New Arrivals.

180607a

arbre からリネンのプルオーバーシャツが入荷しました。

端正なボタンダウンカラーのプルオーバーシャツは、アイビーやアメトラスタイルのスポーティなカジュアルスタイルの定番として定着していますが、現代ではさらに広がりを見せ、普遍的なアイテムになりつつあるように思います。

arbre も SOUTIENCOL 同様、やはりアプローチはアイビー方面からですが、特にリネンの無地のものになると、より幅広いスタイル層にしっくりくるアイテムになるのではないでしょうか。

 

180607e

180607g

リネンの無地の白と紺、ボタンダウンでプルオーバー。
『まずこう着ておけば安心』 というイメージがそれぞれ自然と浮かぶのではないでしょうか。それくらい普遍的な性質をもっているアイテムであり、また安心感のあるアイテムであると思います。

 

180607d

通気性が好いので、体温や湿気を外に逃がし、風がよく入ってくるのがリネンシャツの魅力です。日本の梅雨や夏においては特にその威力を体感できるはずで、これからの時期はショーツに腕まくりをして、というバランスが心地好いのではないでしょうか。

 

180607f

arbre – B.D. Pullover Shirt
col : White / Navy
size : S / M / L
price : 18,000 (+tax)

 

180606d

GICIPI のワイドシルエットのボーダーTシャツも入荷しています。
襟元ゆったり、シルエットゆったり、コットンフライス生地のリラックスTシャツです。

 

180606e

180606b

180606c

180606a

やや前ぐりが大きいクルーネックで、肩が軽く落ちて、ルーズなシルエット、という特徴です。

また、このような一般的なフライス生地になりますと、アンダーウェアのファクトリーであることの威力が充分に発揮され、ヨーロッパの製品とは思えないようなプライスが出てくるのも GICIPI の大きな魅力です。(ビッグTシャツとかルーズTシャツなどというものは、使う生地の分量が大きくなるために、特別な意匠が入らなくても、それだけでそれなりのプライスになってしまうものなのです)

 

180606f

GICIPI – Loose Border Tee
col : Ecru*Black / Navy*White
size : 3 / 4 / 5
price : 4,800 (+tax)

 

180514l

こちらもイタリアのブランド、今春に初登場をはたしたスウェットアイテムをメインに展開する VESTI のスウェットショーツです。

イタリアメイドにこだわりながらもバリューなプライスで、というのも嬉しいですね。

 

180514h

180514a

スイムショーツをベースにした細身のショーツです。
ウエストはゴムとコード、裾やポケットの縁が切りっ放しになっていて、デザイン的なアクセントにしています。

 

180514i

180514d

180514g

180514f

180514j

VESTI のスウェットアイテムは、そのまま外出できる部屋着、あるいは外出先の部屋着、などといった使い方をされるかな、というイメージでピックアップしています。
あまり気合いを入れたくない、でも崩れすぎたくもない、着ていてストレスがない、というシーンはけっこうあると思いますので、意外と大車輪の活躍をしてしまったり、、。

VESTI – Sweat Shorts
col : Navy / Navy Melange
size : S / M / L
price : 6,800 (+tax)

 

LINEで送る

arbre – Brisbane Moss Cotton Jacket, Trousers.

180603b

arbre のコットンジャケット、コットントラウザーが入荷しました。

実はこちら、予定外の緊急入荷となりまして、arbre さんの方から急なお話があって Fuzz の店頭に並ぶことになりました。

Brisbane Moss のコットンチノでジャケット、パンツと同素材です。
セットアップでコットンスーツとしてもおすすめです。

 

180603i

180603e

180603d

定番の段返り3つボタンですが、今季入荷済みのジャケットとはまた少し違った型となります。
センターベント、本切羽、裏地は袖裏のみ、という仕様で、シルエットは “スタンダード”。

 

180603h

“いい生地” でおなじみの Brisbane Moss のミドルウエイトのコットンツイル生地は、ほのかに毛足があって、やはりしっかりした上質感を感じさせてくれます。
真夏はちょっと厳しいかもしれませんが、実質的にはシーズンレスという感覚の生地と言っていいでしょう。つまり、いつ着ていてもおかしくないというような定番的なウエイト感です。

 

180603c

180603f

地味なベージュで、上質ながらも普通のコットンツイル。単体で使えば着まわしのよく利くベーシックアイテムですが、セットアップのスーツにすると、やたらと華があるのがメンズファッションの面白いところですね。

 

180603p

コットントラウザーも仕事で使いたいという人は多いはず。ベーシックな細身のスリムテーパードシルエットで、D.C.White とだいたい同じサイズ感ですが、微妙に違いはあります。
こちらの方が膝下の絞りがやや緩い感じになります。

 

180603o

ジャケットもパンツも、さすが arbre らしい良心的プライスも実際のところ注目すべきポイントだと思います。足しすぎず、引きすぎず、良品を適正価格で、というブランドの姿勢に好感が持てます。

