New Arrivals.

181109j

ARAN より、上品なオリーブカラーのコートが入荷しております。
国産ベンタイル生地によるスプリットラグランのステンカラーコートとなります。

 

181109c

181109g

英国をルーツとするベンタイル生地とは、コットン素材でありながら、特殊な高密織りによる撥水生地です。機能としての撥水性もさることながら、高密コットン生地ならではの上品な生地感も大きな魅力と言えると思います。

 

181109a

スプリットラグランのスリーブとは、前側がセットイン、後側がラグランという袖付けの仕方のことを言います。ラグランの動きやすさとセットインのすっきりさを両立させるための方法で、アームホールの量をとりながらも前からのルックスをシャープに見せる技術です。

 

181109d

181109e

181109i

181109b

渋いダークなグレンチェックのコットンの裏地、袖裏はキュプラという総裏二重仕立て、チンストラップが付くなど、必要充分なディテールで構成され、きわめてシンプルでオーソドックスなつくりで誠実に仕立てられています。

非常に地に足の着いたプロダクトといった印象で、普通に格好いい。僕の側からは、あらゆるスタイル層に、あらゆるシーンに、安心しておすすめできるアイテムであることは間違いないです。

 

181109h

ARAN – Sprit Raglan Coat *Ventile
col : Olive
size : 1 / 2 / 3
price : 38,000 (+tax)

 

181110c

comm. arch. の新作は、ウールシャツというか、シャツジャケットいうか、という Knited Lamb’s Shirt。
素晴らしい素材感と、ひとひねりのあるプロダクトは、comm. arch. ならではです。

 

181110d

圧縮ウールの毛足を長めに刈って、見た目にも暖かそうな表地とし、裏側に同じ素材で織地をボンディングしているということです。
編地+織地のコラボレーションで、柔らかさと耐久性を備えるのも大きなポイントになっています。

 

181110a

何とも言えない生地のルックスが独特で、不思議な高級感を感じます。

スタイルとしては、シャツとしてはもちろん、CPOシャツのようにアウターとして羽織ることもできるはずで、着こなしの自由さもこのアイテムの売りになっている部分かと思います。

 

181110e

comm. arch. – Knited Lamb’s Shirt
col : Sandalwood
size : 2 / 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

 

181108a

ARMEN 定番のコットンネルの後染めスカーフも入荷しました。
ウールはチクチクして嫌だという敏感肌の人には特におすすめです。

 

181108c

181108e

チェックとストライプのコットンフランネル生地を後染めしてカットしたものです。
柄の生地を上から染めることで、色彩に微妙なニュアンスが生まれるのがポイント。なんとなくトーンに統一感が出て、よりコーディネイトに取り入れやすい色調になっています。

ウールマフラーほど熱がこもらないので、暖かさでは負けるが、暑くなりすぎないでは勝ちます。

 

181108d

181108g

ARMEN – Cotton Flannel Scarf
col : Check / Stripe
price : 7,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

181009f

ARMEN の定番のコートが入荷しました。
秋冬はしっかりした厚手のコットンドリルの生地です。

 

1701008h

181009e

特に際立つ特徴を備えているわけではなく、ワークコートの体裁をとりながらもクラシックなハーフコートとして仕立てられ、実は絶妙なバランスのコートになっています。

コットン生地の気さくなコートでバランスが整ったものというのは、意外とありそうでないところだったようで、継続的な人気を博しています。
きれいなスタイルから野暮ったさを取り入れたラフなスタイルまで、細いパンツから太いパンツまで、幅広くこなすオールラウンドなコートと言っていいでしょう。ワークウェアが切り口になっているからこそ、ルール無用、さまざまなスタイルに自由に取り入れていけます。

 

1701008g

181009b

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Khaki / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 32,000 (+tax)

 

181008f

この春に初登場したオランダのレインジャケット専門ブランド、Pack Mack。
意外な人気で今秋冬も再登場です。

 

181008c

前回はプルオーバー型でしたが、今回はフルジップ型でご用意しました。
どちらもそれぞれの好さがあると思いますが、フルジップの好さは、着たり脱いだりがしやすいことが一番でしょう。
スタイルとしてはプルオーバーがかわいい感じがして洒落ているように思えますが、フルジップの実用性も捨てがたし。リアルに対雨を考え、通勤の自転車やアウトドアシーンで使おうかな、と考えるとなおさらではないでしょうか。

