New Arrivals.

180411p

HARROW TOWN STORES のリネンジャケットが入荷しています。
徐々に気にする人が増えてきたブランドですが、独特の世界感をもったおもしろいブランドです。

 

180411b

こちらはブランドの定番型のジャケットで、リネン素材というものです。製品染めによって微妙な色合いが生み出せて、質感としても独特なものになっています。

今回、サイズ感で仕様変更があるということで、『少なくともワンサイズは大きくなる』 という事前案内だったので、大事をとって44というサイズのみで発注しました。秋冬はまだしも、春夏のジャケットですので、インに着るのはカットソーか薄地のシャツくらいでしょうから、あまり大きいと困るなと考えたのです。元々丈はしっかりあるジャケットなので。

よくあるのですが、、結果的に、ほとんど変わっていないという事態になっています。ですから、1サイズの展開にしてはやや小さめ、ということになってしまいました。もしかしたら、後染めで想定以上の縮みが出たのかもしれません。。

 

180411j

180411m

軽いリネンのジャケットですので、イメージとしては、カットソーの上から軽く羽織る感じでしょう。野外で陽が強かったり、梅雨時だったり、屋内で冷房が強かったり、という状況で、着たり脱いだりするこの手のジャケットは、春夏シーズン全域にわたって活躍してくれると思います。

おおよそメンズSサイズから、やや小さめのMサイズといったイメージでしょうか。カットソー1枚の上からということであれば、普段Mサイズの人にも普通に着れるくらいです。

 

180411e

180411i

180411k

HARROW TOWN STORES – Linen Jacket
col : Dk.Khaki / Off Black / Marine
size : 44
price : 28,000 (+tax)

 

180412a

こちらは ARMEN の少々趣の不思議なプルオーバーのシャツです。
インド生産で、おそらく生地もインドの織物を使用しているのだと思います。

 

180412c

軽くて薄く、ガーゼ生地のようなふんわり感があり、よく風を通しそうです。インドと言われると東南アジアっぽくも見えますし、日本の浴衣に使われるような生地にも見えると思います。

 

180412b

ドロップショルダーで、ゆったりしたシルエットになりますので、生地感もあいまって、ふんわりと着ていただくようなシャツとなります。

 

180412e

実はこちらもサイズが1サイズとなってしまっています。こちらに関しては3サイズで発注していたのですが、MとLにあたるサイズが NOTHING の事態となってしまいました。おそらく、メンズサイズの発注が Fuzz だけだったのでしょう。
1というサイズは、メンズのS、レディースのMという設定になっています。ですので、女性の方や、奥さま彼女さんへのプレゼントとしてもおすすめです。

ARMEN – Pullover Shirt
col : Navy
size : 1
price : 12,000 (+tax)

 

180413g

久しぶりに SAINT JAMES のモーレが入荷しました。
ウェッソン生地ではなく、ピリアック生地の薄地の天竺コットン、ボートネックの7分袖です。

 

180413f

180413d

180413c

ウェッソン、ピリアックは毎年展開していますが、モーレはかなり久々です。なんとなく自分が着たくなってという単純な理由ですが、営業さんが曰く、根強い人気があるそうです。

ピリアック(半袖)は今年も色数豊富に発注していますが、店頭入荷とここでのご紹介はもう少し先になると思います。

 

180413h

SAINT JAMES – MORLAIX 3/4
col : Navy / Marine*Neige / Noir*Neige
size : T3 / T 4 / T5
price : 8,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

180311e

ARMEN の定番コートが届きました。
春と秋と、ここ数シーズン継続していますのでおなじみなってきたかと思います。

 

180311b

シンプルなデザインでワークコートのスタイルをとったコットンのハーフコート。
春は薄手のコットンポプリン、秋は厚手のコットンドリルが定番となっていて、いずれも製品染めによる染色ということも大きな特徴となっています。

 

