New Arrivals.

200305i

Universal Works、ARMEN から新作、定番のアウターが届いています。
まずは Universal Works から。

 

200305h

新型モデルの Fistral Jacket はマリンパーカ、ヨットパーカをベースにしたワックスコットンのフーデッドジャケットです。
ファブリックは先にご紹介した Workhouse のジャケットと同様、イギリスの HALLEY STEVENSON の生地が使われています。

 

200305e

ワックスコットン生地でも種類は違うもので、こちらの方は生地面が表情豊かで、皺などからアタリ、クラックが目に見えて現れます。より天然素材らしい自然な風合いが感じられるファブリックであると言えるでしょう。
厚からず、薄からずの中厚地で、裏なし一重のつくりです。ミディアムウエイトのアウターとして、春と秋に広く使っていただけそうです。

 

200305a

ショート丈でフーデッド、ジップアップ。Universal Works らしさもあり、アウトドアの雰囲気もあり、という感じで、シンプルデザインながらも趣があります。

シルエットは適度にゆったりしていて、今、心地好いバランスになっているかと思います。分かりやすいオーバーサイズではなく、なんとなく緩いな、という感じで、しっくりくる人も多いのではないでしょうか。ざっくり羽織っていい感じ、という印象です。

 

200305b

200305g

200305f

200305c

Universal Works – Over Coat
col : Khaki
size : XS / S / M
price : 39,000 (+tax)

 

200304g

ARMEN の定番のコットンコート。
春夏に出てくるのはコットンポプリンで、やや、薄地です。

 

200304b

非常にシンプルで、オーセンティックなデザインのハーフ丈コートです。
結局使いやすい、結局飽きない、というシンプルベーシックなアイテムですが、探すとなるとなかなか、というようなコートだと思います。

 

200304c

後染めならではのナチュラルな質感で、カジュアルで着やすいです。ラフな感じで着れて、それでも品好く、というところが一番の魅力です。
革靴と合わせてこぎれいにも着れるし、軍パンに疲れたスニーカーと合わせても心地好いでしょう。

 

200304d

200304e

シルエットはずっと変わらずのスタンダード型です。特にタイトでもなければルーズでもなく。服はジャストサイズで着るものだ派の人におすすめしたい安心感のあるシルエットです。

結局秋にも着れますし(秋の方がよく着るという意見も多)、レイヤードの仕方しだいで広い時期にわたって活躍してくれると思います。

 

200304a

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 32,000 (+tax)

 

*******
Fuzz
新宿区新宿1-7-3 三栄ビル4F
03-6273-1172
OPEN 13:00-21:00 平日 / 12:00-20:00 土日
CLOSE 月曜
*******
FENEST (メンズ)
Belle (レディースオンラインストア)

 

LINEで送る

New Arrivals.

191119c

Charpentier de Vaisseau のダッフルコートをご紹介します。
こちら、イギリスの LONDON TRADITION の手によるイングランド製となります。

 

191119h

LONDON TRADITION はインポートブランドの世界ではなかなか有名で、自社工場を持つファクトリーブランドです。主にウールメルトンのPコートやダッフルコートをつくっていて、毎シーズン、いろいろなインポーターや大手セレクトなどがデザインや生地を持ち込んで生産を依頼しています。
僕もインポートの展示会では毎度毎度目にしていたのですが、ずっと Gloverall を続けていたため、ほとんど興味を持ちませんでした。インポーターさんが用意する純ファクトリーブランドとしての LONDON TRADITION は、Gloverall よりお手頃に本場のダッフルコートが、という立ち位置でした。そのため、目にするもののほとんどが、オーソドックスな直球のダッフルコートだったのです。

ところが、シャルパンティエ。

 

191119d

しっかり “らしい” 雰囲気でつくらせてしまいました。
普通、一般的なダッフルコートはフーデッドですが、こちらはラウンドカラー。やや長い着丈でラグランスリーブ、そして素晴らしい色味も魅力的です。
総合的に見て、代えの効かないオリジナリティがしっかり感じられ、しかもそれが変な癖系のものでもなく、同時にクラシックアイテムなればこその普遍性も失われていないという。

 

191119g

191119e

191119a

ハーフコート丈よりやや長め、ダッフルなので裏地のない一枚仕立て、トッグルは上の方に3つ。
羽織って歩く姿が絵になります。

 