 

181008e

色合いもなかなかいいところを突いてくるのがこのブランドの魅力です。

 

181008b

Pack Mack – Zip Up Rain Jacket
col : Omaha Oranege
size : S / M
price : 12,000 (+tax)

 

181007l

久しぶりの入荷となりました、SAINT JAMES の OUESSANT Melange。
2色の糸を杢編みしたシリーズです。

 

181007b

181007e

見ての通りですが、表情が豊かになるのが最大の特徴であり、魅力です。
ボーダーはもちろんですが、プレーンな単色とは印象が一変しますので、新鮮に感じるのではないでしょうか。

逆にプレーンな単色のパンツと合わせるのに重宝するウェッソン、という位置付けでもいいと思います。

 

181007c

181007f

メランジの生地は、普通のウェッソンに比べて、若干縮みが大きく出るということで、今回は初の試みとして、4、5、6、というサイズ展開としました。
3というサイズが着丈が短めになるのでこうしましたが、4からはしっかりあるので、さほど心配はないかと思います。

SAINT JAMES – OUESSANT Melange
Col : Noir / Gringo Nero
size : T4 / T5 / T6
price : 11,000 (+tax)

 

181007h

それからレギュラーのウェッソンの遅れていたもう一色、インディゴが同じタイミングで届いております。準定番カラーといった立場のカラーなので、たまに登場してくる色です。

 

181007j

SAINT JAMES – OUESSANT
size : T3 / T4 / T5
price : 10,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180411p

HARROW TOWN STORES のリネンジャケットが入荷しています。
徐々に気にする人が増えてきたブランドですが、独特の世界感をもったおもしろいブランドです。

 

180411b

こちらはブランドの定番型のジャケットで、リネン素材というものです。製品染めによって微妙な色合いが生み出せて、質感としても独特なものになっています。

今回、サイズ感で仕様変更があるということで、『少なくともワンサイズは大きくなる』 という事前案内だったので、大事をとって44というサイズのみで発注しました。秋冬はまだしも、春夏のジャケットですので、インに着るのはカットソーか薄地のシャツくらいでしょうから、あまり大きいと困るなと考えたのです。元々丈はしっかりあるジャケットなので。

よくあるのですが、、結果的に、ほとんど変わっていないという事態になっています。ですから、1サイズの展開にしてはやや小さめ、ということになってしまいました。もしかしたら、後染めで想定以上の縮みが出たのかもしれません。。

 

180411j

180411m

軽いリネンのジャケットですので、イメージとしては、カットソーの上から軽く羽織る感じでしょう。野外で陽が強かったり、梅雨時だったり、屋内で冷房が強かったり、という状況で、着たり脱いだりするこの手のジャケットは、春夏シーズン全域にわたって活躍してくれると思います。

おおよそメンズSサイズから、やや小さめのMサイズといったイメージでしょうか。カットソー1枚の上からということであれば、普段Mサイズの人にも普通に着れるくらいです。

 

180411e

180411i

180411k

HARROW TOWN STORES – Linen Jacket
col : Dk.Khaki / Off Black / Marine
size : 44
price : 28,000 (+tax)

 

180412a

こちらは ARMEN の少々趣の不思議なプルオーバーのシャツです。
インド生産で、おそらく生地もインドの織物を使用しているのだと思います。

 

180412c

軽くて薄く、ガーゼ生地のようなふんわり感があり、よく風を通しそうです。インドと言われると東南アジアっぽくも見えますし、日本の浴衣に使われるような生地にも見えると思います。

 

180412b

ドロップショルダーで、ゆったりしたシルエットになりますので、生地感もあいまって、ふんわりと着ていただくようなシャツとなります。

 

180412e

実はこちらもサイズが1サイズとなってしまっています。こちらに関しては3サイズで発注していたのですが、MとLにあたるサイズが NOTHING の事態となってしまいました。おそらく、メンズサイズの発注が Fuzz だけだったのでしょう。
1というサイズは、メンズのS、レディースのMという設定になっています。ですので、女性の方や、奥さま彼女さんへのプレゼントとしてもおすすめです。