160306e

180311d

コートのスタイルとしてはクラッシックですが、雰囲気として非常にカジュアルです。
ワークだからこそ気さくに羽織れ、でもゴテゴテしたワークではなく、きれいなバランスで着れるステンカラーのコートであることが、このコートの一番のいいところで、所有していれば実際によく着ることになるタイプのデイリーアイテムになるのはないでしょうか。

 

160306f

180311a

何かの分かりやすいスタイルをとったコートでもなく、ディテールを積み上げているわけでもなく、目につく大きな特徴はないけれど、さほど考えずにサッと羽織れるコートである、ということが主な任務になるような気がします。

 

180311f

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Beige / Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 29,000 (+tax)

 

180312e

こちらもフランスのワーク、我らが定番、Le Laboureur のフレンチ・ワークジャケットです。
今シーズンは定番のモールスキンのネイビー、ブラック、コットンドリルのネイビー、というラインナップとなります。

 

180312b

こちらコットン100%のコットンドリルは初登場。以前ポリエステル混紡の軽い生地がありましたが、その時とはまた別の生地となります。

 

180312a

ドリルというのは、綾目がしっかり出るツイル生地の一つということで、要するに普通の生地です。古着でもよく見かけるクラシックなワークウェアの生地となりますので、特筆することもないといえばないです。色合いもザ・フレンチワークの青味がかったネイビーで、モノとしてまったくのど真ん中、そのものです。

生地としては普通のウエイト感ですが、モールスキンよりは一段軽く、経年変化もまた違った感じになります。

 

180312c

Le Laboureur – Work Jacket *Cotton Drill
col : Navy
size : 0 / 1 / 2
price : 17,800 (+tax)

 

 

 

 

180312d

 

こちらは定番的に揃えているモールスキン、ブラック&ネイビーです。
モールスキンの生地にも何種類かあるのですが、やはりコットン100%がいいかなと思い、今回も綿100モールスキンとなっております。

 

161105e

着こんで着こんで、かなり経ってから着やすくなってきて、その頃になって着方もマイ・オリジナルが出来上がるのではないか、というようなジャケットです。

リアルなワークウェアですので、これそのものが格好いいというアイテムではありません。どう着るか、という部分を楽しむようなジャケットですので、しっかり楽しんでいただくのが一番だと思います。
リアルな分、羽織れば勝手に強めのニュアンスが出てきますので、そこを無造作に、あるいは積極的に、活用しつつ自分のスタイルで楽しむのがいいと思います。実は着てみると意外と難しくないということが分かっていただけるはずです。

 

161105b

161105d

161105a

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)

 

春が来すぎたと思ったら、寒が戻りすぎて、なんなんだという今日この頃ですね。
ですがいよいよ花見シーズンが間近であることは間違いないようで、なんとなく気分は浮かれます。
桜が咲いて、春、という気分ですが、それまでの、春を待ちわびる寒いけど冬でもないような期間が長くて、それがやっと終わるという嬉しさが大きいような気がしますなぁ。

 

LINEで送る

New Arrivals.

1701109b

Universal Works のコートの定番、Top Coat が今年も入荷しました。
今シーズンはトラッドな風情のツイード生地で、落ち着いた大人の雰囲気です。

 

1701109d

ブラウン×ブラックのウールツイードは、しっかり高級感のある上質なファブリック。イギリスのブランドがこういった生地を使うと、なんとなく説得力が違います。

 

1701109a

1701109e

1701109f

総裏仕立てで、胴部はコットンの裏地というのが Univresal Works らしいところです。
また、今回、昨年よりも着丈を少し長くしている点も注目すべきポイントでしょう。

 

1701109c

Universal Works – Top Coat *Wool Tweed
col : Brown
size : XS / S / M
price : 49,000 (+tax)

 

1701110i

昨年お休みをして、2年ぶりとなりました、Yarmo のドンキーコートです。
昨シーズン、結局たくさんのお問い合わせをいただくことになってしまい、めでたくの復帰です。

 

1701110d

昨年からボタンが胡桃タイプではなくなり、普通のボタンに変更になりました。
なんとなく印象が変わったので、とりあえずお休みしようかという判断でしたが、これはこれでという意見が案外多く、まったくの僕の懸念だったようです。

