
薄手の夏用スラックスは、カジュアルからビジネスまで、全方位におすすめしたい普遍的なアイテムです。

 

170317c

まずシルエットは細身。
しっかりテーパードを効かせてスリムフィットの細身パンツとなります。ただ、攻めの姿勢でバチバチに細く、というようなものではなく、無理のない細さですので取り入れやすいと思います。

 

170317b

素材はウールとポリエステル混紡の強撚糸を用いた、ハイツイスト・トロピカルウールです。
強撚糸とは、字のごとく強く撚った糸のことで、イメージしてもらうと分かると思いますが、つまりはたくさんひねることで、糸を細くしているということになります。

細く、硬くなった糸を生地に織ると、糸や生地の中に空気が含まれる余地が少なく、生地は薄地となり、滑らかな表面でいながらハリとコシが生まれます。
結果的に、ドレープも美しく出やすく、しわがつきにくい(しわが取れやすい)という性質を持つに至ります。

 

170317a

ウールはコットンよりタフさでは劣りますが、コットンのように生地の中まで汚れを滞留しないため、ほとんど洗濯をしなくても汚れたり匂ったりせず、常に安定感のあるルックスをキープしてくれるという利点があります。
まさに、スーツに使うとありがたいような特性を備えているわけですね。

今回のこの生地は、ポリエステルが混ざっていますので、ウール100%のトロピカルよりもローコストであるというだけでなく、軽くて強いという利点もあります。
たしかに、ウール100の上級なトロピカルは質感の麗しさがありますが、デイリーユースのベーシックスラックスということで、こういう判断になったのでしょう。

 

170317f

素材、シルエット、ディテールワーク、それぞれ基本をおさえ、しっかりしていますので、安心感があります。
シンプル・ベーシック系のアイテムは、デザイン的なアピールはないですから、何よりも質感がしっかりしているかどうかが重要です。

 

170317e

これまでの経過を見ると、みなさんの使い方としては夏場のビジネスユースが筆頭に来てしまうのですが、一応お店としてはカジュアルウェアが専門なので、カジュアルづかいで考えます。

僕の基本的なスタンスは、spring court などのスニーカーやバスクシャツ、またフランスのカバーオールなどとの合わせで使うとベーシックなスラックスのカジュアルでの存在価値が Fuzz らしく表現できるような気がしています。

ドレスダウンのジャケパンスタイルでの活用はイメージしやすいと思いますので、カジュアルからの微ドレスアップというようなイメージでも使っていきましょうという。

 

170317d

D. C. White – Basic Trousers – Summer Wool
col : Dk.Grey
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 15,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

桜満開の目前でまさに冷や水をかけるように寒波襲来・・・
しかし3月も終わり、来週から新年度です。もはや暑い寒い関係なく春ですねという時節になりましたね。

ちょうど今時分からしばらくの間、街行く人の寒暖の感覚、シーズン観みたいなものが分かりやすく表面(服装)に表れるので見ていると面白いです。
それは厚着すぎるだろう、それは薄着すぎるだろう、必ず極端を目にしますから。

いずれにせよ、暑い寒いはまだまだあるものの、そろそろしっかり衣替えをしてしまっていいのではないでしょうか。

そういえば、祝・プロ野球開幕!

 

LINEで送る

arbre – Jacket, Pants.

170319q

arbre より新作です。
春夏シーズンらしい素材のテーラードジャケット2型、パンツ1型、届いています。

清涼感があり、軽快で上品。春夏の arbre  は秋冬とはまたひと味違った魅力があるように思います。
春夏シーズンのアイテムにはアイビーやプレッピー、アメトラなどのエッセンスがより強く混じり、大人のきれいめスタイルに不可欠のピースを提供してくれます。

今シーズンより、D.C.White の中国での生産背景の活用を始め、プライスを上げることなく、良い素材を投入できるという状況ができていますので、今後の素材づかいなどの広がりにも期待したいところです。

 

170319i

170319h

170319j

春夏のジェントルマン素材の代名詞的な存在、シアサッカー。
ストレッチが利いているので、細身コンパクトなサイズ感ですが快適です。

 

170319f

おなじみの段返り3つボタン型のコンパクトなサイズ感のジャケットです。
キリッとしたタイトめのシルエットで、大人っぽいカジュアルスタイルを。

 

170319g

arbre – Tailored Jacket *Seersucker
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 31,000 (+tax)

 

170319b

170319c

170319a

コットンのタイプライター。
やはり薄地で軽めの素材となりますので、春夏のシーズン性を感じるファブリックとなります。

ですが、ラフなシャツジャケットではなく、あくまでテーラードジャケットの立体的な縫製でつくられていますので、“ジャケット感” がしっかり感じられるものとなっています。

 

170319d

arbre – Tailored Jacket *Typewriter
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 29,000 (+tax)

 

170319n

同じ生地でパンツもあります。よろしければセットアップでもどうぞ。
細身テーパードシルエットのクロップド・パンツです。

 

170319k

こう見るとバランス的にペグトップのゆったりしたパンツに見えるかもしれませんが、膝下から裾がすごく細いつくりになってなっているのです。

尻まわりから股付根の部分には適度なゆとりを与えていますので、動きやすさは確保されつつ、トータルのシルエットは細い、というパンツです。

 

170319o

素足を見せるような軽快なコーディネイトがよく映えます。

 

170319p

arbre – Cotton Tapered Pants *Typewriter
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 15,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

相当リアルタイムな話になってしまいますが、今晩22時からの NHK のドキュメンタリー は必見です。
興福寺の阿修羅像の新しい秘密に迫るという内容のようで、興味のある方には是非おすすめ。

というのは、さきほど店頭でこの番組の制作をした方と話をする機会があり、仏像好きの僕にとってはたまらないウラ話を聴かせていただきました。

いやたぶん興味ないと思いますが、今晩NHKでこんな番組をやるのですが、今朝の4時までそれつくっていたんですよ、よかったらちらっとでも観てください・・・という話から、それ僕相当興味あるやつですよ、という話になりました。

僕は録画の手配をすぐにしたので、後でじっくり観させてもらおうと思います。
仏像の世界、すごくいいですよ。

 

LINEで送る