 

180603j

たまたま仕事帰りに寄ってくれた村田さんが着せられて撮られていました。
『まったく頭になかったけど、いいなこれ』

 

180603k

180603l

arbre – Tailored Jacket *Brisbane Moss Cotton
col : Beige
size : 44 / 46 / 48
price : 48,000 (+tax)

arbre – Cotton Trousers *Brisbane Moss Cotton
col : Beige
size : 44 / 46 / 48
price : 20,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180513f

D.C. White のトロピカルウールのショーツが入荷しました。
定番のトラウザーのショーツ版と言っていいでしょう。きわめてシンプルな、コンパクトタイプの細身ショーツとなります。

 

180513b

180513d

180513e

180513c

裾がダブルで始末されている以外に、特に語るべきポイントはないように思います。
バミューダショーツをドレスの生地できれいにつくりましたというもので、いろいろと着まわしていただければと思います。

サイズ感などは定番のトラウザーとまったく同じですので、既にトラウザーのユーザーにはよりなじみやすいでしょう。
きちっとコンパクトですので、ショーツはサイズを上げようかな、という人も出てくるかもしれないと思いました。

 

180513g

D. C. White – Tropical Wool Shorts
col : Dk.Grey
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 14,000 (+tax)

 

180518l

初登場となります、KIFFE というブランドのパンツが入荷しています。
ちょっと変わったハーフパンツ、きわめてシンプルな千鳥のパンツ、2型をセレクトしました。

 

180518h

● KIFFE
1875年、ニューヨークのブルックリンにおいて、当時スポーツ選手だったHERMAN H. KIFFE 氏によってスポーツ用品として事業をスタートしたことが起源となります。
その後、ミリタリーサープラスの卸業や、ミリタリーウェアのメーカーとして変遷し、1980年代にブランドとしては終了することになりますが、2007年に再スタートをすることになりました。現行では、日本の商社によるライセンススタイルでの製品企画による展開となっています。

 

180518m

入り組んだ歴史を持つアメリカのブランドですが、要するに、一度停止してしまったブランドに日本のインポートアパレルの商社さんが目をつけて再生したというようなことみたいです。
実質はライセンスというかたちをとって、日本の商社がブランドのアーカイブなどをうまく利用しながら製品企画をしているということで、ミリタリーウェアを得意としていたという背景が現行製品にも強く影響されているようです。今回の2型はミリタリー色は無いですが・・・。

 

180518j

まずはハウンドトゥース、千鳥柄のコットントラウザー。
これはみなさんのクールビズにいいんじゃないかな、と思ってとってきました。

 

180518f

細身スリム型で、ストレッチ生地、丈感はやや短め、余計なディテールもなくシンプルにつくりましたというもので、クラシックな柄と相まって、使い方を穿く人に任せられている感じがします。

 

180518i

180518g

KIFFE – Houndstooth Pants
col : Black
size : 30 / 32
price : 13,000 (+tax)

 

180518a

こちらは少し変わっていて、ミドルパンツと名付けられたハーフ丈のパンツです。
意味合いとしては、ショートパンツ、ロングパンツがあっての、ミドルパンツ、ということが言いたいのだと思います。つまり、別ジャンルとしてミドルパンツですよという意味ではないでしょうか。

 

180518b

ちょっと長いショーツはずっと探していて、ちょうどこれは!と思ったプロダクトです。
色味も含めて生地がすごくよかったので、ブランドはよく分からないけど、これやります、となりました。

 

180518d

よく見るとミニヘリンボーンで、スミクロのような抜けたブラックに薄っすらと光沢感があります。薄地で軽くて、しかも CoolMax ということなので、なかなか完璧だな、と思いました。

スタイリングはやや難儀するかもしれませんが、実はかなり面白いパンツではないかと思っています。

 

180518c

KIFFE – Middle Pants
col : Black
size : 30 / 32
price : 12,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180416a

arbre より、リネンのブルゾンが入荷しました。
ここ数シーズン続く春夏の定番ジャケットです。

 

180416b

ドッグイヤーカラーでショート丈、いわゆるハリントンジャケット型。薄手のリネン生地にすると、また趣が異なって、微妙にニュアンスが違ってくるような気がします。
どちらかというと、カチッと、パリッとしている印象のジャケットですが、リネンになるとやや脱力していい感じになるかなと。少しくらい大きめのサイズでたらっと着るのも無しではなくなるし、よりラフな使い方がしやすくなるような気がします。

 

180416g

昨年も大好評でした。今年、変更点と言えば、ズバリ、生地とプライスです。デザインやサイズ感などは何も変えていないということで、印象としてもほとんど変わらないと思います。
生地ですが、リネン地であることに変わりはありませんが、昨年よりわずかに肉厚になり、質感も多少異なります。

 