さらによく見ると、メインのメルトン生地と、リブの質感がグレードアップしているし、何よりボタンの雰囲気もとてもいい。
ということで、Yarmo 定番のドンキーコートはやはりたいしたものだ! という結論です。

 

1701110b

ショートコートという位置付けのため、ブルゾンのように裾にリブがあったりなどはなく、すとんとまっすぐ落ちていることも、意外とこの丈感ではあまり見ないバランスです。

カールしたリブ襟がどうしても目を惹くポイントですが、丈感が絶妙だったり、アームがすっきりしていたり、トータルでバランスが好く、ストレスなくコーディネイトできることが魅力になっているように思います。

 

1701110e

1701110c

カラーはネイビーでかなり濃い目。そして今季の裏地は赤ということになります。
僕の記憶違いがありまして、事前にお問い合わせいただいた数人のお客さまに 『今季はブラックが入ります』 と案内してしまいましたが、正しくはネイビーでした。
たいへん申し訳ございませんでした。

 

1701110a

長年販売してきましたが、タイトなデニムに合わせたり、ルーズな軍パンに合わせたり、コーディネイトは十人十色です。
決まりきったかたちがないからこそ、定番として定着しているのだと思います。

 

1701110h

Yarmo – Donkey Coat
col : Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 38,000 (+tax)

 

1701111a

ARMEN の定番は、キルトジャケット。
今シーズンもウールシェルのものをピックアップしました。

 

1701111g

“ハイネック” ジャケットの方は、グレーのヘリンボーンです。
ツイードライクでソフトなウール地で、ガサガサせずに着やすいです。

 

1701111f

アーメンのキルトジャケットの最大の特徴が、キルティングをシームではなく、ステッチの綻びが発生しないパンチングでしていること、そして、リバーシブルのつくりになっていることです。

 

1701111e

1701111d

1701111b

僕も所有していてずいぶん着ていますが、まだフリースの面で着たことはありません。笑。
あたたかい裏フリースということで何の問題もないように感じています。

 

1701111m

ARMEN – Reversible High Neck Quilt Jacket *Wool Herringbone
col : Grey
size : 1 / 2
price : 28,000 (+tax)

 

1701111l

フーデッドのタイプは初登場となります。
フロントがスナップボタンになり、やや大ぶりな一体型のフードが付きます。

 

1701111j

しっかり上までボタンを留めると、かなりフードが立ってくるつくりになっています。
立体感を出して着るのもいいですが、フードの口が開くように、襟を大きく開いて着てもバランス好く着ることができます。

 

1701111k

生地はヘリンボーンではないですが、同じ種類のプレーンなネイビーです。ツイード調の見え方をしますが、実際はツイーディでなくソフトです。

 

1701111n

ARMEN – Reversible Hooded Quilt Jacket *Wool
col : Navy
size : 1 / 2
price : 31,000 (+tax)

 

LINEで送る

ARMEN – Cotton Work Coat.

1701008j

ARMEN の定番コートが今シーズンも入荷してきました。
春と秋に出てくる定番モデル、春はやや薄地で、秋は中厚地、コットン一重で気さくに使える使いやすいコートです。

 

1701008f

数シーズンつづけての入荷ですので、おなじみになってきたと思います。
継続して展開するということは、やはり理由があって、この場合の理由というのはやはり内容が好い、つまり、格好いいとか、使いやすい、ということ。さらにもう一つ、シンプルでありがちに見えるけど、『ありそうで意外とない』 という性質が実は強いアイテムに共通する長続きする理由ではないかと思います。

 

1701008c

裏地無しのコットン一重(ひとえ)だから、洗濯も丸洗いできて扱いやすい。
カチッとしたコートではないから、襟のあるシャツ以外のカットソーやスウェット、あるいはスニーカーなどと気軽に合わせられる。
ワークコートだけど、土っぽい雰囲気は最低限で、シルエットがさっぱりしていてどことなく上品である。

かしこまらないコート、でもゴリっとした男くさいワークコートではない、という一見よくありそうで実はメンズではあまりないバランス。これが絶妙で、けっこう都合よく使えてしまうコートだと思います。