191119b

Charpentier de Vaisseau – Duffle Coat
col : Greige
size : 2
price : 47,000 (+tax)

 

191120c

変型ダッフルにつづいて、変型Pコートは ARMEN です。
ボタンを小さく、少なくして、すっきりした雰囲気に、そして着丈はハーフコート丈でしっかり、全体になんとなくエレガントな風情です。

 

191120g

191120d

生地は化繊多めの厚地で軽い、エアリーなダブルフェイスのメルトン。表面起毛をさせているので、ウールモッサということになるでしょうか。ふんわりしていてソフトな質感です。

 

191120f

191120e

バランスが取りやすく、コーディネイトしやすいというPコートのいいところを備えつつ、オーソドックスなPコートスタイルにファッション的なスパイスをちょっと利かせているといった感じでしょうか。
ありきたりな感覚が無く、しっかり格好いいです。

 

191120a

191120b

ARMEN – Double Face Mid Length Pea Coat
col : Black
size : 1 / 2
price : 32,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

191101b

久々の登場、Le Minor (ルミノワ)。
元々フランスのバスクシャツをつくるメーカーですが、日本の商社さんによるライセンス展開もいろいろとあります。
その中から、グレンチェックのコートがよかったのでセレクトしてみました。

 

191101c

トラディショナルな雰囲気のブラウン系グレンチェックは、柄ものではありますが、とても落ち着いています。華やかさがりつつ、落ち着きもある、というのがトラッドなものたちの魅力でしょう。

 

191101a

素材はポリエステルの軽いもので、胴部にはキルティングでシンサレートの中わたが薄く入っています。シルエットが膨らむほどの厚さではなく、モコモコ感は感じられません。

 

191101g

 

191101f

シルエットは標準的なものではありますが、ジャケットの上から羽織ることを考えられたサイズ感になっていて、すっきり系のかたちをしているわりにはサイジングはやや大きめの設定となっています。

 

191101d

意外とどのように解釈してもよさそうです。
ベレー帽などかぶって、太いパンツと合わせてフレンチシックな雰囲気もよければ、細身のジャケット、パンツと合わせてダンディにパリッとトラッドにというのもいいでしょう。
そしてもちろん、いつもスーツの上に着て、ビジネスユースというのもいいと思います。

ファッション的にベーシックであると、アイテムそのものに思惑がなくなり、飽きずに使いやすかったりするもので、まさにそういう類いのコートではないかと思います。

 

191101e

Le Minor – Check Coat
col : Brown Check
size : 38 / 40 / 42
price : 32,000 (+tax)

 

191023k

ARMEN は久しぶりのキルトジャケット。
今季は少し前に新しくできたノーカラーのモデルをセレクトしました。

 

191023a

191023f

特徴としては、キルティングがステッチではなくてパンチングであること(ステッチほつれがありません)、リバーシブルであること(裏面はあまり使いません)、裏面がフリースであること。

キルティングの薄い中わた、プラス裏フリースで、温かさはなかなかのものです。

 

191023c

襟なしになることで、レイヤージャケットとしての使い方もできそうで、この上からガバッとコートなどを羽織ってしまうのもありでしょう。
あるいはマフラーなどの巻きものをより楽しめるジャケット、という見方もできそうです。

そして、春先、春の気配だけ強まっているけどまだまだ寒い、というような梅春といわれる時期に、襟まわりがさっぱりした暖かいアウターが重宝するというのもあります。

 

191023d

僕はハイネックのタイプを着ていますが、なんだかんだで毎シーズンよく着ます。イマドキのファッションとはやや離れたところにいるアイテムでしょうが、着合わせに気を遣うこともなく、便利で安心感があるような気がします。
クルーネックになると、ややイマドキに近づいている感もあり、より使いやすいのではないかと思います。

 

191023h

ARMEN – No Collar Quilt Jacket
col : Grey / Navy
size : 2
price : 24,000 (+tax)

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

今週末の3連休は全日営業致します。
(11月4日が月曜日ですが営業します *12:00 – 20:00)

 

LINEで送る

ARMEN – Shirts.