ARMEN – Pullover Shirt
col : Navy
size : 1
price : 12,000 (+tax)

 

180413g

久しぶりに SAINT JAMES のモーレが入荷しました。
ウェッソン生地ではなく、ピリアック生地の薄地の天竺コットン、ボートネックの7分袖です。

 

180413f

180413d

180413c

ウェッソン、ピリアックは毎年展開していますが、モーレはかなり久々です。なんとなく自分が着たくなってという単純な理由ですが、営業さんが曰く、根強い人気があるそうです。

ピリアック(半袖)は今年も色数豊富に発注していますが、店頭入荷とここでのご紹介はもう少し先になると思います。

 

180413h

SAINT JAMES – MORLAIX 3/4
col : Navy / Marine*Neige / Noir*Neige
size : T3 / T 4 / T5
price : 8,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180311e

ARMEN の定番コートが届きました。
春と秋と、ここ数シーズン継続していますのでおなじみなってきたかと思います。

 

180311b

シンプルなデザインでワークコートのスタイルをとったコットンのハーフコート。
春は薄手のコットンポプリン、秋は厚手のコットンドリルが定番となっていて、いずれも製品染めによる染色ということも大きな特徴となっています。

 

160306e

180311d

コートのスタイルとしてはクラッシックですが、雰囲気として非常にカジュアルです。
ワークだからこそ気さくに羽織れ、でもゴテゴテしたワークではなく、きれいなバランスで着れるステンカラーのコートであることが、このコートの一番のいいところで、所有していれば実際によく着ることになるタイプのデイリーアイテムになるのはないでしょうか。

 

160306f

180311a

何かの分かりやすいスタイルをとったコートでもなく、ディテールを積み上げているわけでもなく、目につく大きな特徴はないけれど、さほど考えずにサッと羽織れるコートである、ということが主な任務になるような気がします。

 

180311f

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Beige / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 29,000 (+tax)

 

180312e

こちらもフランスのワーク、我らが定番、Le Laboureur のフレンチ・ワークジャケットです。
今シーズンは定番のモールスキンのネイビー、ブラック、コットンドリルのネイビー、というラインナップとなります。

 

180312b

こちらコットン100%のコットンドリルは初登場。以前ポリエステル混紡の軽い生地がありましたが、その時とはまた別の生地となります。

 

180312a

ドリルというのは、綾目がしっかり出るツイル生地の一つということで、要するに普通の生地です。古着でもよく見かけるクラシックなワークウェアの生地となりますので、特筆することもないといえばないです。色合いもザ・フレンチワークの青味がかったネイビーで、モノとしてまったくのど真ん中、そのものです。

生地としては普通のウエイト感ですが、モールスキンよりは一段軽く、経年変化もまた違った感じになります。

 

180312c

Le Laboureur – Work Jacket *Cotton Drill
col : Navy
size : 0 / 1 / 2
price : 17,800 (+tax)

 

 

 

 

180312d

 

こちらは定番的に揃えているモールスキン、ブラック&ネイビーです。
モールスキンの生地にも何種類かあるのですが、やはりコットン100%がいいかなと思い、今回も綿100モールスキンとなっております。

 

161105e

着こんで着こんで、かなり経ってから着やすくなってきて、その頃になって着方もマイ・オリジナルが出来上がるのではないか、というようなジャケットです。

リアルなワークウェアですので、これそのものが格好いいというアイテムではありません。どう着るか、という部分を楽しむようなジャケットですので、しっかり楽しんでいただくのが一番だと思います。
リアルな分、羽織れば勝手に強めのニュアンスが出てきますので、そこを無造作に、あるいは積極的に、活用しつつ自分のスタイルで楽しむのがいいと思います。実は着てみると意外と難しくないということが分かっていただけるはずです。

 

161105b

161105d

161105a

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)

 

春が来すぎたと思ったら、寒が戻りすぎて、なんなんだという今日この頃ですね。
ですがいよいよ花見シーズンが間近であることは間違いないようで、なんとなく気分は浮かれます。
桜が咲いて、春、という気分ですが、それまでの、春を待ちわびる寒いけど冬でもないような期間が長くて、それがやっと終わるという嬉しさが大きいような気がしますなぁ。

 

LINEで送る

New Arrivals.