 

1701008g

コットンドリルの中厚地。春モデルと比べると厚いですが、すごく厚いというわけなく、秋のジャケットとしては普通くらいのウエイトです。

 

1701008d

1701008e

春がやや薄地、秋がやや厚地、言葉にとらわれず、どちらも春と秋に使ってください。夏に近い春と秋は薄地の方、冬に近い春と秋は厚地の方、という具合です。
実際、まさに今の時期としては、やや薄地の春のモデルの方が適したウエイトですし、春にしても、そうとう深まらないと寒い日の方が多いですから。

 

1701008i

ARMEN – Cotton Work Coat
col : Olive / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 32,000 (+tax)

 

LINEで送る

New Arrivals.

170403d

ARMEN のリネンのジャケットが入荷しました。

ベントなしのワークジャケット系のテーラードジャケットに、製品染めによる “らしい” 質感、トータルでもやはり ARMEN 特有の雰囲気をまとったサマージャケットです。

 

170403e

170403b

170403a

シンプルなアイテムなので多くを語ることもありますまい。
しかしながら、カジュアルなテーラード型のジャケットということで気軽に羽織れそうだと感じるかもしれませんが、あえてブラックを選んでいますので、実は意外と簡単じゃなかったり。
少々気をつかってうまく雰囲気を出せると、他のどの色よりも格好良く着れるのがブラックのリネンではないかと思います。

いやいや、考えすぎるのもよくないかもしれません。

 

170403c

ARMEN – Linen Tailored Jacket
col : Black
size : 1 / 2
price : 25,000 (+tax)

 

今回、元々3のサイズがラインナップされておらず、染めの縮みの影響もあるのか、メンズの感覚ではXSとSというようなサイズ感覚となっています。

 

170402a

Yarmo の CC41シリーズより、ストライプのプルオーバーシャツが新モデルとして登場です。

ものとしては、ヨーロピアン・クラシックの海のワークウェア系のシャツとなり、生地からオリジナル生産され、しっかり雰囲気を出しています。
元々 Yarmo はワーク、マリンのウェアを専門に縫っているメーカーなので、非常に説得力のあるプロダクトであるとも言えます。

 

170402b

170402d

襟はバンドカラー、プルオーバー仕様で、シルエットはややゆったりめ。
ビッグシルエットとかオーバーサイズとかというよりも、身まわりだけゆったりしているというシルエットです。

 

170402c

しっかりした生地で、シャツとしてはやや厚地の部類に入るでしょう。
ヨーロッパのワークウェアをイメージした生地ですが、品が好く、クラシカルでありながら、カジュアルスタイルに取り入れやすい気安さもあります。

Yarmo – Pullover Shirt
col : Stripe
size : 38 / 40 / 42
price : 19,000 (+tax)

 

170326b

Glacon の半袖バスクシャツはフランスのテキスタイルメーカー Jules Tournier の生地をつかったシリーズ。

Tournier の生地は、品質もさることながら、やはりその上品なデザインが目を惹きます。トラッドやクラシック界隈のブランドよりも、高級メゾン系に生地を供給しているメーカーですので、ある種の “フランス的な華” のようなものを感じます。

 

170326c

モックネック半袖。
立ち襟はどちらかというとスモック系やガンジーネック的なニュアンスです。
トータルで見て、ただ者ではない独特な洒落感を感じていただけると思います。

 

170326d

Glacon – Jules Tournier Mock Neck Basque Shirt
col : Ecru*Black
size : 2 / 3 / 4
price : 15,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●お知らせ

kearny の眼鏡が各モデル再入荷して揃いました。
これから軽装シーズンになってくると、よりアクセサリーとしての眼鏡が輝きを増してくるはずです。シンプルでも華があり、味がある kearny の眼鏡に是非ご注目ください。

Pyjama Clothin も若干ですが再入荷をしています。
欠品サイズをすべて埋められてはいませんが、カーディガンとTシャツを少々補充できました。

 

LINEで送る