190806o

ARMEN からも新作シャツが届きました。
ゆったりシルエットのバンドカラー、この後、比較的早い時期から着れる軽めのファブリックです。

 

190806d

ダークトーンのチェック柄はダブルガーゼ。ふわふわとした柔らかい肌触りで、肌当たりがソフトなだけでなく、通気性にも優れます。
どちらかというと春夏の製品に使われることが多いと思いますが、色合いを秋冬的なトーンにして、夏の終わりから着ていこうという趣旨です。晩夏初秋、しっかり暑い日も多いので、ありがたい存在になるような気がします。

 

190806c

ドロップショルダーでかなり緩いシルエットになりますので、イマドキなバランスで着ていただけますが、そこは ARMEN ということで、イマドキでトレンド、みたいな雰囲気は皆無です。
やはり素材感が ARMEN らしい風合いなので、落ち着いた雰囲気で大人っぽく合わせていただけます。

 

190806a

ARMEN – Utility Banded Collar Shirt
col : Navy Charocoal
size : 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

190806f

こちらはコットンタイプライターの後染め。胸のポケットが無いですが、シルエットは概ね同じです。
薄地のハリ感のあるタイプライターに、後染め特有のしんなり感が加えられることで、独特の風合いとなり、また着やすくなっています。
こちらも同じく薄地なので、早い時期から着ていただけると思います。

 

190806n

190806h

190806j

きわめてシンプルなデザインですが、素材感とシルエットで違いを出していますので、なんともいえない ARMEN のオリジナリティはしっかりと感じられます。
大人が安心して着れるルーズシルエットのシャツとしておすすめです。

 

190806e

190806k

ARMEN – Utility Banded Collar Shirt
col : Kangaroo / Navy
size : 2 / 3
price : 14,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

181109j

ARAN より、上品なオリーブカラーのコートが入荷しております。
国産ベンタイル生地によるスプリットラグランのステンカラーコートとなります。

 

181109c

181109g

英国をルーツとするベンタイル生地とは、コットン素材でありながら、特殊な高密織りによる撥水生地です。機能としての撥水性もさることながら、高密コットン生地ならではの上品な生地感も大きな魅力と言えると思います。

 

181109a

スプリットラグランのスリーブとは、前側がセットイン、後側がラグランという袖付けの仕方のことを言います。ラグランの動きやすさとセットインのすっきりさを両立させるための方法で、アームホールの量をとりながらも前からのルックスをシャープに見せる技術です。

 

181109d

181109e

181109i

181109b

渋いダークなグレンチェックのコットンの裏地、袖裏はキュプラという総裏二重仕立て、チンストラップが付くなど、必要充分なディテールで構成され、きわめてシンプルでオーソドックスなつくりで誠実に仕立てられています。

非常に地に足の着いたプロダクトといった印象で、普通に格好いい。僕の側からは、あらゆるスタイル層に、あらゆるシーンに、安心しておすすめできるアイテムであることは間違いないです。

 

181109h

ARAN – Sprit Raglan Coat *Ventile
col : Olive
size : 1 / 2 / 3
price : 38,000 (+tax)

 

181110c

comm. arch. の新作は、ウールシャツというか、シャツジャケットいうか、という Knited Lamb’s Shirt。
素晴らしい素材感と、ひとひねりのあるプロダクトは、comm. arch. ならではです。

 

181110d

圧縮ウールの毛足を長めに刈って、見た目にも暖かそうな表地とし、裏側に同じ素材で織地をボンディングしているということです。
編地+織地のコラボレーションで、柔らかさと耐久性を備えるのも大きなポイントになっています。

 

181110a

何とも言えない生地のルックスが独特で、不思議な高級感を感じます。

スタイルとしては、シャツとしてはもちろん、CPOシャツのようにアウターとして羽織ることもできるはずで、着こなしの自由さもこのアイテムの売りになっている部分かと思います。

 

181110e

comm. arch. – Knited Lamb’s Shirt
col : Sandalwood
size : 2 / 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

 

181108a

ARMEN 定番のコットンネルの後染めスカーフも入荷しました。
ウールはチクチクして嫌だという敏感肌の人には特におすすめです。

 

181108c

181108e

チェックとストライプのコットンフランネル生地を後染めしてカットしたものです。
柄の生地を上から染めることで、色彩に微妙なニュアンスが生まれるのがポイント。なんとなくトーンに統一感が出て、よりコーディネイトに取り入れやすい色調になっています。

ウールマフラーほど熱がこもらないので、暖かさでは負けるが、暑くなりすぎないでは勝ちます。

 

181108d

181108g

ARMEN – Cotton Flannel Scarf
col : Check / Stripe
price : 7,000 (+tax)

 

LINEで送る