180416c

180416f

180416e

昨シーズンの動向ですが、春から夏にかけて、意外と広い期間にわたって使うことになるようです。暑くなればなるほど、冷房は強烈になりますから、外出の際につい連れて行ってしまうということもお聞きしました。

 

180416h

arbre – Dog Ear Linen Blouson
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 22,000 (+tax)

 

180406o

覚えている人もいるでしょう、久しぶりに Fat Moose のジャケットが入荷しました。
こちらはレインウェアとしてのフードジャケットになります。

 

180406j

180406b

数年前、中綿のヘヴィーアウターをセレクトしましたが、それ以来、2度目の登場です。
デンマークのアウトドア系のファッションブランドで、機能を備えたアーバンアウトドアなプロダクトを展開しています。

今回、かなりレインウェアとして意識高い系のジャケット、いや、ファッションアイテムとして意識が高いレインウェアと言った方がいいのか、どちらにしても、かなりしっかり撥水性を意識したものとなっています。

 

180406n

180406i

180406g

180406f

180406h

180406d

180406e

生地はウォータープルーフ、3000という表示は撥水性の高さを示していて、タウンユースとしては充分な数値ということ。ラバーなどではないので完全防水の生地ではなく、しっかりストレッチが利いています。
また、シームやジップも止水仕様となり、ベンチレーションにも気を遣っていて、機能性に配慮していることがうかがえます。

 

180406q

しばらくは雨の多い季節となりますので、こういった需要もあるのではないかと思います。
ギアとかツール的な意味合いがあるアイテム選びというのは、ファッションオンリーの選別とはまたひとつ違った楽しみがあり、買いものとしても別感覚なのが面白いです。

 

180406p

Fat Moose – Fat Rain
col : Grey / Green*Navy
size : S / M
price : 14,800 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180319e

ARAN のブルゾンジャケットが入荷しています。
薄手の ジャパニーズ Ventile の生地をつかった春らしいコットンジャケットです。

 

180319c

ブルゾンという名前が付いていますが、ショートジャケットとしては着丈がしっかりある感じです。ハリントンジャケットとかドリズラーとか、ゴルフジャケットとか、いろいろな呼び名が連想されますが、ブランドさんとしては GB Blouson というモデル名にしていますので、イギリスのそちら系をルーツに考えているようです。

 

180319d

ダイワボウ製、国産のベンタイル生地は、高密織りのコットン生地で、高い撥水性と通気性を備え、薄地ながら非常にしっかりしたファブリックとなります。

 

180319b

180319k

フロントのポケットは二重構造になっていて、内ポケットも2つあり、バッグ持ちたくない派にはうれしい実用性です。
気取らない雰囲気ながらも、質感の好さと丁寧なディテールワークによって、しっかり大人対応の上質感が備わり、しっかりと 『よく使うジャケット』 になってくれる気配を感じさせてくれます。

 

180319l

ARAN – GB Blouson *Ventile
col : Beige
size : 1 / 2 / 3
price : 25,000 (+tax)

 

180320e

Yarmo のバンドカラーのロングシャツ、新たに入荷しました。
コットンタイプライターの後染めダークネイビー、フロント下側にポケットがついた変形のワークシャツです。

 

180320b

180320a

180320c

180320d

シルエットはややゆったり、元々のサイズ展開がメンズでこのワンサイズのみとなっています。
ヨーロッパのワークシャツで伝統的にこういったロングシャツがあったようですが、特別にワークウェアな雰囲気でもなく、独特のバランスが着こなしの幅を広げてくれるのではないでしょうか。

 

180320f

Yarmo – Band Collar Long Shirt
col : Dk.Navy
size : M
price : 21,000 (+tax)

 

180322e

こちらはおなじみ、D.C.White のトロピカルウール(サマーウール)のスラックス。
今シーズンはグレーとダークグレーの2色ご用意しています。

 

180322g

シンプルでトラウザーズとして定番的なディテールを備えた一本です。ビジネスユース、カジュアルユース問わず、普遍的なアイテムとしていろいろな使い方をしていただけたらと思います。

 

180322c

170317b

180322a

180322d

170317f

170317d

170317e

シルエットはスリム型。スーツ屋さんのスラックスよりは細身のシルエットでファッショナブルに、という感じになりますが、細さを追求しているわけでなく、また日本のブランドですので、細身ではあっても日本人の体型に無理なく合うように設定されています。

 

180322f

D. C. White – Basic Trousers – Summer Wool
col : Grey / Dk.Grey
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 15,000 (+tax)

 

190801c

こちらもおなじみのロングセラー、Ordinary fits のアンクルデニムもそれぞれサイズ揃って入荷しております。

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *One Wash
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 14,800 (+tax)

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *3 year Used
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 16,800 (+tax)

 

180201i

それからご紹介済みの arbre の Canonico のジャケット、50というサイズが1着のみ手に入り、店頭に並んでおります。

 

LINEで送る