1701109b

Universal Works のコートの定番、Top Coat が今年も入荷しました。
今シーズンはトラッドな風情のツイード生地で、落ち着いた大人の雰囲気です。

 

1701109d

ブラウン×ブラックのウールツイードは、しっかり高級感のある上質なファブリック。イギリスのブランドがこういった生地を使うと、なんとなく説得力が違います。

 

1701109a

1701109e

1701109f

総裏仕立てで、胴部はコットンの裏地というのが Univresal Works らしいところです。
また、今回、昨年よりも着丈を少し長くしている点も注目すべきポイントでしょう。

 

1701109c

Universal Works – Top Coat *Wool Tweed
col : Brown
size : XS / S / M
price : 49,000 (+tax)

 

1701110i

昨年お休みをして、2年ぶりとなりました、Yarmo のドンキーコートです。
昨シーズン、結局たくさんのお問い合わせをいただくことになってしまい、めでたくの復帰です。

 

1701110d

昨年からボタンが胡桃タイプではなくなり、普通のボタンに変更になりました。
なんとなく印象が変わったので、とりあえずお休みしようかという判断でしたが、これはこれでという意見が案外多く、まったくの僕の懸念だったようです。

さらによく見ると、メインのメルトン生地と、リブの質感がグレードアップしているし、何よりボタンの雰囲気もとてもいい。
ということで、Yarmo 定番のドンキーコートはやはりたいしたものだ! という結論です。

 

1701110b

ショートコートという位置付けのため、ブルゾンのように裾にリブがあったりなどはなく、すとんとまっすぐ落ちていることも、意外とこの丈感ではあまり見ないバランスです。

カールしたリブ襟がどうしても目を惹くポイントですが、丈感が絶妙だったり、アームがすっきりしていたり、トータルでバランスが好く、ストレスなくコーディネイトできることが魅力になっているように思います。

 

1701110e

1701110c

カラーはネイビーでかなり濃い目。そして今季の裏地は赤ということになります。
僕の記憶違いがありまして、事前にお問い合わせいただいた数人のお客さまに 『今季はブラックが入ります』 と案内してしまいましたが、正しくはネイビーでした。
たいへん申し訳ございませんでした。

 

1701110a

長年販売してきましたが、タイトなデニムに合わせたり、ルーズな軍パンに合わせたり、コーディネイトは十人十色です。
決まりきったかたちがないからこそ、定番として定着しているのだと思います。

 

1701110h

Yarmo – Donkey Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 38,000 (+tax)

 

1701111a

ARMEN の定番は、キルトジャケット。
今シーズンもウールシェルのものをピックアップしました。

 

1701111g

“ハイネック” ジャケットの方は、グレーのヘリンボーンです。
ツイードライクでソフトなウール地で、ガサガサせずに着やすいです。

 

1701111f

アーメンのキルトジャケットの最大の特徴が、キルティングをシームではなく、ステッチの綻びが発生しないパンチングでしていること、そして、リバーシブルのつくりになっていることです。

 

1701111e

1701111d

1701111b

僕も所有していてずいぶん着ていますが、まだフリースの面で着たことはありません。笑。
あたたかい裏フリースということで何の問題もないように感じています。

 

1701111m

ARMEN – Reversible High Neck Quilt Jacket *Wool Herringbone
col : Grey
size : 1 / 2
price : 28,000 (+tax)

 

1701111l

フーデッドのタイプは初登場となります。
フロントがスナップボタンになり、やや大ぶりな一体型のフードが付きます。

 

1701111j

しっかり上までボタンを留めると、かなりフードが立ってくるつくりになっています。
立体感を出して着るのもいいですが、フードの口が開くように、襟を大きく開いて着てもバランス好く着ることができます。

 

1701111k

生地はヘリンボーンではないですが、同じ種類のプレーンなネイビーです。ツイード調の見え方をしますが、実際はツイーディでなくソフトです。

 

1701111n

ARMEN – Reversible Hooded Quilt Jacket *Wool
col : Navy
size : 1 / 2
price : 31,000 (+tax)

 

LINEで送る